1歳の抱っこ紐!コンパクトで簡単なおすすめをまとめました

ergo

人気の抱っこ紐を買ったけれど、抱っこ紐が重くてかさばる…。

1歳になってそろそろ抱っこ紐の買い替えの時期がきたのかも…。

1歳の子供とお出かけの時に、荷物が多いのに、抱っこ紐もかさばって重いことがあります。

 

そんなときには、コンパクトで簡単に収納できるタイプの抱っこ紐への買い替えを考えてみましょう。

ここでは、コンパクトにまとまって簡単な抱っこ紐のおすすめを5つご紹介いたします。

ぜひ参考にして、1歳の子供と快適なお出かけライフを楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク

 

1歳が使える抱っこ紐のタイプとは?

1x1.trans - 1歳の抱っこ紐!コンパクトで簡単なおすすめをまとめました

まずは、抱っこ紐の種類について調べました。

1歳が使える抱っこ紐は、大まかに分けると3つのタイプがあります。

「スリングタイプ」、「キャリータイプ」、「ウエストポーチタイプ」の3種類です。

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

 

「スリングタイプ」は軽くて持ち運びが便利です。

デザイン性も高く、おしゃれママさんが使っているのをよく見かけます。

すぐに抱っこができるし、そのまま授乳したりもできるので便利です。

 

ただ、使用方法が慣れるまで難しいという意見もあります。

また、きちんと装着してあげないと落下や窒息、股関節脱臼の可能性もあるので、必ず使用方法を守って使う必要があります。

 

 

 

次に「キャリータイプ」について。

キャリータイプは、愛用する人が多く、一般的によく使われているタイプの抱っこ紐です。

有名な「エルゴベビー」はこちらのタイプです。

 

がっしりとした作りで安定感が抜群なので、子供の態勢にも安定感があり、安心して使えます。

これ一つで縦抱き、横抱き、前向き、おんぶなどでいくつかの種類の抱っこができます。

 

ただ、コンパクトにはならないので、持ち運びには不向きです。

でも、長時間抱っこして歩く方には、こちらのキャリータイプがおすすめです。

私の子も、ベビーカーに乗らない子供だったので、エルゴベビーを3歳ごろまで愛用していました。

 

そして、両手も空くのでとても便利です。

両手が空くと、上の子と手を繋いだりもできますよね。

 

 

 

最後に「ウエストポーチタイプ」についてです。

ちょっと抱っこしてあげたいときにおすすめです。

すぐに抱っこができます。

 

商品によっては、折りたためるものもあり、コンパクトに収納できます。

でも、落ちないように支えてあげないと階段で転落してしまうこともあるので、注意をして使わないといけません。

それぞれのタイプによって、良し悪しがあるので、自分たちのニーズに合った商品を選んでみてくださいね。

 

 

1歳の抱っこ紐の買い替えに!コンパクトで簡単なおすすめをまとめました

 

それでは、1歳の抱っこ紐で、コンパクトに収納できて簡単なおすすめ商品についてみていきましょう。

1歳になって、そろそろ抱っこ紐も買い替えたいと思ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちょっとしたお出かけや旅行に持ち運びしやすい人気商品を中心に5つ選んでみました。

 

 

1歳の抱っこ紐!スリングタイプには簡単な「tonga fit (トンガフィット)」

1x1.trans - 1歳の抱っこ紐!コンパクトで簡単なおすすめをまとめました

スリングタイプではこちらの商品をおすすめします。

7ヵ月から、3歳ごろまで使えます。

体重は15kgまで大丈夫です。

斜め掛けで抱っこができます。

持ち運びもとても便利です。

 

 

網目状になっていて、軽くて、たたんで小さくなる商品です。

1歳の子供はちょっと歩くけど、すぐに始まるのが抱っこですよね。

抱っこと言われたときに、すぐに装着できます。

サイズ選びが難しいようなので、試着してからの購入をおすすめします。

 

【参考URL】

1歳におすすめの抱っこ紐!軽くて小さいトンガフィット!

