1歳半なのに歩かない!パパママが今すぐにできる3つのこと

walking_baby

1歳〜1歳半くらいにもなると歩けるようになる子が多くなります。

そんな中、自分の子供がなかなか歩かないと不安ですよね。

 

僕の子は1歳くらいで歩きましたが、歩くようになるまではかなり不安な日々を送っていました。

  • 歩かなくて不安だな
  • 何かできることないかな?
  • 親が補助して歩かせてみるのはダメなのかな?等

 

色々考えましたが、結論として以下の3つが効果的であると感じました。

歩かせるのに効果的な方法

  • 自信を持たせる
  • やる気を出させる
  • 環境を整える

 

この記事を読むことで上記3つの歩かせるための具体的な手法が分かり、1歳2か月、3か月~1歳半と子供が歩かないことに対する不安が軽減されます。

 

一つずつ解説していきますので興味を持って頂けた方は読み進めてください。

 

スポンサーリンク

 

歩くようになる方法その1:自信を持たせる

赤ちゃんだって立派な人間です。
自分の行動を肯定してもらえるだけで自信がつきます

そして、自信がつくことで更にチャレンジするようになるのです。

 

例えば、こんな話があります。

葉っぱを3つ用意してポジティブ、ネガティブ、無視の3つの声かけパターンで発育を確認すると、ポジティブがもっとも成長し、無視は最も腐る。

1歳半の「歩かない」を「歩く」に変える魔法!葉っぱへの声かけパターンで発育が変わる!?

 

人もこれと一緒でポジティブな声かけをするだけで自信がついて自然とすくすく成長していくことができるんですね。

だとしたら、やらない理由はないですよね?

 

具体的には“できていること”に目を向ける必要があります。

 

これは発達障害の二次予防にもなり、困難に立ち向かえる子供に成長するための大事なポイントでもあります。(詳しくは以下のリンクを参照)

子供の発達障害について解説! – 子育てのミカタ

 

スポンサーリンク

歩くようになる方法その2:やる気を出させる

あなたの子供が好きなものやおもちゃをぎりぎり届きそうな位置に置く。

 

大人でもそうですが、最初の一歩は小さくして徐々に距離を遠くしていきます。
今出来ていることの少しだけ上を目標にするのがおすすめです。

 

子供は魅力的なものが届きそうな位置にあればそこに移動します。

それをうまく活用すれば自然とやる気を出させる行動を促すことも可能です。

 

歩くようになる方法その3:環境を整える

チャレンジをしようとしても掴めるものがなければ赤ちゃんにとっていきなり立つことは用意ではありません

 

そこで、周りにつかまり立ちしやすい物(丁度良い高さのソファーやテーブル・イス等)を置くと効果的です。

ただ、家に丁度良い物がないと購入するのも大変ですよね。

 

ですので、そういった場合はつかまり立ちや歩きはじめの子供が多い環境に行ってみるのはいかがでしょうか。

 

支援センター、児童館、リトミック教室、プレイランドのある施設等に行けると良いですね。

 

最後に

唯一やってはいけないのは他の子供と比べること。

 

ただ、比べてはいけないと言いつつ、1歳4か月、1歳5か月、1歳半と経過しても他の子との差が顕著だと感じた場合は発達障害を疑い、地域の保健師さんに相談すべきだと思います。

 

そもそも発達障害は特定の基準があるわけではないそうですね。初めて知りました。(※詳細は上記「子育てのミカタ」リンクを参照)

 

育児は楽しくも大変なものですが、親が不安だと子供に敏感に伝わります。

最後まで歩かない子供はそういません。

自信を持たせつつ、子供以上に子供のことを信じてあげましょう。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク