1歳のボディソープのおすすめ3選!大人用は使っていいの?

20180817-baby-bath1

産まれたときから使っていたベビーソープ。1歳にもなると大人用のボディソープに切り替えることを検討するお母さんも多いのではないでしょうか。

 

赤ちゃん専用のベビーソープって高いですし、お風呂場に物も増えて大変ですよね。

大人も子どもも共用できるボディソープにしたほうが経済面・管理面で楽ですし、なにより同じものが使えるって嬉しいものです。

 

私も息子が1歳を過ぎてから、「使っているベビーソープがなくなったら大人と同じボディソープに切り替えよう」と考えていました。

  • 「でも、種類が多くて選びきれない…。」
  • 「大人用だと添加物や防腐剤など、色々と入っていそうで不安!」

 

こんなふうに選ぶ時に迷ってしまいませんか?

 

1歳のボディソープは、どんなものがおすすめなのでしょうか。

1歳の子が、大人用のボディソープを使っても良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんがベビーソープを使う理由は?

1x1.trans - 1歳のボディソープのおすすめ3選!大人用は使っていいの?

そもそも赤ちゃんが専用のベビーソープを使うのには、このような理由があります。

  • 皮脂の分泌が激しい
  • 新陳代謝が激しい
  • 皮膚がデリケートで荒れやすい

ただ、いつまで使わなければいけないという決まりや制限はありません。

子どもの肌の様子を見てベビーソープを卒業していきましょう。

 

1歳のボディソープ。性質や添加物の違いは?

 

乾燥肌の子には汚れをしっかりと落とすアルカリ性

 

固形石鹸にはアルカリ性が多いです。

固形石鹸には無用な添加物も入っていませんし、乾燥肌の子どもにもおすすめです。

外遊びも増えてきて、手足の砂汚れを落とすのにもアルカリ性だとピッタリです。

 

肌が弱い子には肌と同じ弱酸性

 

弱酸性は、よくCMなどで耳にする言葉ですよね。肌が弱い子どもにも適した成分です。

肌が弱くても使えるもののため、基本的には弱酸性を選べば間違いないです。

 

添加物や香料に注意

合成香料は、子どもの肌には強すぎることもあります。

無添加とうたわれていても、ほかの合成香料が使われていることもありえますので、パッケージの成分表をよく確認しましょう。

 

合成香料は肌荒れになるもとですので、無香料か天然香料のものを選ぶようにすると安心です。

 

石けん素地・カリ石けん素地は安心

石けん本来の洗浄成分である「石けん素地・カリ石けん素地」という表記があると安心です。

 

 

1歳のボディソープにおすすめのタイプはどれ?

 

ボディソープには固定石鹸タイプ、液体タイプ、泡タイプの3つのタイプがあります。

それぞれの特徴をまとめてみました。

 

1歳におすすめの固形石鹸タイプのボディーソープ

 

メリットは?

価格も安く、長持ちして使えるのでコスパが良いです。

また余計な成分が入っておらず、洗浄力に優れています。

 

小さくまとまっているので、いくつかストックしておいても嵩張らないのも良いですよね。

汚れた服の下洗いにも使えるので、万能です。

 

デメリットは?

息子が乳児性湿疹だったので、生後1ヶ月から5か月頃まで石鹸を使っていました。皮膚科の薬も併用しましたが、やはり余計な成分が入っていないのが良かったようで、湿疹は治りました。

ただ、泡立てなければいけないので、赤ちゃんのお世話をしながらだと少しやりづらかったです。1歳だと動き回るので、片手は空けたいなと思って使っていません。

 

お子さんによっては、肌がつっぱって乾燥してしまうこともあるそうです。お風呂あがりには、保湿剤も塗ってあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

1歳におすすめの液体石鹸タイプのボディーソープ

 

メリットは?

保湿成分が入っているものもあり、しっとりとした洗いあがりになります。

天然香料入りのものを使ったことがありましたが、良いにおいでとても癒されました。

 

こちらも泡立てる必要がありますが、泡立てながら香りがふわっと出てくる感じです。

 

デメリットは?

香料が体に合わないお子さんもいるので、肌の様子を見てあげてください。

 

1歳におすすめの泡タイプのボディーソープ

 

メリットは?

ポンプを押せば泡で出てくるので、楽ちんです。しかも片手で出すことができます。

きめ細かい泡で、使い心地が柔らかい印象です。

 

デメリットは?

1歳の息子には洗浄力が弱い気がして、流しても「ぬるぬるするな」という印象でした。

 

息子が生後0ヶ月のときに、初めは泡タイプのものを使っていたのですが、色々入っている成分が合わなかったようで石鹸に切り替えました。

 

1歳のボディソープのおすすめ 大人用でも使えるもの

 

1歳の子が、大人用のボディソープに切り替えるときのおすすめをご紹介します。

私の息子に使ったものや、周りのお母さんの声からの口コミ情報です。

 

1歳ボディソープのおすすめ①ビオレu

http://www.kao.co.jp/bioreu/body_w/

 

CMで「弱酸性」と耳にすることが多いですよね。私はこれを使っています。

泡で出てくるタイプもあるので、楽ちんです。また、トラベルセットも売っているので揃えられて便利です。使いやすさと利便性で、今のところ利用しています。

 

乾燥肌の息子にも、問題なく使えています。洗いあがりは、スッキリときれいに洗えた印象です。

 

1歳ボディソープのおすすめ②ダヴ

 

敏感肌用もあるので、心配な方はこちらを選ぶと安心ですね。

私の周りでは、使っているお母さんが多めでした。

 

1歳ボディソープのおすすめ③ニベア

https://www.nivea.co.jp/Products/BodyWash

 

ニベアボディウォッシュもCMでよく見かけますが、もっちりとした泡が心地よさそうです。濃厚な泡で洗えるのが売りの商品です。

子どもにも問題なく使用できて、洗いあがりもしっとりとしているそうですよ。

 

1x1.trans - 1歳のボディソープのおすすめ3選!大人用は使っていいの?

 

1歳でボディソープを変えたら、シャンプーも使おう

 

1歳の子が大人用ボディソープに切り替えたら、頭をシャンプーで洗うお母さんも多いようです。

 

髪の毛が多い子や長い子は、1歳より前から頭皮の臭いや指通りが気になることもあるようです。

全身用のベビーソープやボディソープでは、髪の毛がケアしきれないのですね。シャンプーを使って、髪や頭皮をしっかり洗ってあげましょう。

 

1歳のシャンプーのおすすめ

 

メリット 泡で出てくるキッズシャンプー

 

http://www.kao.com/jp/merit/mrt_shampoo_foam_kids_00.html

泡で出てくるので便利です。コスパも良く、泡立ちも泡切れも良いです。

髪が長くなったら、コンディショナーも一緒に使いましょう。

 

ピジョン ベビーシャンプー

 

https://products.pigeon.co.jp/category/index-35.html

こちらも泡で出てくるタイプです。

お花のふんわりとした良い香りで、しっかりと頭皮の臭いもケアできます。髪もサラサラになり、絡まなくなります。

目にしみにくいノンシリコンシャンプーなので、安心ですね。

 

キャラクターものの泡シャンプー

イヤイヤ期でお風呂を嫌がるようになったので、キャラクターもので誘うことでお風呂に入れやすくなりますね。

 

ラックス、パンテーンなど大人用と一緒

暑い夏に頭皮の臭いがどうしても取れず、大人用シャンプーを使いました。すると洗浄力が違うのか、臭いもすっきりします。

ただ、大人用の使用は緊急時以外はできるだけ避けましょう。

 

まとめ

安心できる成分を理解して、子どもに合ったボディソープを選んであげましょう。私はこまめにボディソープを変えてみて、合わなければ残りは大人が使うようにしていました。

お母さんの使いやすいものを選ぶと、お風呂の時間も楽しくなりそうですね。

 

肌に合わなかったら皮膚科などに相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!