出産時、入院のパジャマは何枚必要?病院でレンタルすべき?

20190123-pregnant-woman3

出産時の入院に備え、荷造りをしているときに気になることが出てくるかでしょう。

  • パジャマはどんなものがいいの?
  • 何枚ぐらい必要?
  • レンタルできるってあるけど、レンタルするべき?

そんな気になることを調べてみました。

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

 

スポンサーリンク

 

出産時、入院で必要なパジャマってどんなもの?

1x1.trans - 出産時、入院のパジャマは何枚必要?病院でレンタルすべき?

産院で準備するように言われるリストの中に「パジャマ」があります。

ここで、疑問に思うことが、

「パジャマってどんなものがいいの? 普通のを使うのはだめ?」

ということかと思います。

 

産院から指示があるなら、それに従えばいいでしょう。

特に指示がない場合は、以下を参考にしてください。

ここがポイント

前開きのもの

丈の長いもの

お腹周りがゆったりしているもの

このようなものを準備しておくと間違いはありません。

 

前開きのもの

 

出産するとすぐ始まるのが、赤ちゃんへの授乳。

かぶりタイプのパジャマだと、赤ちゃんへの授乳が裾をめくって…になるので、赤ちゃんの顔に裾がかぶって難しいです。

その点、前開きの場合、その心配はありません。

 

ボタンをはずしてすぐに授乳できるため、産院でも前開きを勧められることが多いでしょう。

また、産院にいる間、何度かママの診察もあるかと思います。

その時にも、前開きのほうが都合がいいのです。

 

丈の長いもの

 

丈の長いものとして、マタニティパジャマがおすすめです。

マタニティパジャマの裾はどうしてあんなに長いのか知っていますか?

あれは、ズボンをはかなくてもいいようにという長さなのです。

産後は、痛みで歩くのもやっと、体を曲げたりするのも一苦労です。

 

そんな中、ママの診察も何度もあります。

そのたびにズボンの着脱はとても大変です。

ですから、病室にいる間はズボンを履かなくても過ごせるようにワンピース丈になっているのです。

 

 

お腹周りがゆったりとしたもの

 

出産したら、すぐにお腹は元通りになることはありません。

「え? もう一人入っているんじゃないの?」と思ってしまうほど、おなかはポッコリしたままです。

ですから、ズボンはウエストが調整できる、ストレスのかからないものがおすすめです。

 

また、夏・冬で準備するパジャマも変わってくるでしょう。

夏には、半袖のパジャマですね。

 

 

病室はクーラーがついていて、思ったより暑くないかもしれません。

念のため、羽織れる薄手のシャツを入れておくと体温調整がしやすいでしょう。

冬には、長袖のパジャマを準備します。

 

この時、注意したいのは、あまり厚すぎない生地のものを選ぶこと。

基本、一日中病室のベッドで過ごすことになります。

部屋も暖房が効いていることでしょう。

 

 

ですから、寒いから…はあまり気にしなくても大丈夫です。

温度調整は、上に服を羽織ることで調整していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

出産時の入院でパジャマは何枚いるの?

1x1.trans - 出産時、入院のパジャマは何枚必要?病院でレンタルすべき?

出産時の入院で必要なものは病院から指示が出るかと思います。

その時に、パジャマの枚数も書かれているでしょう。

私の場合、病院からの指示は2~3枚でした。

 

だいたい、普通分娩だったら入院期間は5日程度、帝王切開の場合は、7~10日程度です。

出産後は、悪露で汚れてしまったり、赤ちゃんがミルクを吐いたり、思いがけないことがたくさん起きます。

そして、出産後のママは赤ちゃんのお世話で大忙し。

 

 

疲れて寝てしまいたいのに、授乳やおむつなどで忙しく動いています。

で、気が付いたら汗が出てきて…ということもあります。

私は5日間の入院で、3枚準備していきましたが、ぎりぎりだったと思います。

実際、お見舞いにきてくれた母に洗濯を頼んだぐらいです。

 

 

ピジョンのHPでの先輩ママたちのアンケートを見ると、以下の結果でした。

1x1.trans - 出産時、入院のパジャマは何枚必要?病院でレンタルすべき?

