妊娠中の家事は旦那に。2歳児パパが考える夫の動かし方

woman-kitchen-man-everyday-life

妊娠中はつわりや腰痛、お腹が張ったりまともに寝れなかったりホルモンバランスの乱れで普通の生活もままならない状態かと思います。

そんな時、旦那さんが積極的に家事をやって体調も気遣いしてくれたらどんなに嬉しいでしょうか。

 

ただ、現実として妊娠中でも家事を手伝わない旦那さんが多いのも事実です。

  • 夫がゲームやスマホいじりばかりしている
  • どれだけ手伝ってほしいと訴えても旦那が家事を手伝わない
  • 父親としての自覚がない

これじゃ困りますよね。
そもそも、家事は手伝うのではなく分担してやるものです。

 

妊娠中のあなたはストレスと家事を減らす必要があるのです。

子育てが始まる前に少しは家事を手伝う夫にしたいですよね?

 

そこで今回は2歳児の子をもつ僕が、妊娠中の家事を旦那さんに任せるためのステップをご用意しました。

いくつか真剣に考えてみましたので実践してみてください。

 

スポンサーリンク

 

ステップ1:生理とは何か?から理解してもらいましょう

期待薄ですが、もしかしたら単純に理解できていないだけなのかもしれません。

 

これは日本だけなのか分かりませんが、義務教育で生理についての授業があるということを僕は妻の妊娠中に初めて知りました。

 

妊娠中であれば妊婦体験などに無理矢理にでも参加させてみると、周りの優秀な旦那さんを見て焦るかもしれません。

妊娠中に夫婦で体験したいイベント
  • 市のマタニティサロンやイベント
  • アカチャンホンポやミキハウス主催のマタニティスクール

今では父親も参加して、プレパパの育児参加についてや赤ちゃんの沐浴体験、おむつの替え方、妊婦体験を学べるところが多くあります。

ぜひ参加することをおすすめします。

 

1x1.trans - 妊娠中の家事は旦那に。2歳児パパが考える夫の動かし方

 

ステップ2:家事に対する男女の認識違いを理解しましょう

残念なことに男は表面上の言葉しか理解できない人がほとんどだと思います。

例えば、「食器洗い」をあなたが旦那にお願いするとします。

この時二人の間では想像している家事の中身が違うんじゃないでしょうか?

 

夫:食器を洗って横に置いとくだけ。もしくは、食器を拭いて定位置に戻す。

妻:食器を洗いやすいように水につけといて、食器を洗って、洗面台も洗って、菌が繁殖する前にすぐ拭いて食器を定位置にしまって、三角コーナーの生ゴミを袋で縛ってゴミ箱に捨てる。

1x1.trans - 妊娠中の家事は旦那に。2歳児パパが考える夫の動かし方

引用元:https://conobie.jp/article/2502

 

男は家事を実行部分のみで考えているのに対して女性は家事を準備⇒実行⇒後片付け、と流れとして考えているからです

 

ただ、旦那さんも仕事の時は一連の流れを考えて行動できているはずです。

 

上司から仕事を頼まれたとき、どんな背景で何が必要でいつまでにどうやるのか、わからない部分は確認して行動を実行しているはずです。

であれば、たまーにやる家事を完璧にできていると思い込んでいる旦那に対して細部まで伝えてやってもらうとお互い満足のいく結果になるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ステップ3:妊娠中、家事を手伝わない夫への具体的な対処法

これらのことを踏まえた上で妊娠中、家事を手伝わない夫への具体的な対処法をご紹介します。

 

2歳児パパが考えた妊娠中、家事を手伝わない旦那を動かす手順

1.先に相手に与える

返報性の原理というものがあります。

これは、何かをしてもらったらお返ししなきゃと感じる心理作用のことです。

 

これを活用して旦那さんの要求を先に満たしてあげましょう。

そんなに難しく考える必要はないので、帰ってきたら笑顔で出迎えてみたり、テキトーに褒めたり感謝したりしてみましょう。

 

2.頼む時は語尾に気をつける

気持ち的には「さっさと手伝え、バカ!」くらいの感覚でもイライラして頼んだらイライラする文句が返ってきます。

「仕事もしてもらってて申し訳ないんだけれども、これだけ手伝ってもらえる?」と少し下から頼んでみましょう。

この時、そっけない返事が返ってきても少し大袈裟に喜ぶと旦那も喜んで家事を手伝うでしょう。

 

3.家事の種類と期待値は少しずつ上げていく

始めは一つの家事をやらせて、できていなくても「ほんとに助かった!ありがとう!」と褒めます。

 

全く助かっていなくても褒めます。初めの期待値は0です。

基本的に褒めて伸ばします。

 

一つの家事が流れでできるようになったら、徐々にやることを増やしていくことで家事の分担ができます。

 

1x1.trans - 妊娠中の家事は旦那に。2歳児パパが考える夫の動かし方

 

ステップ4:家事を手伝わない夫から少しは家事ができる夫になったら

 

家事分担表を使って現実を見せてあげましょう。

実際やってみるとショックを受けるイクメンは多いようです。
お好きな方をどうぞ。

家事を手伝わない夫へ妻が見せた執念の分担図

旦那が家事に積極的になるかも!?共働きの家事育児100タスク表

 

試しに僕も家事育児表の項目に従って実施しました。

ここに書かれていない家事も結構あると思うので、しっかりやりたい方は一つ目のリンクの分担図を参考に作成された方が良いかと思います。

妻は週4パートで子供のお迎えをして16:30頃に家に着きます。

 

それを踏まえて以下の結果です。

少し辛めの採点にして35%でした。

妻がやりたくてやらせない家事もあるので、お互い現状に不満もなく改善の必要もなしといった感じでした。

 

1x1.trans - 妊娠中の家事は旦那に。2歳児パパが考える夫の動かし方

 

試してみたら面白い結果になるかもしれませんので、ぜひやってみてください。

 

それでも駄目な夫は…

外に助けを求める

旦那両親があなたの味方なら両親からもこっそり援護してもらいましょう。
それでも全く聞く耳を持たない場合は少し厳しい状況かもしれません。

 

1x1.trans - 妊娠中の家事は旦那に。2歳児パパが考える夫の動かし方

 

本当に何をしてみても相手に全く変化がなかったら…

最終手段です。方法は2つ。

離婚か、あなたが変わること(何にも期待をしないこと、もしくは考え方を変えてみること)です。

この状態になった時、最悪の選択は「選択しないこと」です。

 

いくら相手を変えようとしても、人はそう簡単に変わるものではありません。

この段階まで来たのでしたら、尚更変えるのに時間のかかる相手なのでしょう。

 

「相手を変えるのは無理!」とは言いません。

 

相手が変わる前にあなたの精神に限界が来た時、必ず上記の2択を迫られます。

 

どの選択をしてもあなたの味方はいるはずです。
それはお腹の中の赤ちゃんかもしれないし、友達や兄弟、親かもしれません。

 

自分の心に従って選択すればきっと後悔はないです。

 

終わりに

 

簡単なものから少しずつ、あなたのペースで進めて「妊娠中、家事を手伝わない夫」を「子育てに積極的な家事育児する夫」に変えることができると良いですね。

 

スポンサーリンク

この記事が子育てを頑張っているあなたに届くと嬉しいです。