1歳のイヤイヤ期はいつから?ご飯を食べない時の対処法は?

20180921_kid_cry (18)

1歳半ごろから急に始まるイヤイヤ期。

おむつ替えを嫌がったり、ご飯も食べてくれない…。

イヤイヤ期はいつから始まるの?ご飯を食べない時の対処法はあるの?

 

今回は、今すぐできる対処法について調べてみました。

イヤイヤ期は大変ですが、子供の成長過程で必ず起こるもの。

すぐにできる対策から始めて、親子で乗り越えましょう。

 

スポンサーリンク

 

1歳のイヤイヤ期はいつからいつまで?イヤイヤするのはどんなとき?

1x1.trans - 1歳のイヤイヤ期はいつから?ご飯を食べない時の対処法は?

イヤイヤ期って本当に大変!

2歳ごろの子を持つママたちから、こんな声をよく聞きます。

でもイヤイヤ期はいつから始まるの?どんなときにイヤイヤするの?

まずは、イヤイヤ期について見ていきましょう。

 

 

イヤイヤ期はいつからいつまで?

 

イヤイヤ期はいつごろから始まって、いつぐらいまで続くのでしょうか。

イヤイヤ期は早い子で1歳半に始まり、2歳がピークで4歳ごろに落ち着くと言われています。

イヤイヤ期の日々は、本当に大変ですよね。

短い子もいれば、長くて4歳ぐらいまでの子も。

 

イヤイヤ期の長さも子供によって個人差があります。

いつかは終わると分かっていても毎日本当に大変ですよね。

私も、子供がイヤイヤ期の頃は、毎日イライラして子供に辛く当たってしまったことがあります。

 

 

1歳がイヤイヤするのはどんなとき?

 

それでは、1歳の子供がイヤイヤするのはどんなときが多いのでしょうか。

イヤイヤするのはどんなときか調べてみました。

  • 歯磨きがイヤ!
  • ご飯を食べたくない。
  • いつも同じ服が着たい。
  • まだ帰りたくない。
  • 公共の場で騒ぐ。
  • 友達のものを取ってしまう。
  • 自分でできないのにやりたがる。
  • 体調が悪い。
  • 甘えたい。

 

子供たちのイヤイヤは数え上げるとキリがありません。

ここで、幼児教育者で20年にわたり、子どもの心理などを研究している日本キッズコーチングで理事をつとめる竹内エリカ先生が、イヤイヤ期について書いているのでご紹介します。

この時期は感情のコントロール方法を学ぶので、おうちの方が無理な要求まで聞き入れていると、子どもは「泣けば言うことを聞いてもらえる」と学習してしまいます。大切なのは、「イヤなのね」と感情は受け止めながらも、行動はゆずらないこと。「やりたくない!」という主張は受け流し、別のことに気をそらしたり、タイミングを変えて再び声をかけたりして乗り切りましょう。

引用元:https://hugkum.sho.jp/5754

 

 

イヤイヤ期は子供にとって、感情のコントロールを学ぶ大事な時期なんです。

ここがポイント
  • 泣けば言う事を聞いてもらえると思ってしまうので、注意する。
  • 子供の感情を受け止めつつ、やるべきことはさせる。
  • 別のことに気をそらす。
  • タイミングを変えてまた声かけをする。

子供たちにとって、気持ちをわかってもらえないことがイヤなのです。

 

そんなときには、ママが子供の声に耳を傾けて、受け止めてあげましょう。

イヤイヤが始まったら、別のことに気をそらしてあげたり、また少し時間をおいてから声をかけてあげたり。

でもまだ1歳のイヤイヤは本格的なイヤイヤ期と比べると、そこまで大変ではないようです。

 

 

まだやっと話し始めたばかりの子や、単語で話す子が多いため、親もイヤイヤ期と気づかない場合も。

徐々に月齢が進むにつれ、段々と何をやっても拒否するようになり、イヤイヤ期に入ったと気づきます。

 

 

イヤイヤ期は大変ですが、子供にとって、健全にまっすぐ成長しているから。

永遠に続くものではありません。

いつかは卒業します。

1歳のイヤイヤ期には、子供の心に寄り添って、耳を傾けるようにしたいですね。

 

スポンサーリンク

 

1歳のイヤイヤ期 ご飯を食べない時の対処法は?

1x1.trans - 1歳のイヤイヤ期はいつから?ご飯を食べない時の対処法は?

