3歳の抱っこ紐は何が良い?コンパクトなものは?おすすめは?

20190109-hug-string7

3歳の抱っこ紐は何がいいのか、おすすめをまとめてみたので参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

長時間の抱っこでも疲れない!3歳におすすめの抱っこ紐!

1x1.trans - 3歳の抱っこ紐は何が良い?コンパクトなものは?おすすめは?

早ければ新生児から使える「エルゴベビー」シリーズ。

3歳の抱っこ紐でもエルゴベビーはおすすめ!

 

シリーズによって耐荷重は多少異なりますが、20kgまで(一部シリーズは15kgまで)の子であれば大丈夫なようです。

先ほども少し触れましたが、3歳はだいたい平均15kg前後なので、エルゴベビーは3歳の抱っこ紐として使えます。

 

エルゴベビーを使うメリットは、何と言っても「つけ心地」です。

肩ベルトのクッション性がとてもいいので、長時間つけていても痛くなりにくいです。

 

また、抱っこだけでなく、おんぶもできるので、とても便利!

小さな赤ちゃんならいいのですが、3歳ともなると身体も大きいので、前で抱っこするとけっこう邪魔になってしまいますよね。

 

  • エルゴベビーシリーズを元々持っているから新しく抱っこ紐を買うのはちょっと…
  • 長時間つけていても痛くないものがいい!
  • 子どもの体重が重いので、できるだけしっかりした抱っこ紐がいい

 

と思っている方には、エルゴベビーを3歳で使うにはいいかもしれませんね。

 

ただ、エルゴベビーシリーズにはデメリットもあります。

しっかりした作りなだけに、やはり「かさばる」ということです…。

3歳になると、基本は自分で歩きたがる年齢です。抱っこ紐で常に抱っこしている状態ではないので、けっこうかさばるんですよね。

 

 

そこで、おすすめなのが「抱っこ紐収納カバー」です。

3歳なら抱っこ紐収納カバーでコンパクトに!

抱っこ紐をクルクルと巻いて、コンパクトにまとめることができます。さすがにカバンに入るほどコンパクトにはなりませんが、肩から斜め掛けするとショルダーバッグのような見た目になります。

私も使っていますが、とても便利で見た目もかわいいので気に入っています。

 

収納カバーは市販で売られていますが、自分でも簡単に作ることができます。

普段裁縫をしない私でも1時間ほどで作ることができたので、裁縫初心者さんにもおすすめです!

自分の好きな柄の布を買ってきて手づくりすると、持っている人が多いエルゴベビーでも、自分のものがどれか一目で分かり、自分だけのオリジナル抱っこ紐感覚になるのでいいですよ!

 

 

とにかく「コンパクトさ」を求める方におすすめの3歳の抱っこ紐!

1x1.trans - 3歳の抱っこ紐は何が良い?コンパクトなものは?おすすめは?

先ほどもお話しましたが、3歳とのお出かけで毎回抱っこ紐を使うとは限りません。

3歳児は本当に気まぐれです…。

抱っこ紐を持っていない時に限って、外出先で寝てしまったり…。

 

そこで、いつでもカバンに入れておけるくらいコンパクトサイズな抱っこ紐を紹介します。

3歳はトンガの抱っこ紐でお出かけを!

3歳にこそおすすめ!キューズベリーのクロス抱っこ紐

 

 

まずはトンガですが、こちらの抱っこ紐は耐荷重15kgなので、標準サイズの3歳であれば、使用することができます。

肩から斜め掛けにして使用するタイプですが、肩部分の布の幅が広めなので、肩が痛くなりにくい設計になっています。

サイズはS~XLまであり、使う人の身長で選ぶことができます。ただ、注意してほしいのは、身長差のあるパパとママ共用のものを探している方には、サイズが違ってくるので不向きです。

 

このトンガの最大のメリットは、やはり「コンパクト」なことです!

カバンにすっぽりと入れて持ち歩くことができます。

 

また、綿100%のネット素材なので、夏でも蒸れにくく、洗濯も簡単にできるので衛生的に使えるのもうれしいポイントです。

価格も3000円程度~とお手頃なので2本目の抱っこ紐として買い替えるにもおすすめです。

カラーバリエーションも豊富なので、おしゃれにつけることができるのもいいですね!

 

デメリットとしては、肩から斜め掛けなので、痛くなりにくい設計とはいえ、やはり片側の肩に負担がかかります。

また、寝てしまった時などは、手を添えてあげないと少し安定感には欠けるかもしれませんね…。

 

 

 

続いて、キューズベリー「クロス抱っこ紐」ですが、背中部分がクロスになっている抱っこ紐です。耐荷重は16kgなので3歳でも使うことができます。

左右に揺れにくく、安定して抱っこできるのがメリットです。

 

収納用の巾着がついていて、18cm×18cmの大きさまで小さくなるので、カバンにもすっぽり入れることができますよ!

ヘッドカバーがついているので、眠ってしまったときに頭を支えてくれたり、日差しや風が強いときに遮ることができます。

 

そして、日本製なのもうれしいポイントですよね!

カラーバリエーションはベーシックな色味がそろっているので、パパも使いやすいと思いますよ!

ただ、値段が12000円程度なので、少し高めに感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

3歳におすすめ!疲れにくい、軽量、コンパクト抱っこ紐!

1x1.trans - 3歳の抱っこ紐は何が良い?コンパクトなものは?おすすめは?
  • 疲れにくい
  • 軽量
  • コンパクト

 

これら全てがそろった抱っこ紐があるんです!

軽量でコンパクトなnapnapの抱っこ紐で3歳でも楽々!

 

 

腰ベルトタイプの抱っこ紐なので、体重の重い3歳児を抱っこしても疲れにくく、420gと軽量で、たたむとポーチのように小さくまとめることができるんです!

重さでは、エルゴベビーの半分の重さなので、カバンに入れていても荷物になりません!

なのに、耐荷重は20kgとしっかりとしているので、とてもおすすめです!

 

腰ベルトタイプなので、抱っこだけでなくおんぶもできるところもポイント!

さらに落下防止ベルトも備わっているという優れものなんです…!

 

 

抱っこ紐にはポケットもついているので、ハンカチやティッシュ、スマホなどを入れておくのにも便利!

子ども連れのママは何かと荷物が多くなりますよね。

 

さっと取り出せるところにポケットがあると助かりますね。

夏場は保冷剤を入れておくと、ひんやりと冷やすこともできるのでいいですよ!

 

エルゴベビーのところで、抱っこ紐収納カバーをご紹介しましたが、なんとこの抱っこ紐には収納機能までついているから驚きです!

腰につけたまま収納できるので、ウエストポーチのようにして持ち歩くこともできます。

 

 

価格は8000円前後なので、2本目として買うのにも負担にならないのではないでしょうか。

何と言っても、これだけの機能がそろってこの価格なので、お値段以上の価値はあるかと思います。

 

まとめ

3歳はまだまだ手のかかる時期ですよね。

身体も大きくなり、力も強くなってくるので、外出先で

 

「もう歩けない!抱っこ抱っこ!」

とグズられると困ってしまう方も多いかと思います…。

外出先で眠ってしまったとしても、今回ご紹介した抱っこ紐を使って、快適に抱っこしてあげてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!