1歳半の後追いはいつまで?すぐできる対処法はあるの?

20181125-baby-follows-me

子供が1歳になり手がかからなくなると思っていたのに、いつもママと一緒でないと大泣きしてしまう。

家事が進まない。自分の時間がほしい。一人になりたい。トイㇾまでついてこないで。

皆さんのお気持ち痛いほどよくわかります。

 

後追いは、いつまで続くのでしょう。

どうしたら後追いはよくなるのでしょう。

1歳半の子供の後追いについて、原因とすぐできる対処法について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

1歳半の後追いはいつまで続く?後追いは愛着行動の表れ。

1x1.trans - 1歳半の後追いはいつまで?すぐできる対処法はあるの?

後追いは7か月ごろから2歳ぐらいまでに起こる行動とされています。

個人差があるので、必ず何歳で後追いを卒業できるとは言い切れません。

1歳半になると行動範囲が広がり、四六時中どこまででもママについてきます。

 

後追いの時期は、洗濯も掃除も家事がなにも進まなくてイライラしてしまいますよね。

段々と後追いがひどくなり、親子で癇癪を起してしまったり。

 

ママたちは色々と理由を考えてしまいます。

  • 甘えん坊な性格だから?
  • 祖父母と同居していなくていつもママと二人きりだから。
  • 愛情が足りてないの?

 

小児科医の武井智昭さんが監修した記事に後追いの理由を書いてくれていますので引用いたします。

赤ちゃんの後追いとは、目の前にいたママがいなくなると「すぐに戻って来る」ということが理解できず、不安で泣き出したり、探し回ったりする行動のことです。

 

トイレや洗濯物を干して戻るまでのちょっとした時間でも泣かれてしまうと、ママは家事がはかどらず、イライラしてしまうかもしれませんね。

 

しかし、赤ちゃんの後追いは一時的なことで、ママを絶対的に信頼することができるようになったという成長の証です。

引用元:https://192abc.com/39492

 

 

後追いは、軽い、ひどいなど個人差がありますが、子供の成長過程でみられます。

子供は、ママが隣の部屋に行ったときに泣き出すことがあります。

子供にとっては、「ママが見えなくなった」ということを、「ママという存在が消えてしまった。」と理解し、とても不安になっている状態です。

 

 

少しの間離れているだけ、ということが理解できません。

後追いというのは、一時的なものなのであり、ママのことを絶対的に信頼しているからこそ起こることなのです。

 

心と体が成長したからこそ起こるものです。

そしてママといつでも一緒にいたいという気持ちの表れが後追いという行動になります。

 

1歳半の後追いには声掛けを積極的に。

1x1.trans - 1歳半の後追いはいつまで?すぐできる対処法はあるの?

子供が後追いして大泣きするのは、ママの姿が見えなくなってしまうときです。

子供が不安にならないように、別の部屋に行くときには次のように声をかけてあげます。

「隣の部屋に洗濯ものを干してくるね。すぐ戻るから待っててね。」

 

帰ってきたら、「ただいま。待っててくれてありがとう。」と伝えます。

小さくても言葉で説明してあげると子供なりに理解します。

初めは泣いてしまいますが、声掛けを繰り返すようにします。

 

 

段々とすぐに戻ってくると理解でき、一人でも待てるようになります。

泣かれてしまうととても辛いですが、繰り返し声掛けを行いましょう。

泣かずに待っていられる時間が、少しずつ増えていくはずです。

 

できるだけ隣の部屋に移動したときには、すぐに家事を済ませて戻ってきてあげましょう。

家事をするときには子供を同じ部屋に連れていきましょう。

同じ空間にいれば不安になりませんので大丈夫です。

 

 

隣の部屋に行くときに、扉は開けっ放しにして、いつでもママがよく見える状況にします。

時間はかかるけれども、遊びながら家事を手伝ってもらうのもおすすめです。

洗濯物をたたむときには、タオルなどを手渡してあげます。

 

