生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

newborn-baby-feet-basket

生後1ヶ月の赤ちゃんというと、泣いておっぱいをあげて、寝て起きたら泣いて…と泣いているイメージや寝ているイメージが多いのではないでしょうか。

 

でも、なかには寝てばかりという赤ちゃんもいるようです。

「寝てくれるなんて羨ましい!」と思ってしまいますが、実は寝てばかりというのも不安なんですよね。

 

・夜にぐっすり寝てしまい、おっぱいもミルクも飲まない!自分も疲れているから寝てしまう…

・昼に寝すぎている。こんなに寝ていて発達に問題はないのかな?

 

初めての育児の方は、とくに不安だと思います。

 

生後1ヶ月の赤ちゃんが寝てばかりいるのは、大丈夫なのでしょうか?

初めての育児で身につけておくと良い心構えも併せてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

生後1ヶ月の赤ちゃんが寝てばかりいたら…

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

まずは授乳時間に起こしましょう。

私の息子も、新生児から生後2ヶ月くらいまでの時期は、本当によく寝ていました。

授乳の時間なのに爆睡しておっぱいを吸ってくれない…ミルクを残して寝てしまった、なんていうことが多かったです。

 

まずは、起こすようにしてみましょう。

 

生後1ヶ月の赤ちゃんが寝てばかりなのはなぜ?

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

寝てばかりの息子でしたから、入院中のうちから、看護師さんに「授乳時間なのに寝てしまって起きないんです」と、毎日相談していました(汗)。

 

「おなかがすいても、体力がないから眠いのを優先しちゃうんです。しっかり起こしましょう。」

と、教えてもらいました。産まれて間もない頃は、空腹なのか自分でわからない時期だそうですね。

なので、こちらから起こして授乳間隔を3~4時間以上空けないようにしなければならないそうです。

 

生後1ヶ月経っても夜もぐっすり眠っていて、途中でミルクを飲むのをやめてしまい、起こすのには一苦労でした。

 

看護師さんから寝てばかりの赤ちゃんを起こす方法を教わったので、ご紹介します。

 

生後1ヶ月で寝てばかりの赤ちゃんを起こす方法①オムツを替える

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

授乳時間になったら、声をかけてオムツを替えると目を覚ますそうです。

オムツを替えるのに、起こすという意味もあるなんて知りませんでした!

 

同時に、足を優しく動かしてあげて、軽く運動をしてあげましょう。

 

生後1ヶ月で寝てばかりの赤ちゃんを起こす方法②足の裏を刺激する

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

赤ちゃんの足の裏を、自分の手でさすります。授乳しながら声をかけて、何回もさすりました。

あとは口の周りやほっぺを優しくツンツンと、指の先で軽くつついてあげましょう。

 

生後1ヶ月で寝てばかりの赤ちゃんを起こす方法③眠りの浅いレム睡眠を見極める

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

赤ちゃんがぐっすり寝ているノンレム睡眠のときは、体を触ってもあまり反応がありません。

でも、手足を動かしているような状態で寝ているのは、眠りの浅いレム睡眠です。

 

熟睡している時に起こすと機嫌も悪く、すぐにまた寝てしまいますが、眠りの浅い時に起こすと成功率が少しは上がります。

 

 

生活リズムを少しずつ意識しよう

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

生後1ヶ月で生活リズムを少しずつ意識することで、睡眠時間が整うようになっていきます。

私が生後1ヶ月で意識していた生活リズムはこちらです。

  • 朝は決まった時間にカーテンを開け、「おはよう朝だよ、よく眠れた?」と声をかける
  • 明るいリビングに移動させ、顔を拭き、着替える
  • 起きている時間に手足を優しく動かして、軽く運動させる
  • 決まった時間にお風呂に入り、寝室に行く
  • 夜、寝室は暗く静かにする
  • 「おはよう、おやすみ」の挨拶をする

 

このような基本的なことから始めていくと、今後本格的に生活リズムをつけたいときに楽ですよ。

 

 

生後1ヶ月の赤ちゃんが寝てばかりいるときに気をつけること

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

生後1ヶ月の赤ちゃんが、寝てばかりいるときにこんな症状があったら気をつけて観察しましょう。

  • 体重が増えていない
  • 元気がない、体調が悪い、おっぱいの飲みが悪い
  • おしっこが出ていない

 

赤ちゃんの体重は、1日に25~30g増えるのが平均的です。

必要な栄養が摂れていない、水分不足の可能性もあるので、小児科に診てもらいましょう。

 

 

生後1ヶ月の赤ちゃんが寝てばかりいても、こういうときなら大丈夫!

