赤ちゃんの泣き声にイライラ!心を落ち着かせる5つの術とは

20190111-cry7

赤ちゃんが泣いていると、

  • お腹がすいたのかな?
  • おむつが気持ち悪いのかな?
  • 眠たいのかな?

 

と思い、ママはおっぱいをあげたり、おむつを替えたり、抱っこしてあげたり…。

すぐに泣き止めばいいのですが、何をしても泣き止まない赤ちゃん。

泣き止まない赤ちゃんの泣き声にイライラが爆発しそうになることも…。

 

子育て中のママには必ずあると思います。

そこで今回は、心を落ち着かせるための5つの術をまとめてみたので、赤ちゃんの泣き声にイライラしたときに参考にしてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

イライラせずに!赤ちゃんの泣き声は「運動」です

1x1.trans - 赤ちゃんの泣き声にイライラ!心を落ち着かせる5つの術とは

基本的に赤ちゃんは「泣くもの」です。

赤ちゃんは悲しいから泣いているのではありません。

 

まだ喋ることのできない赤ちゃんにとって、泣き声は自分を表現できる唯一の手段です。

 

もちろん、

・お腹がすいた

・おむつが気持ち悪い

などを訴えるために泣いていることもあります。

 

でも、お腹もいっぱいになって、おむつもスッキリしているのに泣き続けることだってあります。

 

そうです。

いつも理由があって泣いているわけではなく、理由もなく泣き続けるときだってあるんです!

 

そんなときは、有り余ったエネルギーを発散しているというのも1つの考え方です。

 

なので、

「早く泣き止ませなきゃ!」

と焦る必要もなく、

今、赤ちゃんは運動しているんだ

と考えてみるようにしましょう。

 

泣かずに静かに寝ているだけがいいわけじゃありません。

赤ちゃんは大きな声で泣くことで運動しているんです。

 

 

泣き続ければ、大人だってかなり疲れてしまいますよね…。

肺や腹筋を使って、赤ちゃんのようにあれだけ大きな泣き声で泣けば、運動量はかなりのものだと思います。

 

焦って早く泣き止ませようとするからイライラしてしまうんですよね。

少し考え方を変えてみるだけでラクになりますよ。

 

 

赤ちゃんの泣き声にイライラしたら…少し赤ちゃんから離れてみる!

1x1.trans - 赤ちゃんの泣き声にイライラ!心を落ち着かせる5つの術とは

他人の赤ちゃんが泣いていても、べつにいいのですが、それが自分の赤ちゃんとなると、

・自分がなんとかしなくては!

・早く泣き止ませないと周りに迷惑になってしまう…

と焦ってしまい、イライラしてしまうんですよね。

 

何をしても泣き止まず、イライラが爆発しそうになってしまったら、

赤ちゃんから離れてみる

です。

 

 

ベッドなど、赤ちゃんを安全なところに寝かせて、目の届く範囲のところで10~15分程度休憩してみましょう。

コーヒーやお茶を飲みながら、泣き止ませるのをやめて、ゆっくり休憩しましょう。

 

「赤ちゃんを放置するなんて…」

 

と思われる方もいるかもしれませんが、ずっと泣き止ませようと頑張って、イライラが赤ちゃんに伝わってしまっては逆効果です。

赤ちゃんはママの感情を敏感に感じ取ります。

 

 

一度、ママが落ち着くことが大事ですよ!

 

また、体調が悪いなど特別な理由がない限りは、10分間程度泣かせたままでも赤ちゃんは大丈夫です。

 

その10分の間に赤ちゃんが泣き疲れて眠ってしまうこともあります。

もし、ずっと泣き続けたままであっても、ママのイライラがおさまってから、改めてぎゅっと抱きしめてあげましょう!

 

 

私も赤ちゃんがどうしても泣き止まない時は、無理して泣き止ませようとせず、10分くらい休憩していました。

10分でも、赤ちゃんをあやすことから解放されると気分がとてもラクになりますよ!

気分がリセットされると、赤ちゃんにも優しく接することができるので、とてもおすすめです!

 

また、できるのであれば、パパやおじいちゃん、おばあちゃんに赤ちゃんを預けて、ママ1人でお出かけしましょう!

買い物に出かけてみたり、カフェにお茶しに行ったり、自分1人の時間を少しでも取れると気持ちがとてもラクになりますよ!

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが泣くことはいつまでも続くものではない!