 

 

子供がタオルで遊んでいるうちに、洗濯ものをたたんでしまいます。

危険が伴わないのであれば、できるだけ同じ空間にいて安心させてあげるようにしましょう。

入ってほしくないキッチンにはゲートを設置したり、短時間であればベビーサークルの中に入れてそこで遊ばせておきます。

 

色々と試してみて、各家庭にあったよい方法を探してみてください。

 

スポンサーリンク

 

1歳半の後追いには集中できる遊びをみつける。

1x1.trans - 1歳半の後追いはいつまで?すぐできる対処法はあるの?

一人で集中して遊べるようになると、ママの姿が見えなくても一人で遊んで待っていられるようになります。

代表的なものをいくつか挙げます。

  • お絵描き
  • 塗り絵
  • ブロック
  • 積み木
  • パズル
  • プラレール
  • 車のおもちゃ
  • 人形遊び
  • ごっこ遊び
  • おままごと
  • 歌を歌う、ダンスをする。

女の子は、人形のお世話をして遊んでいる子をよく見ます。

ごっこ遊びや、おままごとも得意ですね。

テレビを見ながら、歌ってダンスをすることも大好きな女の子多いですよね。

 

 

自分の世界にのめりこんで遊んでくれると本当に助かります。

賛否両論ありますが、最近では、スマホで遊ばせている間に家事を済ませてしまう方、多いと思います。

スマホ育児は、長時間でなく短時間であれば構わないと思います。

 

今は子供が喜ぶようなアプリがたくさんあります。

知育に使えるアプリもたくさんあるのでおすすめです。

もちろん子供がスマホ中毒にならないよう、きちんと親が管理するようにしましょう。

 

また、好きなテレビ番組を見せて、その間に家事を済ませてしまう方法も。

テレビは時間を決めて見せるようにします。

一人で長時間見せることはしないようにしましょう。

 

パソコンの動画も楽しいものなど、たくさんアップされています。

教育上、不適切な動画もたまに見られますので、制限付きモードに設定するなどをして、親が適切に管理をしてください。

親子で過ごす時間を多くとるためにも、長時間の使用は控えましょう。

 

子供が一人遊びに夢中になれるよう、環境を整えてあげましょう。

また普段から親子で、子供が夢中になれる遊びを一緒に探してみてくださいね。

 

 

1歳半のひどい後追いには家事は手抜きで。満足するまで一緒にいてあげよう。

1x1.trans - 1歳半の後追いはいつまで?すぐできる対処法はあるの?

特にひどい後追いには、このような対応をしましょう。

  • 満足するまで好きにさせてあげる。一緒にいてあげる。
  • 家事は手抜きをする、もしくはやらない。

 

後追いが一向に収まる気配もなく、よりひどくなるときには、どんと構えて受け止めてあげましょう。

子供と過ごすときにはこのように心がけて向き合いましょう。

  • 話を聞く。
  • スキンシップを増やす。
  • 子供と過ごせるのは幸せなことだと実感する

時間が許す限り、子供が満足するまでお話を聞いたり、絵本を読んだり、一緒に過ごしてあげましょう。

スキンシップを増やして、満足するまで甘えさせると、子供へ愛情が伝わります。

体力的に大変ですが、おんぶをしながら家事をする方法もあります。

 

満足すると、母子分離不安が解消でき、自然にママから離れていきます。

不安な気持ちをできるだけ解消してあげて、ゆっくり子供と向き合う時間を大切に過ごしてください。

普段から子供のことを大切だと思っている気持ちを言葉に出して伝えてあげましょう。

 

 

生まれてきたときのことを話したり、とても大切な存在であることを声に出して伝えてあげましょう。

家事は手抜きしたり、やらないという選択肢もあります。

掃除は毎日しなくても死んだりしませんので、回数を減らすことも考えられます。

 

