1歳半の靴サイズアップは?シューフィッター活用で健康な足に

2019026-shoes8

最近靴を買ったばかりなのに、またサイズアップなの?

シューフィッターさんにサイズを見てもらいたいんだけど…。

近所の靴屋さんにシューフィッターさんはいるのかな?

 

歩き始めた1歳半の子供の靴のサイズアップはとても早いですよね。

でも子供の健康のためにも、足に合った靴を選んであげたい。

できればシューフィッターさんにお願いして、サイズのあった靴を買いたい。

ここでは、そんなみなさんの疑問にお答えしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

1歳半の靴のサイズアップはどのぐらいのペース?

1x1.trans - 1歳半の靴サイズアップは?シューフィッター活用で健康な足に

1歳半の靴のサイズはどのくらいが平均なのでしょうか?

以下の表で確認してみましょう。

1x1.trans - 1歳半の靴サイズアップは?シューフィッター活用で健康な足に1x1.trans - 1歳半の靴サイズアップは?シューフィッター活用で健康な足に

引用元:https://trend-town.info/archives/2283.html

 

 

 

この表によると、1歳半の子供は11から13cmが目安のサイズです。

 

そして、新生児から3歳までに、5cmから7cmもサイズアップしています。

驚くほど足のサイズの成長スピードは早いですよね。

 

1歳半の子供の靴のサイズアップはどのぐらいのペースで進むのでしょうか?

小さい頃はすぐに足が大きくなるため、3歳までは、3か月に一度はサイズの点検をする必要があります。

やっと新しい靴を買ったと思ったのに、またサイズアップだと本当にお金もかかるし大変…。

 

でも、すぐに大きくなるからと言って、大きすぎる靴や、小さすぎる靴を選ぶと子供の足の成長を妨げたり、怪我の元になるので注意が必要なんです。

子供の靴選びが大変だからこそ、ぜひ専門家の意見を聞きながら靴を選びたいものです。

 

 

 

1歳半の靴のサイズアップには、シューフィッターを活用して健康な足に

1x1.trans - 1歳半の靴サイズアップは?シューフィッター活用で健康な足に

シューフィッターをご存知でしょうか?

シューフィッターとは、お客さんの足に合った靴をフィッティングしてくれる資格をもった人たちのことです。

 

大手デパートの靴売り場には、だいたいシューフィッターさんがいます。

無料で自分の足に合った靴を選んでもらえます。

 

 

もし、お近くにシューフィッターさんがいれば、ぜひ活用してみましょう。

ちなみに私も子供の靴を選ぶために毎回シューフィッターさんがいるお店で靴を買っています。

利用してみて思うのですが、やはりシューフィッターさんにサイズを見てもらうことで安心感があります。

 

自分でサイズを合わせて買うこともできなくはないですが、自分ではわからない細かいところまで合っているかどうか見てくれます。

靴のフィット感だけではなく、足首周りのフィット感なども合わせて選んでくれます。

 

 

 

特に、1歳ぐらいの子供はまだ自分でキツイとか大きすぎるとか言葉で言ってはくれません。

そんなときには、ぜひシューフィッターさんを活用してみてください。

 

 

また、こちらのサイトでは全国に登録されているシューフィッターさんが検索できます。

もしお住いの近くにいるようでしたら、ぜひお店に行ってみてくださいね。

 

1歳半の靴のサイズアップが気になるのでシューフィッターを検索してみる

 

 

シューフィッターさんに子供の足に合った靴を選んでもらって、子供の健やかな足の成長を見守ってあげましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

1歳半の靴のサイズアップ!子供に合った靴の選び方とは?

 

近所にシューフィッターさんがいない!

そんなときのために、参考までに子供に合った靴の選び方について調べました。

 

 

1歳半の靴の選び方 サイズを測って選ぶ

1x1.trans - 1歳半の靴サイズアップは?シューフィッター活用で健康な足に

まず、1歳半の子供の靴はサイズをきちんと測って選びましょう。

子供の足は個人差がとても大きいです。

肉付きの良い子とやせ型の子では、足のサイズ感も違います。

足の長さ、足幅(足幅のもっとも広い部分の長さ)、足囲(足幅の周りを一周回した長さ)をきちんと測って、サイズを選んであげる必要があります。

 

 

また、発育がとても早いので、もったいないから大きめサイズを履かせたり、小さくなったものをいつまでも履かせてしまうと、健康を害してしまうので注意しなくてはなりません。

大きすぎると転んだりして危ないですよね。

逆に小さすぎてもまだ骨が柔らかいので、履けてしまうそうです。

 

 

 

また小さすぎるものを履かせ続けると、「ハンマートゥ」と言って指が九の字に曲がってしまう症状が出てしまいます。

悪化すると指がそのまま戻らなくなり骨にも影響がでます。

その他にも足、腰、ひざに負担がかかってしまったり、歩きにくいことで行動範囲が狭くなってしまったり。

 

 

ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、足のサイズに合った靴を選ぶことはとても大切なことなんです。

