妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い。超初期症状って?

20190219_trouble2

はじめての妊娠・出産はどんな女性にとっても未知の体験です。

そして、世の女性の中には、さまざまな理由から、自身の妊娠に気づかないまま数か月を過ごしてしまう人もいます。

ここでは、初めての妊娠に備えている方に向けて、妊娠に気づかない人と気づく人の違いや、妊娠超初期の症状についてご紹介していきます。

 

妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い
  • 妊娠に気づかない人はつわりがない
  • 妊娠に気づかないのは生理不順だから
  • 着床出血を生理と勘違いして妊娠に気づかない
1x1.trans - 妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い。超初期症状って?

それでは、具体的な内容を見ていきましょう。

 

 

 

 

 

生理の遅れ…異常な眠気やイライラは妊娠の超初期症状だった?

1x1.trans - 妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い。超初期症状って?

妊娠の超初期症状にはどのようなものがあるか知っていますか?

初めての妊娠に備えている方が妊娠の超初期症状を知っておくと、ご自身の妊娠にもいち早く気づくことができるでしょう。

妊娠の兆候として、生理前のような腹痛やおりものの変化といった症状があらわれる時期は、妊娠5週を過ぎたあたりが多いようです。しかし、なかには着床後すぐの妊娠3週あたりから風邪のような寒気や下腹部痛などの症状を感じる人もいます。着床後に身体は急激に変化し、妊娠の前兆とみられるさまざまな症状を感じることがあるでしょう。

 

引用元:https://mamanoko.jp/articles/18554

 

 

妊娠超初期の具体的な症状として、以下のようなものがあります。

  • つわり
  • 倦怠感
  • 胸やけ
  • 胸の張り
  • 異常な眠気
  • おりものの増加
  • 胃のむかつき
  • イライラ
  • 肌荒れ
  • 着床痛
  • 着床出血
  • 腰痛

 

この他にも、妊娠超初期はいつもより疲れやだるさを感じやすい時期でもあります。

 

「あれ、何かいつもと違う」「もしかして妊娠…?」と自分でも心当たりがあるような場合には無理をせず、横になって休むようにしましょう。

妊娠の経過や出産が人それぞれであるように、妊娠超初期の症状も人によって異なります。

 

大抵の場合、女性が一番はじめに気づく妊娠のサインは生理の遅れです。

女性の体は環境の変化やストレスに左右されやすく、そのせいで生理が遅れることももちろんあります。

 

 

そのため、妊娠に『気づく・気づかない』は、妊娠超初期の症状や元々の体質、そして生活環境にも影響を受けます。

それでも、「なんだかいつもと違う」と思ったら、早めに産婦人科を受診しましょう。

毎月規則正しく月経がきている人なら、「月経が1~2週以上遅れたころ」が、受診タイミングの目安となります。

引用元:はじめてママ&パパの妊娠・出産 Pre-mo特別編集 P18

 

 

1x1.trans - 妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い。超初期症状って?

妊娠に気づかない人と気づく人がいる?特徴的な3つの違いをご紹介

1x1.trans - 妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い。超初期症状って?

妊娠してもお腹が出ない?妊娠に気づかない人の特徴とは?

 

同じ女性の中には、「妊娠に気づかないなんて、本当にそんなことがあるの?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、たまに“臨月になるまで妊娠に気づかず、飛行機に乗ってそのまま出産した”なんて海外のニュースがテレビから流れてくることがあるのも事実です。

ご自身の妊娠に気づかない人は意外と多いのです。

 

妊娠に気づかない特徴として、以下のような人が挙げられます。

  • つわりがない人
  • 生理不順の人
  • 生理と着床出血を勘違いする人
  • 妊娠しても見た目の変化が少ない人
  • 自身の体調の変化に鈍感な人

 

 

もともと痩せていて妊娠してもお腹の目立たない人もいれば、逆にもとがぽっちゃりしていて、だから妊娠に気づかなかったという人もいます。

妊娠に気づかない理由も人によって違うのですね。

 

その中でも、以下の特徴的な3つの違いについて解説していきます。

  • つわりがない人
  • 生理不順の人
  • 生理と着床出血を勘違いする人

 

それでは、その内容を詳しく見ていきましょう。

 

 

つわりの症状は人それぞれ。妊娠に気づかない人はつわりがないってホント?

 

妊娠に気づかない人は、つわりがなかったり、あったとしても「ちょっと体調悪いなぁ」で済んでしまうような症状が軽い人です。

しかし、一般的には妊娠初期の悩みで一番多いのがこのつわりだと言われています。

 

妊娠しているということは、おなかの中で別の新しい命が育っている、ということ。その変化に適応するための生理現象がつわり。なぜ妊娠するとつわりが起こるのか。そのメカニズムは実はまだはっきりとはわかっていませんが、妊娠によってホルモン分泌が変化したために起こる、というのが一般的な考え方です。

引用元:Pre-mo 新版 妊娠大全科 妊娠に気づいた日からお産を迎える日まで

 

 

 

つわりのメカニズムは未だにはっきりとは解明されていないのですね。

そのつわりに関しては、症状が出る人と出ない人、重い人と軽い人がいて、その理由にも諸説あります。

 

妊娠すると女性ホルモンの中のプロゲステロンという黄体ホルモンが大量に分泌されます。「基礎体温の高温相が続く」「微熱が出るなど、かぜに似た症状が出る」のは、この黄体ホルモンのせい。また、妊娠すると、胎盤の絨毛から性腺刺激ホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン/hCG)が盛んに分泌されます。hCGホルモンは受精卵を発育させるために分泌されるのですが、このホルモンが嘔吐中枢を刺激するとも考えられています。