家事の時間短縮にはこのような方法もあります。

ここがポイント
  • 買い物はネットスーパーを利用する。
  • 料理は食材宅配キットを利用する。
  • ロボット掃除機を使う。
  • 食器洗い機を使う。
  • ドラム式洗濯機で、乾燥まで終わらせる。

今は便利な家電製品が多く登場していますので、家事の時間短縮を図れます。

初期投資にお金はかかりますが、使いこなすととても便利です。

子供に手がかからなくなったとしても、後々まで使える製品ですのでぜひ導入をおすすめします。

 

子供がお昼寝や夜寝た後に、家事をしているママも多いのが現状です。

便利家電を駆使し、家事の時間を短縮することで、子供と一緒に過ごせる時間を増やすことができます。

後追いの時期は、家事は完璧にはできないと割り切りましょう。

 

ひどい後追いは、いつまでも続くわけではないのでママたちもう少しのガマンです!

 

1歳半の後追いは環境を変えて気分転換を。

1x1.trans - 1歳半の後追いはいつまで?すぐできる対処法はあるの?

子供といつも家で二人きり過ごしていませんか。

できるだけたくさん外出して、生活を楽しみましょう。

家に閉じこもるより、外出することで後追いも気にならなくなります。

 

何よりも気晴らしになります。

ベビーカーに乗ってくれる子はいいのですが、乗らずにずっと抱っこでは移動も大変です。

1歳になると、自転車にも乗れます。

 

 

ぜひ子乗せの自転車を用意してお出かけしましょう。

とても移動が楽になりますので、行動範囲が広がります。

近くの公園を制覇したり、保育園の園庭開放やプール開放、子育て支援センター、幼児教室などへ行ってみましょう。

 

後追いで甘えてばかりの子供の新たな一面を発見できるかも。

同じ年頃の子供をもつママたちと関わることで、悩みが解消されることもあります。

だいたい同じ月齢の子供をもつママは同じような悩みを抱えています。

 

 

悩みを共有し、共感してもらうだけで気持ちが軽くなります。

一人で抱え込まずに上手に息抜きをしてくださいね。

 

1歳半の後追いについては考え方を変える。

1x1.trans - 1歳半の後追いはいつまで?すぐできる対処法はあるの?

子供がトイレまでついてきて、毎日イライラ、ピリピリしてしまいますよね。

いつも一緒にいたいけど、毎日ずっと一緒にいるとノイローゼになってしまいそう。

でも子供がここまでママを必要とする時期は限られていると思います。

 

いつの間にか手がかからなくなり、子供は離れていってしまいます。

いつかは「ママ!あっち行って!」と言われる日も近いのです。

そのときが来るまで、今、子供に必要とされるという幸せをかみしめましょう。

 

 

3歳になると幼稚園に通うお子さんも多いので、ママの時間が少し確保できると思います。

その時が来るまで、日々の成長を大事に接してあげてくださいね。

本当に毎日イライラしてどうしようもないときは保育園の一時預かりという制度もあります。

 

気軽に近隣の保育園に相談してみましょう。

いつまでたっても後追いが解消できないときには、市役所や育児支援センターで相談することもできます。

積極的に活用してください。

 

まとめ

1歳半の後追いについてまとめました。

後追いをするのは、ママといつでも一緒にいたいという気持ちが強くでているからです。

1歳半の後追いには、

  • 声掛けをする。
  • 集中できる一人遊びをさせる。
  • 家事は手抜きをするか、やれないと割り切る。
  • 外出するなど環境を変えて気分転換をする。

ことを実行してみましょう。

 

大きくなってから赤ちゃん返りしないよう、後追いの時期は、十分に甘えさせてあげたいですね。

長い人生で子供と過ごせる時間はあっという間です。

 

今この時を大事にして過ごしましょう。

お子さんと一緒の時間を楽しんで、たくさんの思い出を作ってください。

少しでもストレスを解消して日々楽しく育児できるよう応援しています。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!