1歳のスケジュール!先輩ママが教える理想と現実!【体験談】

20180806_schedule

1歳にもなると生活リズムが整ってきて、1日のスケジュールも習慣づいてきます。

 

  • 1歳の子どもの1日のスケジュールってどんな感じ?
  • 「こうしたい」という理想はあるけれど…実際はどうなの?

 

私も実際に子どもが1歳になるまで、全く想像できませんでした。

1歳の生活のスケジュールや現実と理想の違いを、体験談をもとにお伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

 

1歳の1日のスケジュールは?

 

私の息子(1歳4ヶ月)の1日のスケジュールは、基本このような感じです。

ちなみに、1歳2ヶ月で断乳を完了しています。

 

時間 内容
6:00 子どもに起こされて起床
7:00 朝食
8:00 子ども番組を見せている間に家事
9:00 支援センターに外出、もしくは遅番出勤の旦那と家で遊ぶ
12:00 昼食
13:00 ベビーカーで散歩、そのまま昼寝
15:00 おやつ
16:00 子ども番組を見せている間に家事
17:00 外遊び(夏)か室内遊び
18:00 お風呂
19:00 夕食
20:00 就寝

 

 

1歳のスケジュール:ポイント①起床

 

子どもが勝手に起きだします…。

朝6時前後に起きることが多く、できればもう少しゆっくり寝ていてほしいのが本音です。

 

オムツ交換と水分補給だけして、しばらく寝室で遊んでいてもらい、私はちょっとだけ横になっています。

ですが、一人遊びに飽きると顔をペシペシ叩かれ、髪をひっぱられ、馬乗りされます…。寝ていられなくなり、リビングに移動します。(涙)

 

周りのお母さんの話を聞くと、

  • 夜泣き対策で21時就寝。朝は8時まで寝ている。
  • 22時までなかなか寝てくれない。朝8時に起こして、上の子の幼稚園の送迎に連れて行く。
  • 20時に寝て、朝7時頃に起こして保育園へ行く。

 

など、各家庭の生活のスケジュールに合わせて、その子のスケジュールができていくようですね。

 

1x1.trans - 1歳のスケジュール!先輩ママが教える理想と現実!【体験談】

 

1歳のスケジュール:ポイント②食事

 

生後10ヶ月頃から3回食を始めたのですが、その頃からモリモリと食べてくれるようになりました。(それより前の時期は、離乳食を泣いて嫌がって食べず、苦労しました…)

食事の中身は大人と似たようなものが多く、ご飯も少し柔らかめに炊いています。

私も、子どもと一緒のタイミングで食事をします。

 

1歳からは3回の食事と、おやつ(捕食)を与えています。朝は時間が惜しいのでレトルトが多いです。

私や主人のご飯や食器を欲しがり、ご飯を食べさせるのにはいつも苦戦しています。

 

1歳のスケジュール:ポイント③昼寝の寝かしつけ

 

生後2ヶ月から、ベビーカーで散歩をしているうちに寝るようになりました。散歩から帰ってきたら、玄関でベビーカーに寝かせたままにします。

 

散歩でも寝ない時・雨で散歩ができない時は、断乳前は添い乳でした。断乳後に散歩以外での寝かしつけはまだ模索中です・・・。

支援センターの帰りに自転車で寝てしまい、昼ごはんが遅れることもありますが、好きに寝かせています。

 

ママ友から、「ガーゼとか安眠グッズがあると良いよ!」とアドバイスをもらったのですが、なかなかそういったグッズが見つからず、抱っこでしか寝てくれないので苦戦しています。

 

1歳のスケジュール:ポイント④遊び

 

1日のうち、一緒に遊べる時間を作ろうと頑張っています。

  • 積み木などのおもちゃで一緒に遊ぶ
  • 手押し車に乗せて動かしてあげる
  • 手遊び、こちょこちょ遊び
  • 追いかけっこ

 

など、子どもと向き合って遊ぶようにしています。外出できるときは支援センターで一緒に遊んでいます。

また、私の主人はサービス業で、早番・遅番のシフト制になっています。遅番の日は、午前中に子どもと遊んでくれることがあります。仕事に差し支えないように、休息を優先しながら室内で遊んでもらって、その間に家事や買い出しをしています。

 

歩き始めたのが1歳1ヶ月からですが、靴を買ってからまるまる1ヶ月は履くのを嫌がって外遊びはしていませんでした。

1歳2カ月からお散歩や公園遊びなども始めています。

 

1x1.trans - 1歳のスケジュール!先輩ママが教える理想と現実!【体験談】

 

1歳のスケジュール:ポイント⑤夜の寝かしつけ

 

お風呂・夕飯・歯磨きが終わったら、絵本を読んでから寝室に行きます。寝る前の儀式のようなものですね。

暗くした寝室で、ぎゅ~っと抱っこしておしゃべりをしながらスキンシップをとります。この時間がとても幸せな時間ですね。

そうしているうちに眠くなってくるので、添い寝しながら背中をトントンとして寝かしつけに入ります。20時頃に寝てくれることが多いです。

 

断乳してからは、一晩中寝ています!