1x1.trans - 赤ちゃんの泣き声にイライラ!心を落ち着かせる5つの術とは

生まれてからすぐの赤ちゃんは泣いてばかりで、何をしても泣き止まないことは頻繁にありますよね。

でも、生後半年を過ぎれば、理由があって泣くことが多くなります。

そして、1歳を過ぎれば大人の言うことが少しずつ理解できるようになってくるので、意味もなく泣きわめくこともグッと減ってきます。

2歳を過ぎれば、少しずつ自分の気持ちを「泣くこと」ではなく、「言葉」で伝えられるようになってきます。

 

つまり、何をしても泣き止まないというのは、いつまでも続くことではありません。

 

分かってはいても、いざ目の前で泣き続けられると泣き声にイライラしてしまいますが、

今はしょうがないこと

と割り切って考えるようにしましょう。

 

 

そもそも、赤ちゃんの泣き声の周波数はママの不快と感じる周波数になっています。

ママに気づいてほしくて、かまってほしくて、赤ちゃんの泣き声はそんな周波数になっているのかもしれませんね。

だから、ママがイライラしてしまうのはしょうがないことなんです。

 

 

赤ちゃんの泣き声にイライラしたら環境を変えよう!

1x1.trans - 赤ちゃんの泣き声にイライラ!心を落ち着かせる5つの術とは

家の中で泣きわめく赤ちゃんと2人きりになると、イライラもたまりやすくなります

そんなときは一緒に外に出かけてみましょう!

ベビーカーなどで近所に散歩でもかまいません。

 

外の空気を吸うと気分もスッキリします。

 

また、ママだけでなく、赤ちゃんも外の空気を吸うことで気分転換になり、泣き止むこともあります。

私も、赤ちゃんの泣き声にイライラしてしまったときは気分転換によく散歩に出かけていました。

ベビーカーや抱っこ紐でお散歩に出かけていましたが、ギャン泣きしていた子どもも、外に出ると環境が変わるとすぐに泣き止み、お散歩しているあいだによく寝てしまっていました!

 

 

イライラしないで!赤ちゃんの泣き声は赤ちゃんの「言葉」です

1x1.trans - 赤ちゃんの泣き声にイライラ!心を落ち着かせる5つの術とは

突然ですが、無言で赤ちゃんに接していませんか?

赤ちゃんの泣き声は、赤ちゃんなりの「言葉」です。

 

言葉ではなく、騒音として聞こえてしまうとイライラも増してしまいます。

赤ちゃんが泣いたら、赤ちゃんの泣き声を代弁してあげましょう。

  • お腹空いたね
  • おむつ気持ち悪かったねー
  • ママに抱っこしてほしかったんだよね
  • ベッドにずっと寝てるの嫌だよねー!

など、共感の言葉をかけてあげるようにしましょう。

 

1人劇場のようになってしまいますが、これは意外と効果的です。

もちろん、赤ちゃんから返事が返ってくるわけではありません。

でも、自分で言葉にすることで気持ちがラクになりますよ!

 

 

自然とこの接し方ができているママもたくさんいらっしゃるかと思います。

でも、私は一人目のときはできていませんでした。

あやすときに

・よしよし

・大丈夫だよー

と多少話しかけることはあっても、話しかけている言葉の数はかなり少なかったです。

おむつ替えも無言ですることもありました。

 

 

でも、赤ちゃんにしゃべりかけながらお世話するのは、赤ちゃんにとってだけでなく、私たち大人にとっても大切なことなんです。

「どうせ赤ちゃんには言葉なんてわからないだろう」

と思って、無言の育児をしてしまうと、赤ちゃんの泣き声が響き渡るだけでイライラが増すだけです。

この「共感の言葉」をかけて、赤ちゃんと感情を共有してみましょう!

赤ちゃんの泣き声が「言葉」として聞こえ、イライラもしにくくなりますよ!

 

 

まとめ

今回は、赤ちゃんの泣き声にイライラしてしまったときの、心を落ち着かせる5つの術をご紹介しました。

 

赤ちゃんは泣いて当たり前と分かっていても、家事に育児に追われて余裕がなくなっていると、イライラもしてしまいますよね。

イライラすると、赤ちゃんにも優しく接することができなくなってしまい、悪循環です。

 

育児は大変ですが、絶対に1人で全部抱え込まないでください

 

赤ちゃんの時期はあっという間です。

今しかないこの時間を楽しみながら育児できたらいいですね!

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!