3歳が言う事聞かない!イライラが消えるマインドセットとは?

20181119-kindergarten3

3歳は自分でやりたい気持ちが強くなり、どうしても言う事を聞かない時もあります。

公園から帰らない、スーパーでお菓子を欲しがる、テレビや動画を見たがる…。

毎日のこの繰り返しに、イライラしますよね。

 

「毎日イライラしちゃう。こんな母親じゃ駄目かも…」

「イライラしない方法はないかな?」

こんな悩みを持つお母さんも少なくないはずです。

 

そこでこの記事では3歳が言う事を聞かなくてイライラするお母さんに、イライラが消えるマインドセットを3つご紹介します。

イライラが消えるマインドセット
  • 言う事を聞かないのは、「成長の証だ!」と考える
  • 「言う事を聞かないと、なんでイライラするんだろう?」と、理由を考えてみる
  • 「もう3歳」を「まだ3歳」に変える

それでは、具体的な内容を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

3歳が言う事を聞かない時に、イライラを消すマインドセットとは?

3歳が言う事を聞かないのは、「成長の証」?

1x1.trans - 3歳が言う事聞かない!イライラが消えるマインドセットとは?

3歳が言う事を聞かなくてイライラするときは、「成長の証なんだ!」と考えてみましょう

なぜなら、3歳が言う事を聞かないのは、心の成長が順調だからなのです。

でも、「言う事を聞かないのは、私の接し方が悪いんじゃないの?」と不安になる方もおられるのではないでしょうか。

 

株式会社ベネッセが運営するサイト、たまひよフレンズでは3歳が言う事を聞かない事について、このように解説されています。

自分という意識が強くなり、したいことや好きなことがはっきりしてきて、自分で何でもやりたがります。これは自立心が育まれている証。子どもの気持ちを尊重しながら対応していきましょう。

引用元:https://st.benesse.ne.jp/ikuji/2years/

 

3歳が言う事を聞かないと、ご自分を責めることもあるかもしれません。

でも、そんなことはないんです!

「成長の証なんだ!」と考え方を変えてみましょう。

 

具体的に、このようなことをやってみてはいかがでしょうか。

前向きな言葉を口癖にする

「成長したね~!」と、イライラする時こそ前向きな言葉を言ってみましょう。

成長した、と何回も自分で声に出して言う事で、それを自分に刷り込むことができますよ。

 

産まれた頃の写真や動画を見る

産まれた頃や、今より小さい時の写真や動画を見返すと、成長を感じられてイライラも治まってきます。

 

例えば、

「あの頃は言葉も話せなかったのに、今はおしゃべりだなあ。」

「泣くことしかできなかったのに、こんなに感情表現が豊かになった!」

 

こんなふうに、目の前にいる子どもの成長を素直に嬉しく感じられるでしょう。

イライラも治まってくるのではないでしょうか。

1x1.trans - 3歳が言う事聞かない!イライラが消えるマインドセットとは?
主婦A
産まれた時の写真をリビングに飾って、イライラしたときは写真を見て、気持ちをリセットさせてるよ

 

 

3歳が言う事を聞かないとイライラする理由を考えてみよう

1x1.trans - 3歳が言う事聞かない!イライラが消えるマインドセットとは?

「3歳が言う事を聞かないだけで、なんでイライラするんだろう?」と、理由を考えてみると、イライラする気持ちが落ち着いていきます。

なぜなら、いったん客観的に考えることになるので、冷静になれるからです。

さらに原因に気づくと、考え方も変わってきますし、対策も考えられるようになります。

 

3歳が言う事を聞かなくてイライラする時は、いったん落ち着いて、イライラする理由を探ってみましょう。

 

子どもが公園から帰りたがらなくてイライラ

子どもが公園から帰りたがらずにイライラする時は、「言い聞かせて、時間を決めて遊ばせよう」と考え方を変えてみましょう。

なぜなら、イライラする理由が「早く家に帰って夕飯の支度をしたいから」など自分の都合であることも多いからです。

そんな時は、「言い聞かせて、時間を決めて遊ばせよう」とマインドセットするのです。

 

でも、夕飯の支度ができないと本当に困ることもありますよね。

なので、具体的な対策も考えてみましょう。

  • 夕飯の一部にできあいの惣菜や冷凍食品を使う
  • 作り置きをたくさん作っておく
  • 公園に来る前に、夕飯の支度を終わらせておく

このように対策も考えて実行してみると、イライラが少なくなるのではないでしょうか。

 

スーパーで3歳が言う事を聞かなくてイライラ

スーパーで3歳が言う事を聞かなくてイライラする時は、「暖かい目で見てくれる人もいるはず!」と考えてみましょう。

なぜなら、イライラする理由が「周りの人の迷惑になる、恥ずかしい」など、周りの人のことを考えた理由であることも多いからです。

たしかに子どもの泣き声を不快に思う方もいるでしょうから、早く立ち去ることに越したことはありません。

 