引用元:https://pigeon.info/mamaenq/answer-44621.html

 

病院内で洗濯ができる、お見舞い客に洗濯が頼めるようでしたら、2~3枚程度でも大丈夫でしょう。

しかし、万が一に備えて、病院で指示された数+1~2枚あると安心です。

入院の準備をする段階では、入院期間はあくまで目安で、その通りになるとは限りません。

 

緊急帝王切開になるかもしれませんし、赤ちゃんに黄疸が出て、退院の予定が延びてしまうかもしれません。

いろんな状況を考えて準備はしておきましょう。

 

 

出産のために入院! パジャマはレンタルする?

1x1.trans - 出産時、入院のパジャマは何枚必要?病院でレンタルすべき?

病院によっては、パジャマをレンタルさせてくれるサービスのところもあるようです。

先輩ママたちはどうしていたのか。

ベネッセが運営するママのための情報サイト『WOMEN’S PARK(ウィメンズパーク)』の口コミからご紹介していきます。

百円なら借りちゃったら楽だと思います。

洗濯も帰ってからするの大変ですし、荷物も少ない方が良いですよね(^^)

私の通う産院は貸出が普通なので、借りちゃいます。

ただお家で授乳するさいに、胸までペロンは辛いので、ニッセンとかでセール品の授乳出来るパジャマは安く買いましたよ(^^)

 

二人の子供がおり、どちらの出産の時もパジャマはレンタルしました。意外と入院の荷物って増えるので、パジャマだけでも借りた方が、退院後の洗濯も減りますし便利ですよ~。

私も最初は、自分の物を持って行こうと思ってましたが、実際入院部屋を見学した際に皆様レンタルのものを着ていたので。

引用元:womansPark

退院をするときに、荷物は思った以上に増えます。

 

 

お見舞い客からのお見舞いの品や、病院からのお産セットなど、入院時よりも荷物は増えています。

そして何より、赤ちゃんも連れて帰るのですから、荷物はできるだけ少なくしたいものです。

レンタルの場合、汚れたり汗をかいたりすると、すぐに新しいものに替えてもらえます。

 

パジャマが足りないかもといった心配はいりません。

出産してすぐのママの体は無理がききません。

洗濯をしてパジャマの替えを減らすという選択肢はなかなか大変です。

 

 

かわいいデザインではないかもしれませんが、楽できるのならレンタルというサービスは積極的に活用したいサービスです。

ただし、パジャマのレンタルは病院にいる間だけです。

退院してもパジャマは必要です。

その時にも、授乳口のついたマタニティパジャマのほうが楽ですので、準備はしたほうがいいでしょう。

 

≪パジャマレンタルのメリット≫

  • 荷物が減らせる。
  • 汚したり、汗をかいてもすぐに新しいものを着ることができ、快適に過ごせる。
  • 退院したあとの洗濯物が減る。

 

≪パジャマレンタルのデメリット≫

  • 安価とはいえ、お金がかかる。
  • パジャマがかわいくない。

 

まとめ

パジャマはマタニティ用のものを準備するほうがいいでしょう。

妊娠時や出産後すぐにしか使わないと考えずに、普段使いができるようなかわいいものを選ぶと気持ちもワクワクしてきます。

まだ動けるうちに複数枚準備して、入院に備えておきましょう。

 

基本、病院からの指示に従ってパジャマの数は準備をすればいいですが、汚してしまったり、汗をかいたりすることを考え、予備に数枚余計に入れておくと安心です。

荷物が増えることを考えると、病院でパジャマのレンタルが利用できるところなら、そのようなサービスを積極的に活用して、快適な入院生活を送るのもいいですね。

いろいろなことを考えて、余裕をもって入院準備をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!