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

 

  • 元気で機嫌が良い
  • 母乳やミルクをたくさん飲んでいる
  • 体重が順調に増えている

 

生後1ヶ月の赤ちゃんが寝てばかりでも、このような状態なら心配ありません。

この時期の赤ちゃんは、まだねんね期です。よく寝るのは個性の範囲だという見方もあります。

 

何か異常がないか不安になるかもしれませんが、まだ生後1ヶ月だと、明らかな奇形が無い限りは医師でも診断が難しいです。

 

 

初めての育児の心構え

 

生後1ヶ月の頃は、慣れない子育てに追われて、本当に辛い時ですよね。

初めての育児で戸惑わないよう、心構えをお伝えします!

 

初めての育児の心構え①一人で抱えこまない

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

私は、生後1ヶ月の頃は赤ちゃんのことを「可愛い」と思えませんでした…。

もちろん小さな手足やくしゃくしゃの顔は可愛いと分かっていましたが、それ以上に「怖い」と感じていたのです。

 

「泣いたらどうしたら良いんだろう」

「泣き止まなくて寝られなかったら、周りの人に迷惑がかかる…」

 

今の私から、「一人で抱えこまないで!悩んでいたら、自治体の育児相談に行ってみて!」とアドバイスしてあげたいです。

 

初めての育児の心構え②休めるときは休む!

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

生後1ヶ月で赤ちゃんが寝てばかりいても、元気で問題が無い場合は、「親孝行な子だな」と前向きに捉えて、しっかりと休みましょう!

 

産後1ヶ月はお母さんもまだ無理はできない時期ですから、赤ちゃんが寝ているうちに休んでおきましょう。

家事や自分のことなど、やりたいことはあるかもしれません。私は無理して家事をした日は、夜まで体力がもたず辛かったです。

 

その時から「休めるのは赤ちゃんが寝ているときだけ!家事は赤ちゃんが起きていてもなんとかできるし、むしろやらなくて良い!」と開き直りました。

 

初めての育児の心構え③自治体の育児相談や母親教室などに参加しよう!

1x1.trans - 生後1ヶ月で寝てばかり…初育児で身につけるべき3つの心構え

私は妊娠後期頃から、お腹が大きいし何かあったら怖いと思っていたので、行動範囲が家やスーパー、病院のみになりました。

臨月になると、破水したら怖いと思って家の近くしか出られませんでした…。これはちょっと心配しすぎかもしれませんが。

 

産後も出かけるといえば病院だけなので、接する人も家族かお医者さんだけでした。そうなると、どんどん殻にこもってしまうんですよね…。

 

 

でも、生後3ヶ月頃を過ぎると、首も座り始めて出かけやすくなります。

無理をする必要はありませんが、自治体の母親教室などのイベントや、育児相談などに出かけてみましょう。

 

私は生後3ヶ月半のときに母親教室に参加して、数ヶ月ぶりの外の世界に本当にリフレッシュできました!

「辛いのは自分だけじゃないんだな」とわかるので、本当に心強いです!

 

 

会場である保健センターや区役所に行くと、子育て支援センターなどの情報紙があるので、もらってくるとこの後も遊びに行きやすいですよ!

また、生後1ヶ月ですと自治体によるかもしれませんが、新生児訪問を行っていることもあります。心配なことや、市のイベントのことなどはその時にも聞いてみましょう。

 

まとめ

 

生後1ヶ月は本当に不安ばかりです。

赤ちゃんが寝てばかり…良いことなのか悪いことなのか自分には判断がつかないと思います。不安があればぜひ自治体の育児相談に行ってみてください。

 

また、母乳の方の場合はおっぱいが張って辛いこともあるでしょう。

私は、明け方に絞っていました。そのあとに濡れたタオルで軽く冷やせば、乳腺炎の予防にもなります。

 

子育てで辛いときは、一人で抱え込まずにぜひ相談をしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!