また、そのほかにも「つわりは赤ちゃんという異物に対するアレルギー反応である」「自律神経が失調してつわりが起こる」などの説や、妊婦さんの性格や妊婦さんをとり巻く環境なども、つわりの有無、重い・軽いに影響を与えると言われています。

引用元:Pre-mo 新版 妊娠大全科 妊娠に気づいた日からお産を迎える日まで

 

 

つわりの程度や期間は人それぞれで、妊娠のたびに症状が違う人や、つわりが全くないという人もいます。

つわりが全くない人は、つわりの症状がある人と比べると、なかなか妊娠に気づかない可能性があります。

 

1x1.trans - 妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い。超初期症状って?
主婦A
私の友達もつわりが全くなくて妊娠4ヶ月まで気づかなかったらしいよ。
1x1.trans - 妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い。超初期症状って?
主婦B
つわりが酷かった私からするとつわりがないって羨ましかったけど、妊娠してることに気づかない事もあるんだねー

 

 

 

生理不順の人は要注意!?妊娠に気づかない可能性があります

 

日頃から月経が順調な人の場合、予定日を2週間過ぎても月経がなければ妊娠の可能性が考えられます。

さらに、基礎体温表をつけていれば高温相が3週間以上続くことで妊娠に気づく場合もあります。

しかし、生理不順の人の場合、2か月や3か月生理が来ないのはいつものこと。

 

ひどい人になると1年に1回生理が有るか無いかという人も。

そのような場合、「ここ最近ずっと体調が優れないなぁ」と思ってはいても、「そういえば生理が遅れてる…もしかして妊娠?」と、自身の体調不良と生理が来ていないこととが関連づけられずに、妊娠に気づくのが遅れてしまう可能性があります。

 

 

生理と勘違いすることもある着床出血を知っていますか?

 

着床出血を生理と勘違いして妊娠に気づかない人もいます。

それでは、生理と勘違いする可能性のある着床出血とは、一体どのようなものでしょうか?

卵巣から卵子が排卵され、精子と出会い受精し、子宮に到達した受精卵が着床します。通常、着床が妊娠の開始と定義されています。受精卵が子宮に着床する際、絨毛が子宮壁を傷つけることがあります。この時に軽い痛みや出血を伴うことがあり、これが「着床出血」と呼ばれます。

ただ、妊娠超初期症状として「着床出血」が必ず起こるかというとそうではなく、全体の2%程度(50人に1人程度)とも言われており、むしろ「着床出血」を経験する人の方が少ないです。

引用元:https://www.ninkatsu-voice.jp/blog/?p=1155

 

 

 

着床出血も、妊娠超初期症状の一つなのですね。

それでは、この着床出血が起こるために妊娠に気づくのが遅れるとは、一体どういうことでしょうか?

 

排卵後、受精した後に着床する時に「着床出血」は起こる可能性があります。生理周期が28日の場合、一般的に排卵日は生理予定日の2週間(14日)前となります。受精から着床までは6~7日間程度かかるので、生理予定日の1週間ほど前に「着床出血」が起こることが多いです。

ただ、個人差もあり生理予定日の数日前に出血が見られることもあります。そのため「少し早く生理が来た」と勘違いする可能性も十分にあります。

引用元:https://www.ninkatsu-voice.jp/blog/?p=1155

 

 

 

本来、妊娠すると生理は止まります。

 

ですが、着床出血があると、それを「今月は生理が来たから妊娠はしていない」と勘違いしてしまう可能性があると言うのです。

この着床出血は、別名月経様出血とも言われています。

出血は少量で月経の始めのような暗い赤褐色で、たいていの場合はすぐに止まるので心配はありませんが、着床出血を知らないと、生理と勘違いしてしまうのも無理はありません。

 

 

 

妊娠に気づく人は妊娠を望んでいる人?他にはどんな特徴があるの?

1x1.trans - 妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い。超初期症状って?

それでは、逆に妊娠にいち早く気づく人というのはどのような人でしょうか?

簡単に言うと、以下のような人がいます。

  • 自分のからだの変化に敏感な人
  • つわりが酷い人
  • 妊娠を望んでいる人

 

特に妊娠を望んでいる人は、日頃から妊娠のためのからだ作りをしたり、本や雑誌、ネットの記事を読んで妊娠についての予備知識を持っていたり。

 

中には赤ちゃんを望んで産婦人科に通院している方もいるでしょう。

そういった方は、日頃から自分でも妊娠したら気づけるようにと意識しているので、実際にご自身の妊娠に気づくのも早いようです。

 

1x1.trans - 妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い。超初期症状って?
主婦A
私は病院でタイミング療法をしていたから妊娠にいち早く気づいたよ!

 

妊娠を希望している方で、ご自身の体調が「いつもと違うな」と思うことがあったら、一度早めに産婦人科を受診しましょう。

 

 

 

まとめ

 

妊娠に気づかない人と気づく人の違いと、妊娠超初期症状について解説してきました。

妊娠になかなか気づかなかった人も、すぐに気づいた人も、妊娠が分かったその瞬間から、お腹の子どもにとって良い行動を心がけましょう。

 

1x1.trans - 妊娠に気づかない人と気づく人の3つの違い。超初期症状って?