出産後の痛みはいつまで?症状を和らげるための3つの対策

20180821_woman

出産した時の痛みもさることながら、出産後も痛みは続きますよね。

経膣分娩であっても、帝王切開の分娩であっても、それぞれの痛みは産んだその人にしかわかりません。

 

この痛みはどれくらいで終わるんだろう、と不安な気持ちになりますよね。

そんな不安な気持ちを少しでも和らげるために、出産後の痛みはいつまでか、症状を和らげるためにできる3つの対策、という二つを調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

出産後の痛みは出産方法によって違うが、痛みが落ち着くのはほぼ一緒

1x1.trans - 出産後の痛みはいつまで?症状を和らげるための3つの対策

まずは経膣分娩ですが、自然分娩や医療処置が必要な無痛分娩などのことをいいます。

その病院によって分娩方法は様々ですが、下から産まれる方法です。

 

こちらでの痛みは会陰切開と痔です。

 

 

会陰切開とは赤ちゃんが出やすくなるように、会陰と呼ばれる部分を出産中に切ることです。

 

切る方法は3種類あり、側切開、正中側切開、正中切開、と切る方向によって名前が変わりますが、どれも2~4cmほどを医療用ハサミで切開します。

 

短時間でより安全に赤ちゃんが生まれるようにするため、今では珍しくない処置です。

また、この処置をしないがために、会陰の裂傷、つまりは裂けてしまうこともありますので、むやみやたらに切るのが怖いからやめて!なんて思わなくても大丈夫ですよ。

 

 

実際、陣痛の痛みで会陰切開の痛みはほとんどわからなかった、という方が多いです。

ただ、どうしても切りたくない!という方は、事前にお医者さんに相談してみましょう。

会陰切開は出産後、すぐに縫合します。

 

部分麻酔をして縫うのですが、その病院によって「溶ける糸を使って抜糸をしない」方針のところと、「溶けない糸を使って抜糸する」方針のところがあります。

 

縫合ですが、陣痛より縫合が痛かった、なんて方もいますが、これも個人差がありますので、そこまで怖がらずとも良いです。

 

 

さて、会陰切開の痛みも個人差はありますが、大体1週間~1ヶ月ほどで回復します。

最初は歩くことも大変、傷口がしみる、縫ったところがひきつれて違和感がある、など色々あると思いますが、傷は必ず治ります。

それまでは傷口は清潔に保ちましょう。

 

次に痔です。

痔は一度発症するとクセになるので、いつまで痛くていつに治る、という明確な期間がありません。

もちろん、処置をすることで治りますが、再発もしやすいです。

 

それでもなったばかりの時が1番痛いでしょうから、あまりにもひどい時には、お尻の薬を出してもらいましょう。

 

 

最後は帝王切開の痛みです。

こちらは出産方法の一つではありますが、手術ですから痛みは当然あります。

1番痛くなる時は、後陣痛と術後の痛みが一気にくる、出産が終わってから麻酔が切れた頃のタイミングです。

 

人によりそれぞれですが、強い痛みは大体3日ほどで落ち着いてきます。

その後の我慢できる痛みは、1ヶ月で落ち着く方がほとんどですが、希に一年間痛かった、という方もいます。

何度も言いますが、出産方法の1つとはいえ、お腹を切る手術ですので、傷跡が雨の日に疼いたり、たまに痒くなったりということもあります。

 

 

それでも、傷の痛みは絶対に治ります。

長くても1年の辛抱!と心を強く持ちましょう。

 

ここがポイント
  • 経膣分娩では会陰切開と痔の痛みがある。
  • 痔はクセになりやすく、一概に治るとはいえない。
  • 帝王切開の眠れないほどの痛みは3日ほどで治る。
  • 個人差はあるが、1ヶ月で経膣分娩、帝王切開、共に痛みは大体治まる。
  • 帝王切開の場合、希に1年痛みが続く人がいる。

 

スポンサーリンク

 

出産後の痛み、会陰切開の痛みを和らげる方法

1x1.trans - 出産後の痛みはいつまで?症状を和らげるための3つの対策

まずは王道のドーナツ型クッションは外せません。

 

出産後、使ったことがある人ならわかると思いますが、世紀の大発明といえるほど、使えます。

傷口はなるべく触らず、なおかつ、フィットする。

座らなきゃいけないときは、これがないと嫌だ、と思うこと間違いなしでしょう。

 

 

傷口を清潔に保つことも忘れてはなりません。

ムレにくい下着をつけることや、シャワーを浴びるなどして、対策をしましょう。

 

痛みがあまりにもひどい時には、授乳中でも飲めるお薬を処方してもらいます。

子育てで大変な時に痛みまで加わると、どうしたらいいのかわからなくなりますよね。

そんなときは我慢をしないで、お医者さんに相談をしましょう。

 

ここがポイント
  • ドーナツ型クッションを使って傷口を圧迫しない。
  • ムレにくい下着やシャワーで傷口を清潔に保つ。
  • 痛みが我慢できないときはお医者さんに相談する。

 

 

出産後の痛み、痔の痛みを和らげる方法

1x1.trans - 出産後の痛みはいつまで?症状を和らげるための3つの対策

出産のときになる痔は、大抵がいぼ痔です。

いぼ痔とは、肛門周辺がうっ血してふくれ、それが外に飛び出した状態のことをいいます。

こちらはお尻を温めて、血行を良くすると痛みが和らぎます。

 

具体的な方法は、下記の通りです。

ここがポイント
  • カイロを下着の上から貼り、お尻を温める。
  • ぬるめのお湯に浸かる。
  • 温めたタオルで直接温める。

 

出産するとゆっくりお湯に浸かるのは難しくなりますので、カイロか温めたタオルをオススメします。

協力してくれる方がいるのであれば、もちろんお湯に浸かることが1番オススメです。

少しの時間でも一人の時間があると心も落ち着きますし、お尻にも良いからです。

 

 

ただし、お尻をゴシゴシ洗うのも厳禁!

ウォシュレットも使いすぎは痛みの原因になります。

優しく患部を洗いましょう。

 

 

もしも痛みがないようであれば、優しく中に戻してあげましょう。

  • カイロ、温めたタオル、ぬるめのお湯でお尻を温める。
  • 協力してくれる方がいたら、お湯に浸かる。
  • ゴシゴシ洗わず、優しく洗う。

 

帝王切開の出産後の痛みはこうして和らげる!

1x1.trans - 出産後の痛みはいつまで?症状を和らげるための3つの対策

術後すぐの痛みは次のように緩和することができます。

産科でお願いするとやってもらえること
  • 注射をする。
  • 座薬をする。
  • 点滴をする。
  • 薬を飲む。

 

自分でやる、もしくは身内に頼んでできること
  • 産後3日は電動ベッドで動くことを最小限にする。
  • 寝ながら飲める蓋付ストローで飲み物を飲む。
  • 脱ぎやすい一枚着で、極力脱ぎ着の動きを少なくする。
  • 落ち着いてきたら無理のない程度に体を動かす。

 

痛くて体を動かせない!という人は、もちろん安静にしていてください。

ただ、あまりにも体を動かさないでいると、治りが遅くなり、余計に痛くなるので、少しでも動けそうになったのなら、適度に体を動かすことを心がけましょう。

 

 

まとめ

 

出産も大変だったのに、その後もこんなに大変なんて!という皆さんの気持ち、とてもわかります。

遠足は帰るまでが遠足、のように、出産は体の調子が良くなるまでが出産、といったところですね。

 

出産後の痛みは必ず治ります。

それまでは、緩和するという方法で痛みをどうにか乗り切りましょう!

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!