1歳半の授乳!母乳をあげるのはいつまで?授乳回数は?

20181001_nursing2

子どもが生まれてからずっと続けてきた授乳。

子どもが1歳半になるけど、まだあげていていいの?
いつまで母乳をあげたらいいのか分からない!

と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、今回は1歳半の授乳について、いつまで母乳をあげたらよいのかまとめてみました。

ぜひ参考にしてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

「いつまで授乳したらよいのか」決まりはあるの?

1x1.trans - 1歳半の授乳!母乳をあげるのはいつまで?授乳回数は?

母乳をいつまであげるか。

目安としては、「離乳食を1日3食きちんと食べていること」が前提です。

ご飯を食べていないのに、母乳をなくしてしまうと、それまで母乳で補っていた栄養がなくなってしまうので、具合が悪いですよね。

でも、母乳をやめたとたんにご飯をモリモリ食べるようになった!という子もいるので、難しいところです…。

 

 

また、水分を母乳以外から摂れていることも重要です。

1歳半ごろにはコップやストローでお茶などを上手に飲めるようになっている子も多いのではないでしょうか。

 

基本的に、1歳半であればご飯と水分を母乳以外から摂れていれば、栄養面では母乳をあげなくても大丈夫です。

実際、1歳~1歳半ごろに卒乳・断乳をしている人も多いです。

 

私も子どもが1歳のときに断乳しました。

ご飯をしっかりと食べる子だったことと、私自身の手間や負担を考えて少しずつ回数を減らし、断乳しました。

断乳は大変かな…と考えていましたが、意外にすんなりと終わってしまい、拍子抜けです。

 

離乳食が進んでくると、自然と母乳を飲む量や回数は減ってくるものです。

1歳~1歳半で授乳をやめる人が多いとはいえ、無理やり「何歳までにやめなきゃ!」と思う必要はありません。

 

 

1歳半の授乳回数は?

1x1.trans - 1歳半の授乳!母乳をあげるのはいつまで?授乳回数は?

1歳半の授乳回数のポイントは、

  • 食事よりも母乳から栄養を摂っている場合は、欲しがるだけあげる
  • よく食べる子はママの負担にならない程度にあげる

 

離乳食の進み具合には個人差があります。

大人顔負けなくらいご飯をモリモリ食べる1歳半もいれば、ご飯をあまり食べない1歳半もいたりと、ご飯から摂れる栄養量にもかなりの個人差があります。

母乳から足りない栄養を摂る目的であげるのなら、1歳半でも欲しがるだけあげましょう!

 

 

また、しっかりご飯を食べている子でも、母乳を欲しがる子もいます。

それは、「安心感」を求めて母乳を欲しがっているのです。

断乳や卒乳をとくに考えていないのであれば、回数にとらわれず授乳してもOKです。

 

基本的に授乳は、赤ちゃんとママの心を安定させる効果があるものです。

授乳している間は、スキンシップになるメリットもあるので、ママの負担にならないのであれば、1歳半でも授乳してあげましょう。

 

 

1歳半が授乳を続けるデメリットも理解しておこう!

1x1.trans - 1歳半の授乳!母乳をあげるのはいつまで?授乳回数は?

1歳半が授乳を続けるデメリットは主に2点です。

  • 授乳回数が多いと虫歯になることも…
  • ママの負担が増える

 

まず1つ目について。

「授乳を長い間続けると虫歯になりやすい…」

と聞いたことはないでしょうか?

 

1歳半ともなれば、生えている歯の数もかなり増えてくるころではないでしょうか。

奥歯と犬歯以外の歯が生えそろっている子もおおいのではないでしょうか。

なので、あまりにも頻繁に授乳したり、夜間に授乳していると、母乳には乳糖と呼ばれる糖が含まれているので、歯に糖がついている状態が続いてしまうことになり、結果的に虫歯の原因になってしまいます。

 

 

「じゃあ、やっぱり1歳半になったら授乳はやめるべき!?」

と不安になりますよね。

1歳半ともなれば、自分の意志や記憶する力もしっかりしてくるころです。

 

いきなり授乳をやめてしまうと精神的に不安になってしまうかもしれないので、無理にやめる必要はありません。

ただ、できれば、授乳後はガーゼでさっと歯を拭いてあげたり、お茶や水を飲ませてあげるようにしましょう。

 

 

また、1歳半が授乳を続ける2つ目のデメリットとしては、とくに昼間に授乳している場合はママ以外の人になかなか預けられないことです。

仮に一緒に出かけたとしても、外出先で母乳を欲しがってしまうと、授乳ルームを探したり、授乳に時間を取られてしまったり…と大変な思いをすることもあります。

1歳半ともなると、身体も大きくなりますし、「赤ちゃん」という感じではなくなってくるので、そんな1歳半を授乳していると周りの目も少し気になりますよね…。

 

まさに、私が断乳を決意したのはこれらの理由からです。

毎食後の授乳と寝る前の授乳を1歳前まで続けていましたが、とくに昼間の授乳は負担になっていました。

 

 

外食をしても食後にゆっくりできず、授乳ルームを探したり…、授乳ルームがある施設じゃないとお出かけできなかったり…、家にいても、授乳に時間を取られて家事を中断したり…と、いろいろ不便に感じることが増えてきたので、食後の授乳からまずはなくしました!

 

そうすると余裕をもって外出できるようになったり、家でも過ごせるようになったので、気持ちがとても楽になりましたよ!

もし、1歳半の授乳が負担に感じているのであれば、授乳回数を減らしたり、断乳という選択肢を考えてみてもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

1歳半の授乳を無理やりやめさせるのはNG!

1x1.trans - 1歳半の授乳!母乳をあげるのはいつまで?授乳回数は?

授乳をやめさせるために、

  • おっぱいに怖い顔を描く
  • おっぱいにからしを塗る

 

こうした方法を聞いたことはないでしょうか?

 

 

でも、この方法だけは絶対にしないようにしてくださいね。

今まで、一番安心できる場所が恐怖に変わるんです…!

たとえ、この方法で授乳をやめることができたとしても、1歳半の子どもの心はとても傷ついてしまいます。

 

授乳をやめるのは、ママ1人でできることではありません。

お子さんと一緒に少しずつ進めてください。

 

 

1歳半であれば、少しずつ大人の言っていることが理解できるようになってきます。

「もう少ししたらおっぱいとバイバイしようね」

など少しずつ言い聞かせてあげるといいですね!

 

 

まとめ

 

たとえ1歳半になっても授乳しているママと2人の空間は安心できる場所・時間です。

必ず、いつかは卒乳するときがきます。

1歳半で授乳をしている方も、今だけしか味わえないお子さんとママの2人だけの空間を楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!