 

 

 

 

1歳の抱っこ紐!コンパクトに持ち運びしやすいのは「mont-bellポケッタブル ベビーキャリア」

1x1.trans - 1歳の抱っこ紐!コンパクトで簡単なおすすめをまとめました

アウトドアメーカーで有名なmot-bellから、ポケッタブルベビーキャリアが発売されています。

対面抱っこは4ヶ月から2歳まで(13kgまで)、おんぶ抱っこは6ヶ月から3歳まで(15kgまで)使えます。

 

こちらは、対面抱っことおんぶ抱っこの2種類の抱き方ができます。

こちらの商品のすごいところは、前面のポケット部分に抱っこ紐をコンパクトに収納できること。

収納サイズは、高さ15×幅22×奥行き7cm。

 

 

とても小さいです!

 

そして、重さはなんと375グラム!

驚くほどの軽さですよね。

 

 

小さくして、持ち運びができるのでちょっとしたお出かけのときや、旅行のときにとても便利です。

洗濯機で丸洗いもできます。

デザインもアウトドアブランドだけあってとてもおしゃれ!

周りのママとかぶりたくない人にもおすすめします。

 

 

参考までに使用している方の口コミをご紹介します。

・細身のアウターのコートに響かないのでつけやすい。

・ちょっと使うのはいいけれど長時間は辛い。

 

1歳におすすめの抱っこ紐はコンパクト収納のポケッタブル ベビーキャリア

 

 

 

 

1歳の抱っこ紐!超軽量でコンパクトサイズになる「Boba Air(ボバエアー)」

1x1.trans - 1歳の抱っこ紐!コンパクトで簡単なおすすめをまとめました

首が座った3か月の頃から20kgの子供まで使えます。

対面抱っことおんぶ抱っこの2種類の抱き方ができます。

こちらの商品はなんと重さが、驚きの超軽量410グラム!

 

生地が薄いのでとても軽いです。

持ち運びがとても楽で、肩にも負担がかかりにくい安心設計です。

たたんでバッグに収納できるのでとても便利。

 

そして大きなポケットがないので、とてもスタイリッシュなデザインです。

おしゃれなママさんにおすすめ商品です。

 

 

 

また、「エルゴベビー」は、1歳になると子供が後ろに反り返った時に飛び出そうになって怖いという声もありますが、ボバは、背当てが長めに作られているので飛び出しにくいそうです。

子供との密着度も高いので安心感があるとの声も。

装着も簡単で、サイズ調整も楽なので旦那さんとの共用も可能です。

 

1歳におすすめの抱っこ紐は安心感があってスタイリッシュなボバエアー!

 

 

 

 

1歳の抱っこ紐!安心の日本製、簡単でコンパクトな「キューズベリー」

1x1.trans - 1歳の抱っこ紐!コンパクトで簡単なおすすめをまとめました

次に、日本製の安心ブランド「キューズベリー」をご紹介します。

首すわりの頃から15kgまで使えます。

対面抱っことおんぶ抱っこの2種類の抱き方ができます。

 

エルゴベビーが欧米人向けで体に合わなかったパパやママでもこちらの商品は日本人向けの商品なのでサイズが合うようです。

こちらの商品もコンパクトにたたんで収納ができます。

収納サイズは、15×31㎝で厚みは7cmくらい。

 

 

 

重さは640グラムの商品と680グラムの商品があります。

デザインもデニムやストライプなど、凝ったデザインなのでとても素敵です。

ママの肩や腰に負担が少ないように設計されていたり、子供の股関節の開き具合に関しても無理の内容に設計されているので安心して使えます。

ちなみに強度の検査をしたときに108kgmで耐えられると証明されているそうです。

 

 

こちらのキューズベリーは、「赤ちゃんの体重が軽く感じる」、「子供を起こさずにさっと下ろせる」という声がありました。

実店舗があるので、もしお近くに店舗があればぜひ試してみてくださいね。

本店サイトでの購入は、30日間限定ですが、返金保証がついています。

もし合わなかった時でも安心して購入できますね。

 

1さいにおすすめの抱っこ紐!日本製で安心!簡単!なキューズベリー

 

 

 

 

1歳の抱っこ紐!簡単装着ウエストポーチタイプのPOLBAN(ポルバン)

1x1.trans - 1歳の抱っこ紐!コンパクトで簡単なおすすめをまとめました

老舗の抱っこ紐メーカーLUCKY(ラッキー)からは、ウエストポーチタイプのPOLBAN(ポルバン)をご紹介します。

肩ベルトのないウエストポーチタイプになります。

7ヵ月から3歳ごろまで使えます。

 

