1歳の靴サイズの目安は?足タイプ別の具体的な選び方を解説

baby-shoes1

子どもが歩き始めたら、気になってくるのが靴のことではないでしょうか。

  • 「子供の靴のサイズは何センチだろう…どうやって測ったら良いの?」
  • 「色んなタイプがあるけれど、靴ってどう選ぶんだろう?」

意外とわからないことばかりですよね。

私は、先輩ママから

「足に合わない靴だと、歩き方に癖が出てくることもあるよ!歩き始めの大事な時期だから、しっかり見たほうが良いよ。」

とアドバイスをもらい、1歳の子どもに合った靴について調べ回りました!

1歳の子どもの靴のサイズはどのくらいなのでしょうか。

また、足のタイプに合った靴を選ぶポイントは何でしょうか。

靴の選び方についても、詳しくお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

子どもの靴はいつから履かせれば良いの?

歩き始めは子どもによってそれぞれ違いますが、1歳前後になると多くの子がひとり歩きを始めます。

10歩くらい歩けるようになった時が、ファーストシューズを履かせる目安になります。

私の子どもは、1歳1ヶ月頃に10歩ほど歩くようになったので靴の購入を決めました。

お子さんの成長に合わせて、靴を購入する時期を決めましょう。

 

1歳の子どもの靴のサイズの目安は?

あくまで目安になりますが、1歳近くの子どもの靴のサイズは以下のようになっています。

月齢 サイズ
6ヶ月~ 1歳 11~12cm
1歳 ~ 1歳半 11~13cm
1歳半~ 2歳 12~14cm

 

私の子どもの足の長さをお店で測ってもらったところ、1歳1ヶ月で12.0cmでした。
サイズを知りたい時は、どのように測ったら良いのでしょうか?

 

1歳の子どもの靴のサイズの測り方

お店でシューフィッターさんに足のサイズを見てもらう

子ども用シューズが並んでいるお店に行くと、シューフィッターさんという専門の方がいてサイズを計測機で測ってくれます。

初めてで不安な方や、専門の人に相談したい場合はお店で測ってもらいましょう。

 

シューズメーカーの計測シートを使ってサイズを測る

家でも手軽に測りたい場合は、計測シートがダウンロードできるサイトがありますので、印刷して使いましょう。

靴サイズ計測シート

中敷きを使って足のサイズを見る

靴によっては中敷きがあるものもあります。

中敷きをとって足に当ててみると、つま先からどのくらい余裕があるか見ることができます。

私が買った靴には中敷きが入っていたので、これを見てつま先からの余裕が5ミリほどになったら買い替えの目安だと教わりました。

 

足タイプ別の靴の選び方

子どもの足のタイプを知ろう

今まで私は、「靴は足の長さだけ分かれば買えるでしょ?」と思っていたのですが、足のタイプにも色々とあるようです。
メーカーの計測シートで、以下の項目を測ってみましょう。

  • 足長…かかとからつま先までの長さ
  • 足囲…母趾の付け根と小趾の付け根の1番太いところ

 

私は「うちの子は身長も体重も標準だし、足だってきっと標準だろう」と思っていました。

ですが、実際に測ってもらってみると、幅が広めで甲も高めだということが分かりました。

肉付きがよく、ムチムチしていたみたいです。

本当に、測ってみないとわかりませんね!

 

1歳の子どもの靴のサイズと足のタイプに合う、靴の選び方

サイズがわかったら、足のタイプ別に靴を選びましょう。

足の幅が広いタイプ

普通のサイズの靴にしてしまうと、足の幅の部分がきつくなって負担がかかります。

拇指の部分が広くなっている、幅広タイプの靴を選びましょう。

 

息子がこのタイプでしたが、シューフィッターさんにこのように説明してもらいました。

「足の長さが12.0cmなので12.5cmの靴が良いですね。でも幅広なので普通の靴だときつそうです。

ワンサイズアップして13.0cmの靴にすれば、靴全体が大きくなるので足の幅もカバーできますが、それでは足の長さが合いません。

合わないとガポガポしてしまうので、12.5cmの幅広のタイプの靴を選んだほうが良いですよ。」

説明を聞くと、「確かに!しっかり幅広タイプを選ばないとなぁ!」と納得しました。

 

