出産のトラウマで二人目に踏み切れない人の無痛分娩のすすめ

20180821_hospital

出産のトラウマで一人っ子希望。

二人目は欲しいけれど、出産のトラウマで踏み切れない。

出産の苦しみに悩まされ、トラウマになってしまった方もいますよね。

 

それでも二人目が欲しいという方に、こんな方法もあるから少し考えてみてね、というものを調べてみました。

その名も「無痛分娩」!

名前は聞いたことがある。

それって危ないやつなんじゃないの?

 

出産に痛みがないなんて、赤ちゃんに愛情わくの?

そう思ってしまう方にこそ、こちらを是非見ていただきたいです。

 

出産の迷いが前向きになったり、無痛分娩に対する意識が変わること間違いなしですよ。

 

スポンサーリンク

 

出産のトラウマを乗り越える方法、無痛分娩とは!

1x1.trans - 出産のトラウマで二人目に踏み切れない人の無痛分娩のすすめ

みなさんは無痛分娩にどのようなイメージを持っているでしょうか。

無痛分娩というからには、痛みが全くないんだろうな、というのが一般的なイメージです。

 

しかし、無痛分娩とは本来、麻酔薬を使って陣痛の痛みを和らげながら、出産をする方法です。

全ての痛みを取り除くことではなく、陣痛の痛みを和らげる方法なので、そこはお間違えなく。

 

また、無痛分娩に似た名前の和痛分娩とよばれる方法もあります。

和痛分娩は、陣痛も出産時の痛みも伴うので、自然分娩に近い方法です。

 

だけど、麻酔の力も使うので、痛みを和らげながら出産することができます。

それって、無痛分娩と名前どころか、内容も似てない?

と、疑問をもたれた方、大正解です。

 

無痛分娩と和痛分娩は、医学的には明確な違いによる定義がありません。

だから、同じ方法として捉えている病院もあれば、違う方法として捉えている病院もあるのです。

 

出産のトラウマを乗り越える無痛分娩の、メリット、デメリットはこんなところ!

1x1.trans - 出産のトラウマで二人目に踏み切れない人の無痛分娩のすすめ

始めにメリット、デメリットを知っておいたら、少しでも興味が湧きますよね。

どんなに良いとされるものでも、必ずメリット、デメリットがあります。

それを知った上で選択をすることが、自分の気持ちを1番納得させられると思いますので、是非、良い面と悪い面をご覧下さい。

メリット
  • 出産中の痛みが麻酔によって軽減する。
  • 痛みが軽減しているため、赤ちゃんに十分な酸素がいきわたる。
  • 陣痛中でもリラックスできる。
  • 痛みによって体力を奪われないので、自然分娩よりも回復も早い。
  • 高齢出産のリスクを下げる。

 

デメリット
  • 対応している病院が少ない。
  • 費用が自然分娩よりもかかる。
  • 麻酔の副作用がある。
  • お産が長引きやすい。
  • 麻酔があまり効かないこともある。

メリットは出産で大切な部分ですよね。

あまりの痛みに酸素がうまく吸えなくて、赤ちゃんに苦しい思いをさせてしまった、という後悔がある方もいるでしょうし、産後は疲れきっていて、赤ちゃんの世話が倍以上にきつかった、という方も少なくないでしょう。

 

無痛分娩だと、そのことをカバーできます。

痛みで疲れないから、普通分娩よりも、出産後に余裕が生まれるのです。

デメリットもありますが、それが気にならないほど、素敵な出産になりますよ。

 

スポンサーリンク

 

無痛分娩の麻酔の種類を知って、出産のトラウマにストップをかけよう!

1x1.trans - 出産のトラウマで二人目に踏み切れない人の無痛分娩のすすめ

無痛分娩の麻酔の種類は大きく分けて、局部麻酔と全身麻酔があります。

 

しかし、全身麻酔は赤ちゃんの呼吸が弱くなる、赤ちゃんが眠くなる、などのリスクがあるため、大体の病院は局部麻酔で行っています。

無痛分娩の局部麻酔で、1番採用されているのは硬膜外麻酔法ですが、実際、局部麻酔は3種類あります。

 

硬膜外麻酔

脊椎を包む硬膜の外側にある、硬膜外という空間に麻酔液を注入する。

子宮収縮や運動能力を妨げないので、いきむこともでき、赤ちゃんへの影響もほぼない。

 

会陰部神経麻酔

赤ちゃんの頭が産道を出る直前に、会陰部に麻酔液を注射する。

母子への影響はない。

 

脊椎麻酔

脊椎にあるクモ膜下腔に麻酔液を注入する。

陣痛が弱くなりやすいので、吸引分娩になる可能性もある。

 

主流になっている硬膜外麻酔法ですが、専門的な技術が必要なので、麻酔医がいる病院で行うことがオススメです。

 

無痛分娩で麻酔を打つタイミングや、流れを知って出産のトラウマを吹っ飛ばそう!

