妊娠で痩せた人の特徴とは?どこまでなら痩せても大丈夫?

20181218-pregnant

妊娠してから痩せた!という方の話を聞いたことはありませんか?

女性にとって、痩せる、太るは気になるキーワードですよね。

羨ましい!私も痩せたい!と思いましたか?

 

でも、妊娠中に痩せたからといって、それは歓迎するべきことなのでしょうか?

年中ダイエットしているからといって、妊娠の時まで痩せる必要はあるのでしょうか?

今回は、妊娠で痩せた人の特徴と、どこまでなら痩せても大丈夫なのかを調べました。

 

スポンサーリンク

 

妊娠してから痩せる人の特徴とは?

1x1.trans - 妊娠で痩せた人の特徴とは?どこまでなら痩せても大丈夫?

実は妊娠して、痩せる方は3通りです。

  • 悪阻で痩せてしまう
  • 病院から食事制限をするように言われた
  • 過度な食事制限やダイエットをして、体重を妊娠前からキープする

 

大体は、悪阻によって体重が落ちてしまう方です。

妊娠初期の悪阻は重症な方だと、血を吐いたり、水すら受け付けなくなり、入院になることもあります。

 

また、そこまでいかなくとも食べられるものが極端に減ったり、食べても吐いて、体重が減少してしまう方はとても多いです。

そんな状態の妊婦に、お腹の子の分も食べないと!と無理矢理食べさせようとする方がいますが、無理に食べなくても大丈夫ですよ。

 

 

悪阻が落ち着くまでは、食べられるものを食べましょう。

また、あまりに酷い時は、水も飲めない状態になる前に、お医者さんに相談しましょう。

次に体重管理をしなくてはいけなくて、痩せる方ですが、これは出産の時にも健康面でも大切なことなので、食事療法や軽い運動を頑張りましょう。

 

病院によっては体重管理が厳しいところもありますが、和食中心の生活で便秘に気をつけ、塩分を控える食事をしているのなら、食べて悪いことはありません。

よく噛んで適切な量を食べましょう!

 

たまに、吐いてまで痩せろ、とか、体重管理のために食べなくても良い、なんて言う病院がありますが、そこまでいくと異常なのでさっさと見限り、自分に合う病院を探しましょう!

ちなみに体重管理の最大の敵は便秘とむくみにあります。

 

 

この2点があると、体重管理も上手くいきませんし、太りやすくなります。

解消する食事や運動で、体重管理のしやすい体にしましょう。

最後の1つは、ほとんどいないと信じたいのですが、実際にいるのが現実です。

 

そんな方にはどうして妊娠して、体重が増えるのかを考えて頂きます。

妊娠で体重が増えるのは、赤ちゃんにきちんと栄養をとってもらうためや、赤ちゃんの体重分、成長に欠かせない羊水、胎盤の分などです。

 

ただ何となく増えているわけではありません。

ニンプスで詳しく書かれていたので、引用させて頂きます。

ベビーの体重は臨月で約3kg、胎盤が約400~500g、羊水をいれると、約5kgになります。

プラス、実は妊婦さんの体には他にも変化がおきています。

お腹のベビーにも血液を送るため、循環血液量が非妊娠時より 3~4割増加します。

 

母乳の栄養を蓄えるために皮下脂肪がつき、乳腺も発達します。

そのため、臨月には少なくとも7~8kg、体重が増加します。

 

引用元:https://ninps.com/knowledge/basic/archives/3

 

体重増加は必要なことであって、無理に食事制限をしてはいけないのです。

そんなことをするのなら、なぜ妊娠を希望したのか、という問題になってきます。

 

過度のダイエットは赤ちゃんの低体重や、産まれてからの肥満体質、生死に関わります。

長い人生の中で、たった10ヶ月、体重が増えたからといって何か、変わりますか?

妊娠したからには、親である自覚を持って、赤ちゃんのために栄養を送ってあげて下さい。

 

 

妊娠中、体重が増えても、出産後に減らしたら良いだけです。

もちろん、一気に体重が増えたり、体重の増え過ぎは、病気にかかりやすくなったり、体の負担になるのでダメですよ。

 

適正体重と適正な増え方をしながら、安心して、栄養バランスのとれた食事をとって下さいね。

ちなみに、妊娠中の体重増加の目安は、妊娠前の体重を元に考えます。

こちらが計算方法です。

【 BMI=体重(kg)/身長(m)² 】

 

  • 18.5未満は痩せ型で9〜12キロほど増えても良い。
  • 18.5〜25.0未満は標準で7〜12キロほど増えても良い。
  • 25.0以上は肥満型なので、個別対応になる。

 

妊娠中、太り過ぎず、痩せすぎず、適正体重をキープできるように、頑張りましょう!

