【1歳半】寝ないで遊ぶ、泣く。イライラした時の心の処方箋

surprise2-female-20180723

1歳半の子が、寝かしつけの時に寝ないで遊ぶ。寝ないでずっと泣く。

こんなことに悩まされていませんか?

 

私の息子も、たまに寝かしつけに時間がかかることがあります。大泣きする時なんかは、「もう~早く寝てよ~!私も休みたいよー」と子どもを相手にイライラしてしまいます…。

 

スムーズに寝かしつけて、心のゆとりを持つためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

1歳半の子が寝ないせいで、イライラする…!

1x1.trans - 【1歳半】寝ないで遊ぶ、泣く。イライラした時の心の処方箋

1歳半の子がなかなか寝ないというのは、具体的にどんな様子なのでしょうか?

  • 20時くらいに寝室に行き、布団には入るのになかなか寝ない。
  • ゴロゴロしているといきなり泣く。ずっと寝ない。
  • 眠そうな様子が無く、興奮して遊ぶ。
  • ようやく寝たと思ったら、23時くらいになっている。

ママは子どもが寝付くまで付き添うわけですから、時間がかかると本当に大変ですよね…。

「まだやることが残っているのに、早く解放してよ~!」

「どんどん生活リズム狂っちゃう…仕事があるのにきつい!」

こんなイライラがあるママもいるのではないでしょうか。

 

私も子どもが寝るのが遅くなると、翌日の生活リズムも崩れるし、家事もたまってイライラしてしまいます。

 

成長ホルモンの分泌を促すためにも、睡眠は大事!

1x1.trans - 【1歳半】寝ないで遊ぶ、泣く。イライラした時の心の処方箋

1歳半の子が寝ないと、成長の妨げにもなってしまいます。子どもの成長を促す成長ホルモンの分泌には、質の良い睡眠が大切です。

寝る時間が遅くならないように、スムーズに寝てもらいたいですね。

 

1歳半の子が寝ないのはなぜ?

1x1.trans - 【1歳半】寝ないで遊ぶ、泣く。イライラした時の心の処方箋

息子の場合、思い当たる理由がいくつかありました。

・雨で外に出られず、1日中部屋の中にいた。

・夕方17時まで昼寝をしていた。

 

同じく悩んでいるママ友は、このような理由を話していました。

・上の子の生活リズムに合わせているから、寝室に入るのが遅くなる。

・夕方にぐずってしまい、おんぶであやしていたら寝てしまった。

 

見直すカギは、生活リズムや昼寝にありそうですね。それでは、具体的にどのように見直していけば良いのでしょうか。

 

生活リズムを整えるカギは、起床時間とお昼寝の時間!

1x1.trans - 【1歳半】寝ないで遊ぶ、泣く。イライラした時の心の処方箋

生活リズムを整えるには、決まった時間に行うことが大切になります。

でも毎日全てを同じにするのは難しいですよね。なので、「起床時間」と「お昼寝の時間」を見直してみましょう。

 

朝は遅くても8時までには起こす

1x1.trans - 【1歳半】寝ないで遊ぶ、泣く。イライラした時の心の処方箋

朝、子どもがなかなか起きないと悩むお母さんもいます。

子どもが気持ちよさそうに寝ているのを起こすのは、ちょっと可愛そうですよね。少しずつ、自然に目覚めさせるように工夫してみましょう。

 

  • カーテンを開けて部屋を明るくする
  • 「おはよう、朝だよー」と肩をトントンと叩いて、声をかける
  • 体をなでて刺激する

 

昼寝の時間を決める

1x1.trans - 【1歳半】寝ないで遊ぶ、泣く。イライラした時の心の処方箋

これは、私は苦戦しています。

午前中に支援センターに遊びに行く日は、帰りに自転車に乗りながら昼寝します。この場合の昼寝は11時半から12時半頃までです。

ですが、雨や用事などで行けない場合は、13時から寝ることもあれば15時から寝ることもあり、バラバラです。

 