 

1歳のスケジュールが整っていると何が良いの?

 

スケジュールが整っていると、色々と計画がたてやすくなります。

 

例えば、

  • 「お昼前に昼寝をしちゃったから、眠くなるのが早そうだな。夕飯とお風呂を早めにしよう」
  • 「今回は遠出になるから、昼寝の時間に合わせて車移動しよう」

 

こんなふうに、子どもの特徴と合わせてスケジュールを組むことができます。

私の子どもは、車・自転車・ベビーカーに乗ると寝てくれるので、移動時間を昼寝に充てることが多いです。

 

用事があってスケジュールが崩れても、どのくらい崩れたのかがわかるので調整がしやすいです。

 

スポンサーリンク

 

1歳のスケジュール、理想と現実の違い

 

1歳になったときの生活のスケジュールは、「こんなふうにしたいなぁ」という【理想】と、「実際は違った!」という【現実】がいくつかあります。

私の体験談をいくつかお話します。

 

【理想】寝かしつけの後は自由な時間!→【現実】寝かしつけで一緒に寝落ち

 

月齢が低いうちは、「1歳になったら夜はしっかり寝てくれるはずだから、子どもが寝ているうちに家事をやろう!」と思っていました。

 

たしかに夜は寝落ちせず自由な時間がとれるのですが、昼寝は一緒に寝てしまうことが多いです…。

周りのお母さんには、「毎日疲れて寝落ちしちゃうんだよね~」という方や、「夜寝かしつけた後に、録画したドラマを旦那と見ているよ」という方もいますね。

 

子育てには体力・気力がいります。寝て体力を回復することや、自分の時間をもつことは大切ですよね。イライラせずに、余裕をもって子育てや家事などができます。

 

寝落ちしても、「自分の体に素直になって休息してるから良いんだ」と思うようにしています。

 

【理想】子どもとたくさんお出かけしたい!→【現実】大変さが勝り、出不精に…

 

「産後間もないうちは無理だけど、1歳になったら歩けるし、たくさんお出かけしたいなあ」と思っていたのですが、子どもとのお出かけって大変なんですよね…。

不器用な私は、日々の家事のルーチンでいっぱいいっぱいになります。お出かけした後に家事がどっさりと残っているのも憂鬱です。

 

でも「息子のためだ!」と思って、支援センターや近場のショッピングモールには少しずつ通い始めています。

自分たちのペースで少しずつ頑張っています!

 

1x1.trans - 1歳のスケジュール!先輩ママが教える理想と現実!【体験談】

 

【理想】子ども番組を一緒に見ながら歌を歌いたい→【現実】子ども番組を見せて家事!

 

子どもの月齢が小さいうちは、「1歳くらいになったらコミュニケーションがとれるだろうから、子ども番組を一緒に見て、歌や踊りを楽しみたいなあ~」なんて思っていました。

 

ですが、現実は「大人しく見ているうちに家事をやってしまおう!」に変わっています…。もちろん、一緒に歌ったり踊ったりすることも多いです。

テレビやユーチューブの見せすぎは悪影響になることもあるので、注意してうまく活用しましょう。

 

1.2歳以下の子どもには,テレビ・ビデオを長時間見せないようにしましょう.
内容や見方によらず,長時間視聴児は言語発達が遅れる危険性が高まります.

2.テレビはつけっぱなしにせず,見たら消しましょう.

3.乳幼児にテレビ・ビデオを一人で見せないようにしましょう.

見せるときは親も一緒に歌ったり,子どもの問いかけに応えることが大切です.

4.授乳中や食事中はテレビをつけないようにしましょう.

5.乳幼児にもテレビの適切な使い方を身につけさせましょう.

見おわったら消すこと.ビデオは続けて反復視聴しないこと.

6.子ども部屋にはテレビ・ビデオを置かないようにしましょう.

【日本小児科学会 こどもの生活環境改善委員会】

『乳幼児のテレビ・ビデオ長時間視聴は危険です』より一部引用

http://www.hakujyuji.com/media-syounikagakkai.htm

 

 

■まとめ

1歳のスケジュールができあがったら、それをうまく利用して楽しい日々を送りたいものです。

もちろん、お母さん一人一人のキャパシティは違いますし、お子さんにも個性があると思います。

 

二人のペースで、無理なく生活のスケジュールを作っていってくださいね。

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!