足の甲が高いタイプ

マジックテープが長くて、足の甲が高くてもスッポリ包んでくれるようなタイプの靴が良いです。

このタイプにも該当する息子に、いくつか靴を履かせてみました。

マジックテープが短いと、ギリギリのところまでしか届かず、きつそうに見えました。

また履き口が大きく広げられると、甲が高くても履かせやすいです。

 

足がスリムなタイプ

スリムな足の形にしっかりとフィットするタイプの靴を選び、ベルトで足を固定できるタイプの靴を選びましょう。

ブカブカだと、転ぶ原因にもなってしまいます。

店頭の靴を見ると、スリムな足に合うタイプの靴もありましたよ!

 

 

1歳の子どもの靴を選ぶときのチェックポイント

靴を選んだら実際に履かせてみて、以下の6点をチェックしてみましょう。

靴底が柔らかい
指の付け根のところで、しなるような柔らかさがある靴にしましょう。

靴底が硬いと足裏に負担がかかり、成長を妨げてしまいますし、歩き方に癖がついてしまう原因にもなります。

実際に手に取って確かめてみましょう。

 

つま先に7~10mmほど余裕があり、広い
子どもの足の指をよく見ると、丸まっていませんか。

シューフィッターさんの話によると、歩くときにも足の指を丸めたまま歩いているそうです。

だんだんと歩き慣れてくると指も真っ直ぐになっていき、足の長さも成長していきます。

足全面と足の指でしっかりと体重が支えられるよう、つま先の部分の余裕が必要になります。

 

かかとがしっかりしており、ハイカットタイプになっている。
歩き始めの子どもの足首は、未発達です。ハイカットタイプで足首をカバーし、捻挫などのケガがないように支える必要があります。

足首が自由に動かないので、ちょっときつそうに見えますよね。歩き慣れた頃からは、ローカットタイプに切り替えましょう。

通気性が良い
子どもは新陳代謝がよく、汗をかきやすいので通気性が良い靴を選びましょう。

夏の時期にはメッシュの生地のものもおすすめです。

可愛らしいサンダルも多く並んでいますが、ファーストシューズとしては不向きです。歩き慣れたら良いかもしれませんね。

つまずきを防ぐため、先端が反り返っている
横から見るとよくわかりますが、ベビーシューズの先端が上に曲がっているものが多いようです。

これは、よちよち歩きの子どもがつまずきにくくする為です。

子どもと大人の歩き方には、こんな違いがあります。

  • 大人はかかとから着地して、つま先で地面を蹴る
  • 子ども(よちよち歩きの赤ちゃん)は、すり足で進む

この歩き方の違いをイメージして、つまずきにくい靴を選びましょう。

履き口が大きく開き、マジックテープで留めやすい
子どもに靴を履かせるのは私たち親ですから、履かせやすく脱がせやすい靴を選びましょう。

履き口が大きく、広がりやすいものを選ぶと良いですよ。

マジックテープだと留めやすいうえに、サイズの微調整もできます。

 

1歳の子どもの靴のサイズはどのくらいで変わる?

子どもの足のサイズは、3歳頃までは1年間に1.5~2.0cmも成長するそうです。

3ヶ月を目安に測り直して、適した靴を買い替えましょう。

ただ正直な話、

  • 「こんなに小さな靴なのに、大人の靴と同じくらいの値段なの!?」
  • 「すぐ大きくなるし、何足も買わないといけないのはきつい!」

なんて思ってしまいませんか?

でも、シューフィッターさんいわく、「子どもの靴って、成長のためにとても大事!」なんだそうです。

元気に成長してくれるためだと思って、足に合った靴を履かせてあげましょう!

 

まとめ

我が子が初めて靴を履いたときは、それはそれは可愛くて、親バカですが感動モノでした!

行動範囲がさらに広がり、公園やお散歩、お買い物などお出かけが楽しくなりそうですよね。

子どもの成長のためにも、足のサイズやタイプを知り、最適な靴を選びましょう。

分からないことや不安なことは、お店の店員さんに聞いてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!