せめて、どんなに遅くても17時までには起こすようにはしていますが、本当は15時までに起こすのが良いです。昼寝から起きておやつにすると、しっかり目が覚めそうですね。

 

スポンサーリンク

 

1歳半の子が寝ないで遊ぶ、泣くときの対策

 

生活リズムを整えるほかにも、1歳半の子が寝ないで遊ぶ、泣くときの対策を挙げていきます。

 

1歳半の子どもが寝ないで遊ぶ、泣くときの対策①:入眠儀式を決める。

1x1.trans - 【1歳半】寝ないで遊ぶ、泣く。イライラした時の心の処方箋

1歳半の子どもを寝かしつけるまでの行動を、毎日同じ流れにしましょう。

例えば、私はこのようにしています。

ここがポイント
  • お風呂・夕食の片付けが終わったらリビングで絵本を読む。
  • 寝室へ行き、1日あったことをおしゃべりする。
  • ギューッとする・ゴロゴロする・体をなでるなどスキンシップをとる。
  • 頭をなでなで、お腹や背中をトントンしながら子守歌を歌う。
  • 寝たふりをする。

寝るまでの流れを同じにすることで、子どもが「あ、もう寝る時間なんだな」と思うのです。

 

私のママ友は、お気に入りのガーゼを握らせるそうです。素材も好みが出てきたと言っていました。

このように、安眠グッズを探してあげるのも良いそうですよ。ちなみに、帰省や旅行の時にも持っていけるような、かさばらないものを使うのがおススメだそうです。

 

1歳半の子が寝ないで遊ぶ、泣くときの対策②:狭い場所が好き?

1x1.trans - 【1歳半】寝ないで遊ぶ、泣く。イライラした時の心の処方箋

我が家では敷き布団で寝ているのですが、息子はキレイに整えられた布団の上ではなかなか寝ません。

ゴロゴロしているうちに布団から足が落ちて、そのまま寝ついていました。壁と布団の間に挟まって寝ていたこともありました。

 

うまい具合にはまると、それまでゴロゴロ・グズグズしていたのがピタッと止まり、寝入ります。

なので、こんな工夫をしました。

  • 敷き布団の周りに、薄い毛布を敷き詰める
  • 使わない掛け布団を、ごちゃごちゃにして周りに置いておく
  • 布団に対して真っ直ぐに寝かせずに、あえて真横・斜めなど、好きな向きで寝かしつける

 

1歳半の子が寝ないで遊ぶ、泣くときの対策③:子どものことに集中する

1x1.trans - 【1歳半】寝ないで遊ぶ、泣く。イライラした時の心の処方箋

寝かしつけの時は、いったん家事のことは忘れ、子どもとのスキンシップを楽しむようにしましょう。

携帯・スマートフォンは子どもが気にしてしまうので、なるべく見るのをやめましょう。

 

疲れているときは、子どもと一緒に寝てしまうのもアリです。

家事を終わらせておいて、寝られる準備を整えて寝室に行くと、心にゆとりが生まれますよ。

 

どうしても家事が残ってしまう場合は、

  • 早起きして家事をする
  • 夜中に一度起きて家事をする
  • 旦那さんに協力してもらう

など臨機応変に行いましょう。

 

私は寝かしつけが終わってから、残りの家事を行うようにしています。

あまりにも子どもが寝ない時は、いったん寝かしつけを諦めて家事をやってから寝かしつけに戻った日もあります。

子どもは大泣きですが、寝室は安全なのでそのまま泣かせておきます。泣くと疲れるのか、その後に寝かしつけるとスムーズにいきました。

 

まとめ

 

1歳半の子が寝ないで遊ぶ、泣くときは、心のゆとりをもりましょう。

イライラしてしまうと余計に子どもに伝わってしまいます。

 

心にゆとりが出るだけでも、子どもへの接し方が変わってきますよ。

子どもをリラックスして寝かせるためには、ママもリラックスして愛情をたっぷりかけてあげると安心して寝てくれます。

 

スムーズな寝かしつけは、子どもの成長、自分の休息・自由時間につながります。生活リズムを見直して、寝かしつけの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!