でも「迷惑だから」と焦るあまり、子どもに「早くしなさい!言う事を聞きなさい!」とイライラしてしまいます。

そこで、「暖かい目で見てくれる人もいるはず!」とマインドセットすることで、焦る原因をなくすのです。

もちろん周りに甘えるだけでなく、自分自身もしっかりと言い聞かせなどをする必要があります。

 

マインドセットをすることで焦りがなくなり、イライラは消えていきます。

さらに、このような具体的な対策も考えられます。

  • お客さんが少ない時間帯に来店する
  • 一つだけと約束して、お菓子を買ってあげる
  • 宅配サービスを使い、買い物の頻度と量を減らす

できそうなことがあれば、ぜひやってみてください。

 

1x1.trans - 3歳が言う事聞かない!イライラが消えるマインドセットとは?
主婦A
色々工夫して、それでもどうにもならなかったら、最終手段は引きずってでも帰るよ(笑)

 

 

テレビや動画を見たがって言う事を聞かなくてイライラ

テレビや動画を見たがることにイライラする時は、「子どもが納得できる見せ方でテレビを見せよう!」と考えてみましょう。

なぜなら、イライラする理由が「テレビや動画は目に悪いから」など、子どもへの影響を考えた理由も多いからです。

たしかに、テレビや動画を長時間見せ続けることは、子どもの成長に影響があります。

 

日本小児科学会からは、2004年に以下のような提言がありました。

1.長時間視聴は1歳6カ月時点の意味のある言葉(有意語)の出現の遅れと関係がある、

2.特に日常やテレビ視聴時に親子の会話が少ない家庭の長時間視聴児で有意語出現が遅れる率が高い、

3.このようなテレビの影響にほとんどの親が気づいていない

引用元:https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/300721.html

 

しかしながら、このような現状もあるのではないでしょうか。

「体調が悪いからDVDを見せて休憩したい…」

「以前、病院の待ち時間に動画を見せたらやみつきになってしまった…」

 

そんな時は、「子どもが納得できる見せ方でテレビを見せよう!」と、考え方を変えてみましょう。

そして、このような具体的な対策もしてみましょう。

  • キッチンタイマーや携帯のアラームをセットして、鳴ったら終わりにする
  • 時計の針を見て「長い針がここにきたら終わりだよ」と伝える

 

こうして制限を設けることで、見せ続けることはなくなります。

それに、ある程度は見られるので子どもは満足しますし、約束を守る練習にもなります。

約束を守れたらたくさん褒めてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

「もう3歳」を「まだ3歳」に変えると?

1x1.trans - 3歳が言う事聞かない!イライラが消えるマインドセットとは?

3歳が言う事を聞かなくても、「まだ3歳なんだから、言う事聞かなくて当然だよね」と考えてみましょう。

もしも、「もう3歳なんだから、言う事聞くのが当然でしょ!」と考えてしまっては、子どもが期待通りに動かなかった時にイライラしてしまいます。

これは、「子どもが言う事を聞いてくれる」という理想と、「言う事を聞かない」という現実にギャップが起こるからです。

 

例えば、子どもが公園からなかなか帰らない。

こんな時も、「言う事を聞いてくれたら、早く帰れて、夕飯もしっかりしたものを作れるはずだったのに!お惣菜も買わなくてすんだのに!」とイライラしてしまいます。

反対に、「まだ3歳なんだから、言う事聞かなくて当然だよね。今日はお惣菜でもいっか!」と考えるようにすれば、イライラすることも少なくなるはずです。

このように、考え方を「もう3歳」から「まだ3歳」に変えるだけで、イライラが消えていくのです。

 

1x1.trans - 3歳が言う事聞かない!イライラが消えるマインドセットとは?
主婦A
体が大きいから、ついついもう3歳なのにって、多くを求めちゃうんだよね。まだ3歳って自分に言い聞かせてるよ

 

 

まとめ

3歳が言う事を聞かない時に、イライラをなくすマインドセットを3つご紹介しました。

  • 言う事を聞かないのは、「成長の証!」と考える
  • 「言う事を聞かないと、なんでイライラするんだろう?」と理由を考えてみる
  • 「もう3歳」を「まだ3歳」に変える

 

具体的にはこのように考えると、イライラが治まってきます。

ここがポイント
  • 前向きな言葉を口癖にする「成長したね~!」
  • 産まれた頃の写真や動画を見る
  • イライラした時に原因を探る
  • 「言い聞かせて、時間を決めて遊ばせよう」
  • 「暖かい目で見てくれる人もいるはず!」
  • 「子どもが納得できる見せ方を考えよう!」
  • 「まだ3歳なんだから、言う事聞かなくて当然だよね」と考える

子どもは可愛いのに、大変な毎日にイライラしてしまって、どうしたら良いのか分からないこともあると思います。

でも、自分だけではありません。

少しずつでいいので、できそうなことをやってみてください。

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!