3歳がご飯を食べない…イライラを落ち着かせる3つの考え方

20181228_child_eat5

子どもが3歳になると、食べるものもほとんど大人と同じものを食べれるようになってきたころですよね。

子どもにはしっかり栄養バランスの取れた食事をさせてあげたい!と思い、気合を入れてご飯の準備。

 

なのに、

  • 3歳になってから、いきなり遊び食べが始まった
  • 食卓につかず、遊びに夢中でご飯を全然食べてくれない…
  • 自分の好きなものしか食べず、栄養バランスが悪い

 

といった悩みが出てきた方も少なくないのではないでしょうか?

 

せっかく準備したご飯を食べてくれないと、ママはついイライラしてしまいますよね。

何を言っても食べてくれず、きつく叱ってしまったり…。

 

そこで、今回はそんなイライラを落ち着かせる3つの考え方をまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

3歳児がご飯を食べないなら、無理して食べさせなくていい!

1x1.trans - 3歳がご飯を食べない…イライラを落ち着かせる3つの考え方

3歳児がご飯を食べてくれないとイライラしてしまいます…。

そもそも、3歳がご飯を食べない理由はなんでしょうか?

 

「ご飯がおいしくないから」

 

そうではありません!

 

今は食べる必要がないから食べない」だけなんです!

3歳児には、お腹がすいていないのに、時間がきたからご飯をしっかり食べるということはできません。

 

大人なら、

「あんまりお腹はすいていないけど、ご飯の時間だから今のうちに食べておこう」

と思えますが、3歳の子どもにはなかなかできませんよね。

 

あくまで、「お腹がすいたら食べる」です。

 

 

ご飯を食べてくれないと「なんで食べてくれないの?」とイライラしてしまいますが、

「今は食べる必要がないんだ!」

割り切って考えるようにしましょう!

少しひどい言い方に聞こえるかもしれませんが、空腹になれば自然と食べます!

 

空腹になる前にご飯を食べてくれないからといって、お菓子をあげたりはしていませんか?

お菓子を与えると他の食べ物を食べる機会が減ってしまうので、あくまで嗜好品として多用は極力控えましょう。

 

 

また、ご飯の時間にご飯を食べないと、あとになってお腹が空きますよね。

どうしてもご飯を食べなかったとき、そんなときは間食で補うようにしましょう。

間食は、スナック菓子や甘いお菓子をあげるのではなく、栄養があってエネルギーになるものをあげるといいです。

 

  • さつまいも
  • おにぎり
  • サンドイッチ

 

おにぎりはきなこをまぶしてあげると、たんぱく質も摂れますし、ほんのり甘いのでおやつとしてもおすすめです。

 

私の子どもも、きなこをまぶしてあげるとパクパク食べてくれるので、おやつとしてよくあげています。

バナナヨーグルトなんかも、食べ応えがあるのでおすすめですよ!

 

ただ、逆に

「3時のおやつをあげすぎて夜ご飯までにお腹がすいていない」

ということも考えられるので、一度1日の食事を見直してみましょう!

 

また、3歳が少ししか食べてくれず悩んでいる方も多いかと思います。

でも、ご飯を完食させる必要は全くありません!

何回も言いますが、「今はそれ以上食べる必要がない」だけです。

 

 

これだけは注意してほしいのは、無理やり食べさせることだけはやめましょう。

ご飯の時間が「嫌な時間」「恐怖の時間」というイメージになってしまい、逆効果です。

 

また、ご飯を食べないのなら、コミュニケーションの時間にしてしまいましょう!

ご飯の時間は食べることはもちろんですが、「家族で食卓を囲むこと」が大事です。

 

わいわい楽しく両親がご飯を食べていると、3歳児も

・自分も一緒に食べようかな!

・自分も同じ輪に入りたい!

と思ってくれるようになりますよ!

 

ご飯を食べてくれなくても、最初は雰囲気だけでも一緒に分かち合うのが大事なことだったりします。

 

 

3歳がご飯を食べなくてイライラ…でも、いつまでも続くことではない

1x1.trans - 3歳がご飯を食べない…イライラを落ち着かせる3つの考え方

2歳ごろから始まるイヤイヤ期。

3歳になっても、イヤイヤ期が続いている子も多いのではないでしょうか。

3歳にもなると、かなり喋られるようになってくる子も多いので、一度「イヤイヤモード」になってしまうと、かなりのパワーだと思います。さすがのママもイライラが爆発してしまいますよね…。

 

でも、ママがイライラしてしまうと、イヤイヤはひどくなる一方で逆効果です。

 

イヤイヤ期が重なる3歳は、とくにご飯を食べてくれないことも多いと思います。

毎回のことにママもうんざり…。

 

そんなときはいい意味で今は諦めて「これくらいでいいか!」という気持ちで子育てすると気持ちもラクになりますよ。

 

また、栄養バランスを考えて手の込んだご飯を作っても食べてくれないとイライラしてしまいますよね。

・せっかく用意したのに!

・あなたのために作ったのに!

と思うかもしれませんが、「食べてくれたらラッキー」くらいに考えるようにしましょう!

 

いつかはご飯を食べてくれない時期も終わります。

今だけのわがままと思って、ゆったりとした気持ちで受け止めてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

3歳児は「自由人」だから、ご飯を食べないんです!

1x1.trans - 3歳がご飯を食べない…イライラを落ち着かせる3つの考え方

そもそも何でも素直に言うことを聞く3歳児はいません。

まさに「自由人」です…。

思い通りにいくことのほうが少ないのが当たり前ですよね!

 

ロボットじゃないんですよ!3歳ともなれば、自我がしっかりしてきます。

自分が今はしたくないことはしないし、逆にしたいことはします!

 

ご飯よりも遊びに興味があれば、ご飯には見向きもせず、おもちゃで遊ぶでしょう。

「3歳児は自由人なんだ」

と諦めることが大事です。

 

むしろ、3歳である今はママの顔色をうかがって、気を利かせることよりも、自分の興味のあることに集中するほうが大事です。

  • 3歳なんだから「自由人」で当たり前!
  • 今は他に自分がしたいと思うことがあるんだ!
  • 3歳なりに自分で何がしたいのか考えられているんだ!

 

と考え方を変えてみると少しはラクになりませんか?

 

大丈夫。

ご飯をなかなか食べてくれないのはあなたのお子さんだけじゃありませんよ。

個人差はあるかもしれませんが、全ての3歳児は自由人です。

 

自分で考えて行動できるなんて、すごいことですよ!

成長の証として捉えるようにしましょう!

 

まとめ

今回は3歳がご飯を食べなくてイライラしてしまうときに見ていただきたい、イライラを落ち着かせる3つの考え方をご紹介しました。

 

子どもが3歳なのは今だけです。

大きくなって、振り返ってみたら笑い話になることもたくさんあると思いますよ!

とにかく今を楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!