1歳がご飯を食べない時にはどうしたらいいのでしょうか。

まず最初に、1歳がご飯を食べないイヤイヤってどんなときかまとめました。

  • 「ご飯だよ!」と言われても、椅子に座らないで逃げる。
  • 「ご飯だよ!」と言われても無視して、遊ぶ。
  • 無理矢理座らせると泣いて嫌がる。
  • 椅子から脱走する。
  • 少し食べて、「イヤ!」と言って食べない。
  • 前に食べても、今日は食べたくない。

せっかく作ったのに、ほとんど食べてくれない…。

 

イヤイヤに振り回されて、ママもイライラを抑えるのは大変ですよね。

それでは、1歳がご飯を食べないときにはどうしたらいいのでしょう。

すぐできる対処法をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

1歳がご飯を食べない時には 好きなキャラクターの皿やコップを使う。

 

1歳がご飯を食べないときには、子供の好きなキャラクターの描いてある絵のついた皿やコップ、スプーンを使ってみましょう。

大好きなキャラクターの絵が描いてあると、子供たちも喜んで食卓についてくれます。

手ごろな値段で、アンパンマンや、ワンワン、トーマスなどかわいい皿やコップが買えますよ。

 

 

まずは食卓についてもらう工夫をしてみましょう。

どうしても座ってくれないときには、イヤイヤするときに食事を一旦切り上げ、5分から10分ほど遊ばせてから座らせるとまた食べることがあります。

食べたくないようなら食べたくなる時がくるまで待ってみるなど大らかな気持ちで乗り切ってくださいね。

 

 

1歳がご飯を食べない時には ご飯を一緒に作る

1x1.trans - 1歳のイヤイヤ期はいつから?ご飯を食べない時の対処法は?

それでも食べない1歳には、ご飯を一緒に作ることをおすすめします。

1歳でもできる料理のお手伝いを考えました。

  • クッキーの型抜きで野菜を型抜く。
  • レタスなど葉物野菜をちぎる。
  • トマトのへたを取る。
  • 盛り付けをお願いする。

 

まずは、簡単なものからお願いしてみましょう。

自分で作ったご飯は、頑張った分、食べたくなります。

それに自分の手で作ったご飯は、いつもよりおいしく感じたり。

 

他にもこんな工夫をしてみましょう。

・いつものご飯を弁当箱に盛り付ける。

・キャラ弁のレシピでデコる。

いつも同じお皿だと味気ない気分のときもありますよね。

 

 

お弁当箱に盛り付けると、テンションも上がって食べたり。

キャラ弁のレシピは大変ですが、簡単なものから取り入れてみるといいかもしれないですね。

こちらのサイトが参考になりますよ。

 

1歳がイヤイヤしてご飯を食べないときは…初めてでも失敗しない、かわいいキャラ弁レシピ50選♪簡単キレイに作るコツ!

 

1歳がイヤイヤしてご飯を食べないときは…人気のキャラ弁レシピ

 

 

ぜひ参考にして、キャラ弁を作ってみましょう。

 

 

キャラ弁は、子供が幼稚園になっても使えるスゴ技です。

もし時間があれば、取り組んでみてくださいね。

色々な工夫をして、いつもより子供たちも食べてくれるといいですね。

 

 

1歳がご飯を食べない時には 親の声掛けを変える

1x1.trans - 1歳のイヤイヤ期はいつから?ご飯を食べない時の対処法は?

お腹がすいてなくて食べたくない気分のときもあるんです。

ポイントは、無理矢理食べさせずに、残しても良しとすることです。

 

1歳の子供は、胃も小さめです。

もしかすると、ご飯の量が多いのかもしれません。

 

「全部残さず食べて!」

 

 

そんな風にママにいつも言われてしまうと、子供も辛いですよね。

それに、一食食べなくても体調が悪くなったりはしません。

栄養が不足しているとママも気にしすぎないこと。

 

「残しても大丈夫だよ。」

 

そんな声掛けをするほうが、無理に食べさせるよりも自然に食べることもあります。

 

 

1歳がご飯を食べない時には 食べさせるために気をつけたいこと

1x1.trans - 1歳のイヤイヤ期はいつから?ご飯を食べない時の対処法は?

他にもご飯を食べないときに、気をつけたいことをまとめました。

  • 好きなものだけとくに多く盛り付けている。
  • 見慣れないおかずが食卓にある。
  • 親が子供に注目していない。
  • テレビをつけていてご飯に集中できない。
  • 食事などの生活リズムが不規則になっている、
  • おやつを食べすぎている。