子供の健康を損なわないためにも、足に合ったサイズの靴を選んであげてくださいね。

 

また、こちらのサイトでも靴のサイズを調べることができます。

1歳半の靴のサイズが気になったら…

 

プリントアウトして、測ってみてくださいね。

 

でも1歳の子供はじっとしていないので、そこで図りたくなるような工夫をしてあげる必要がありますね。

 

 

1歳半の靴の選び方 成長段階に応じて選ぶ

1x1.trans - 1歳半の靴サイズアップは?シューフィッター活用で健康な足に

また、子供の成長段階によって適切な靴を選んであげましょう。

  • よちよち歩きの頃(1歳頃まで)
  • とことこ歩きの頃(1歳から2歳頃まで)
  • 走り出すころ(2歳すぎ)
  • 飛び跳ねるころ(3歳すぎ)

 

それぞれの時期に合わせて、適切な靴を選んであげる必要があります。

 

よちよち歩きの頃(1歳頃まで)

1歳頃までのよちよち歩きのころにおすすめの靴のポイントをまとめました。

 

ここがポイント
  • つまずかないで歩ける。
  • 裸足に近い感覚で歩ける。
  • やわらかい素材で、足に馴染みやすい。
  • 底は固すぎないで柔らかく曲がる。
  • デザイン面は、足首のくびれまで深さがある。
  • マジックテープなどで足に固定できる。
  • かかとが補強されている。
  • つま先に7から10ミリの余裕がある。

 

一番初めに買う靴はこのようなポイントで選びましょう。

ママにとって記念すべき初めてのファーストシューズですよね。

でもデザインがおしゃれだからという理由で選ばずに、子供に合った靴を選んであげましょう。

 

 

とことこ歩きの頃(1歳から2歳頃まで)

1歳から2歳になると少し歩き方が変わるようです。

とことこと歩けるこの時期にはこのような靴を選んであげましょう。

 

ここがポイント
  • 通気性、吸湿性のよい素材で選ぶ。
  • フィット感があって、脱げにくい。
  • つま先に7から10ミリ余裕がある。
  • 滑りにくいゴム底。

外出するのが楽しい時期だからこそおしゃれなものを選びたい!

 

 

とてもよくわかります。

でも、そこは我慢して安全で歩きやすい靴を選んであげてくださいね。

 

 

走り出すころ(2歳すぎ)

段々と2歳ぐらいになると走り出しますよね。

靴も自分で履きたがる頃。

そんな時期にはこのような靴がおすすめです。

 

  • 自分で履ける
  • 洗える。

 

 

2歳の頃は、自分で履きたい時期。

だからこそ子供自身で履きやすい靴を選んであげましょう。

 

そして、ピカピカ光ったり、音が鳴る靴が欲しい子たくさんいますよね。

でも中には、洗えない靴もあります。

きちんと洗えるタイプの靴かどうか確認してから買ってあげてくださいね。

 

 

飛び跳ねるころ(3歳すぎ)

3歳を過ぎると運動量がどんどん多くなる時期です。

子供たちも公園を駆け回って遊んでいますよね。

この時期におすすめしたい靴のポイントです。

 

ここがポイント
  • かかとやつま先がきちんと保護されているものを選ぶ。
  • 通気性の良い素材の靴を選ぶ。
  • 靴が傷みやすいので点検して、傷んだらすぐに買い替える。

 

足の骨も発達し、土踏まずができてきます。

 

 

かかとやつま先をきちんと守ってくれる靴を選んでくださいね。

激しく運動するので通気性の良いものがおすすめです。

この時期は運動量が激しいので靴の痛みも気になる頃。

 

かかとがすり減っていたり、マジックテープがつかない時には、すぐに買い替えるようにしてください。

安全な靴を選んで、子供の健康を守りましょう。

 

 

1歳半の靴の選び方 買うときの注意点

1x1.trans - 1歳半の靴サイズアップは?シューフィッター活用で健康な足に

その他にも買うときに注意したい点についてご紹介したいと思います。

私が子供の靴を買いに行ったときに、靴のお下がりはしない方がいいとシューフィッターさんに言われたことがあります。

前に履いていた子供の歩き方の癖がついていたり、合わないものを履くと足が変形することもあるそうです。

 

頻繁に買い替えると本当に金銭面で大変ですが、靴はケチらずに買った方が子供の健康のためになります。

安物ではなく、できるだけいい靴を履かせてあげてくださいね。

 

 

そして、お店で選ぶ時には、必ず子供同伴の上、試着してから買うようにしましょう。

やっぱり合わなかったでは、お金がもったいないです。

いい靴に出会って健康な足に育つことを心から願っています。

 

 

まとめ

1歳半の靴のサイズアップはとても早いものです。

すぐにサイズが変わるからと安物ばかり買わないように。

子供の健康のためにもよい靴を選んであげたいですね。

 

近くにいれば、シューフィッターさんを活用してサイズを見てもらってくださいね。

子供の健やかな成長を見守ってあげましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!