1x1.trans - 出産のトラウマで二人目に踏み切れない人の無痛分娩のすすめ

無痛分娩に興味がある方は、タイミングと流れが気になりますよね。

ここでは硬膜外麻酔で行う方法をお伝えします。

 

タイミング

陣痛で妊婦さんが麻酔をしてほしいと思い、産科医が許可した時に始める。

子宮口が3~5cm開いた時に始めることが多いが、妊婦さんの状態や色々な状況によって、始めるタイミングは少し違う。

 

流れ

  1. 細い針で皮膚の痛み止めをしてから、管を入れるための太い針を刺す。

先に痛み止めをしているので、太い針の時に押される感覚はあるが、痛みはない。

 

  1. 管のみを残し、針は取る。

管を入れる処置は数分~10分で終わる。

 

  1. 薬を入れる。

20~30分で徐々に痛みが減る。

陣痛が弱くなった、短くなったと感じる人が多い。

効果が十分に現れると、足が軽く痺れたようになり、痛みだけが無くなっていると気づく。

 

  1. 一定間隔で持続的に薬を入れるか、痛みが出てきた時に入れる。

分娩の長さに応じて、必要な時間だけ薬を入れるので、効果が途中で切れる心配はない。

 

  1. 助産師がいきむタイミングを指導しながら、出産。

 

  1. 胎盤が出て、会陰の縫合が終わったら麻酔を止める。

 

  1. 数時間後に完全に麻酔は切れる。

 

麻酔を始めるまでの間は、自然分娩と同じで、少し頑張りが必要です。

しかし、それさえ乗り越えたら、麻酔で一気に楽になります。

赤ちゃんが産まれてくるまで、助産師の指導を聞きつつ、頑張っていきみましょう!

 

出産のトラウマを乗り越えるための無痛分娩には、計画分娩が多い

 

現在の日本では、365日24時間、硬膜外無痛分娩に対応できる体制が整っている施設が少なく、限られた曜日や時間帯にしか対応出来ない施設が多いです。

 

そのため、分娩の日を計画的に決めて、陣痛が始まる前に薬を使ったり、処置を行い陣痛を起こす、計画分娩で進めます。

自然に陣痛が来てお腹が痛くなった時に硬膜外無痛分娩を始められたのなら良いのでしょうが、今の日本ではなかなか難しいようですね。

 

でも入院予定がたてられて、楽かも、と思う方もいますので、前向きにとらえましょう!

 

出産のトラウマを払拭する、無痛分娩の費用は?

 

無痛分娩費用は高いというけれど、どれくらいなの?

と、ここは皆さん、気になるところではないでしょうか。

 

実は、無痛分娩は健康保険を使うことができないので、処置代が実費になります。

そのため、自然分娩費に上乗せして、0~16万円がかかります。

自然分娩費用が、平均40~50万円なので、無痛分娩費用は40~66万円ほどの出費となります。

 

ただ、ここで悲観しなくても良いのです。

出産育児一時金で42万円、支給されます。

つまり、実費は0~24万円ということです。

病院によって費用は変わりますので、不安であれば、直接病院に聞くことをオススメします。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

無痛分娩について、理解を深めていただけたでしょうか。

出産のトラウマで、一人っ子で良い、とか、2人目を産むのが怖い、と思っていらっしゃったら、是非、無痛分娩を頭に入れてほしいです。

 

日本では痛みに耐えてこそ、赤ちゃんが愛おしくなる、という風習もありますが、それこそ時代錯誤です。

出産できない父親が、自分の子供を可愛いと思っていないと感じますか?

愛する人との間に産まれた、可愛い我が子が愛しいに決まっているのです。

どのような産み方をしても、我が子は可愛いのです。

 

痛みが少ない分娩方法を選んだからといって、何か言ってくる人は、勉強不足。

そして、それに傷ついたり、罪悪感を持つ必要は一切ありません。

勉強して頑張ったことを褒められても、けなされる必要はなし!

堂々と産んだことを誇りに思いましょう!

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!