腰抱っこの場合は、最大で体重が15kgまで使えます。

対面抱っこ、前向き抱っこ、腰抱っこの3種類の抱き方ができます。

抱っこ、歩くを繰り返してしまう1歳の子供にとても良い商品です。

 

簡単に装着できて、子供を乗せるだけなので簡単に使えます。

肩こりのあるママにはこのタイプが楽かもしれません。

 

 

 

もし不安定さが怖いというときには、別売りでショルダーベルトもあります。

ポーチとして、ちょっとした財布なども入れられるので近所へのお出かけも便利ですよ。

「暑すぎる夏場には、使いやすい。」、「長時間は疲れる。」などの意見がありました。

 

1歳におすすめの抱っこ紐!肩こり軽減で3種類の抱っこができるポルパン!

 

 

スポンサーリンク

 

1歳の抱っこ紐!買い替え前にチェックしたいポイント

1x1.trans - 1歳の抱っこ紐!コンパクトで簡単なおすすめをまとめました

抱っこ紐の買い替え前にチェックしておきたい5つのポイントについてまとめました。

 

ここがポイント
  • 対象年齢と体重制限についてチェックする。
  • パパとママが兼用するときに、サイズ調整が可能か。
  • 通気性が良いか。
  • 肌に優しいか。
  • 類似品には注意!安全性は「SGマーク」で確かめる。

 

 

それぞれ細かく見ていきましょう。

 

 

1歳の抱っこ紐! 対象年齢と体重制限についてチェックする

 

新生児から使えるものもあれば、首が座ってから使えたりするものもあります。

何歳ぐらいまで使えるのかどうかも確認しましょう。

また、体重制限についてもどのぐらいまで大丈夫なのかチェックしてくださいね。

 

 

1歳の抱っこ紐! パパとママが兼用するときに、サイズ調整が可能か

 

お出かけの時にパパが抱っこしてくれることも。

夫婦で兼用する場合には、サイズ調整ができるかどうかもチェックしたいポイントの一つです。

抱っこ紐の中には、サイズが大きく調整できるものもあれば、あまり調整できないものも。

 

できれば、二人で試着した上で確認したほうがいいかもしれません。

もしネットで購入するのであれば、調整できる幅について記載があって、調整幅の大きいものを選んだほうがいいです。

 

 

1歳の抱っこ紐! 通気性が良いか

 

子供はとても汗っかきですよね。

選ぶ時には、通気性がよいかどうかも確かめたいポイントです。

 

最近は、素材はメッシュ素材などもあります。

夏の暑い盛りに、抱っこ紐で密着しなければいけないのは、大変ですよね。

通気性がいいかどうかも確認してみてくださいね。

 

 

1歳の抱っこ紐! 肌に優しいか

 

子供のお肌はとても敏感です。

肌に優しい抱っこ紐かどうかも確認しましょう。

綿の素材は、肌に優しいですよね。

できるだけ肌に優しい抱っこ紐を選びましょう。

 

スポンサーリンク

 

1歳の抱っこ紐! 類似品には注意!安全性は「SGマーク」で確かめる

 

5年ぐらい前ですが、エルゴベビーの偽物がたくさんネットに売られていたとニュースになりました。

類似品や模造品は、安全性が確かめられていないので、購入はしないでください。

子供がけがをしてしまう危険性が高いです。

 

 

安全かどうかは、「SGマーク」で確かめてから買ったほうがいいです。

SGマークとは安全基準を満たした商品かどうか確かめることができるマークです。

 

 

これまで落下事故が相次いだため、2015年に基準値が厳しくなったそうです。

安いからといって、ネットオークションやフリマアプリであまりにも古いものは買わないほうがいいかもしれません。

 

 

大事な子供に使う抱っこ紐だからこそ、安全なものかどうか確かめてから買ってくださいね。

特に抱っこ紐を使いながら自転車で移動せざるを得ない時には、安全性の高いものを必ず選んでください

 

 

まとめ

最近は色々な商品が発売されていて、とても迷ってしまいますよね。

できれば、パパも一緒にお店に行って試着してから買うことをおすすめします。

自分と1歳の子供に合った抱っこ紐を選んでみてくださいね。

素敵な抱っこ紐に出会って、快適な育児ライフをお過ごしください。

 

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!