 

 

妊娠中に痩せた人のつわりとは?

1x1.trans - 妊娠で痩せた人の特徴とは?どこまでなら痩せても大丈夫?

一言につわりといっても、種類があるのをご存知でしょうか?

 

まずは一般的に知られている、吐きつわりです。

食べられるものも極端に減りますし、大丈夫と思って食べたら吐いてしまった、ということもしばしばあるつわりです。

こちらは食べられるものを少しずつ食べることくらいしか、対策がないのが辛いですよね。

 

妊娠して、痩せた方はこちらのつわりが大半です。

あまりにも酷いときは、お医者さんに相談しましょう!

次に食べつわりですが、このつわりは食事と食事の間が空いてしまうと、気持ち悪くなったり吐き気をもよおしたりします。

 

 

常に口の中に食べ物が入っていないと落ち着かない方もいます。

このつわりの方は、体重増加に気をつけないといけませんので、間食はカロリーが低いものでしのぎましょう!

 

そしてにおいつわりです。

人によってダメになるにおいは違います。

炊きたてのごはんのにおいや、洗剤類のにおい、香水の匂いなど、今まで好きだと思っていたにおいがダメになる人もいます。

ダメなにおいを嗅いだ瞬間、具合が悪くなってしまいますので、マスクなどで予防しましょう!

 

 

眠りつわりも良く聞くのではないでしょうか。

寝ても寝ても眠くなるつわりは、お仕事をしている方にはとても困るつわりですよね。

仕事中に眠るわけにもいかないし、体が怠くても気を紛らわせるしか対策がありません。

 

出来るだけ家にいる間は寝て、周りの方にも眠りつわりであることを伝えておきます。

仕事にやる気がないわけではないことを分かっておいてもらいましょう。

 

 

1番知られていないのはよだれつわりでしょうか。

こちらはよだれの分泌量が増えるつわりです。

常に大量のよだれが出ますので、ハンドタオルやハンカチは必須、ペットボトルカバーをかけた空のペットボトルを持ち歩いて、吐き出す人もいます。

 

地味なわりに苦痛は大きい、このつわりは、長く続く方が多いです。

きついとは思いますが、10ヶ月の辛抱です!

なんとか乗りきりましょう!

 

スポンサーリンク

 

妊娠中、痩せても、ここまでなら大丈夫!

1x1.trans - 妊娠で痩せた人の特徴とは?どこまでなら痩せても大丈夫?

妊娠初期の悪阻で体重が減少してしまった方は、赤ちゃんが大丈夫なのか、とても不安ですよね。

でも、2〜3キロなら大丈夫です。

母体は苦しいでしょうが、人間、2〜3キロ減ったところで、なんの支障もありません。

 

ただ、5キロ以上減ると、母体の方がフラフラになって危険な状態になります。

正確には、体重の5〜10%落ちると重症の悪阻だと判断されます。

水も飲めない、体重の減少が止まらない、普通に立っていられない、など、明らかに異常だと思ったら、産婦人科を受診しましょう。

 

 

あまりに体重が減少してしまうと、流産のリスクも高まってしまいます。

そんなことになる前に、受診しましょう。

また、妊娠初期は、お母さんの体に蓄えられた栄養から、成長することができるので、つわりで食べられるものが限られても、大丈夫だと言われています。

 

偏った食事に罪悪感を持たず、少しでも食べられるものを食べましょう!

それでも栄養面が気になる、という方は、サプリメントを飲んで、栄養を補いましょう。

 

まとめ

妊娠で痩せた人の特徴と、どこまで痩せてもいいか、のお話でした。

 

妊娠に痩せた人の特徴
  • 悪阻。
  • 出産時のことを考えた体重制限。
  • 妊娠前の体重を維持したい人。

 

痩せてもいい体重は、2〜3キロまで、または元の体重から5%までです。

ただし、体調によっては、早目にお医者さんの判断をあおぎましょう。

自分を守る、イコール赤ちゃんを守ることになりますので、自分を軽視しないようにしながら、妊婦を楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!