3歳が夜中に起きるのはなぜ?原因から考える3つの対策とは

20181126-not-sleep

・言葉も理解し、少し喋られるようになる3歳になって、再び夜中に起きるようになってしまった!

・3歳にもなるのに夜中に起きて泣かれるので困る…

と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

3歳がなぜ夜中に起きてしまうのか、その原因と対策をまとめたのでぜひ参考にしてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

なぜ3歳は夜中に起きてしまうのか?原因は何?

1x1.trans - 3歳が夜中に起きるのはなぜ?原因から考える3つの対策とは

3歳が起きてしまう原因はいくつか考えられます。

  • 昼寝が長い
  • 昼間の運動不足でエネルギーが有り余っている
  • 強いストレス
  • 昼間に刺激が強すぎる出来事があった
  • 悪夢を見た
  • 睡眠時驚愕症

 

それぞれ詳しく説明していきますね。

 

「昼寝が長い」について、3歳になっても午後のお昼寝をする子も多いのではないでしょうか?

大人も一緒ですが、昼寝をしすぎると、夜の睡眠が浅くなってしまい、夜中に目が覚めやすくなってしまいます。

 

一度、目が覚めてしまっても、大人のように黙って目を閉じて再び寝てくれたらいいのですが、3歳児にはそこまでできません…。

うまく眠れなくなり、泣いてしまうのです。

 

 

続いて、「昼間の運動不足でエネルギーが有り余っている」について。

3歳ともなると、体力はかなりのものです。

 

一緒に大人と遊んでいても、先に大人のほうがバテてしまうくらい3歳児の体力はすごいですよね…!

昼間に外で思いっきり身体を動かして遊べたらいいのですが、雨の日などは家で遊ぶしかないこともありますよね。

また、寒い日や暑い日もなかなか外で遊ばせることができず、家でこもっている方も多いのではないでしょうか。

 

 

身体が適度に疲れていると、眠りも深くなり、ぐっすり眠りにつくことができます。

でも、エネルギーが有り余った状態では、眠りが浅くなってしまい、夜中に起きる原因になってしまうんです。

 

 

 

「強いストレス」について、引っ越しや幼稚園に行くようになったなど環境に変化があると、3歳児は敏感に変化を感じ取り、それが強いストレスになってしまいます。

「昼間に刺激が強すぎる出来事があった」もそうですが、ストレスを感じている状態や興奮状態になると寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなってしまう原因になってしまいます。

 

 

また、「悪夢を見た」というのも夜中に起きてしまう原因になります。

子どもは大人に比べて悪夢を見やすいようです。

怖い夢を見てしまうと、夢か現実か3歳だと判断も難しいので、泣いてしまうんですね。

 

 

最後に「睡眠時驚愕症」ですが、聞いたことはあるでしょうか?

これは3~4歳ごろから小学校低学年ごろにみられる症状で、夜中に突然起きて泣きわめき、数分泣きわめいたと思ったら、落ち着いてまた眠る、というものです。

本人は夜中に起きたこと、泣きわめいたことは一切覚えていないようです。

 

 

小学校の高学年にもなれば、自然となくなることが多いようですが、泣きわめき、暴れる姿を初めて目の当たりにすると、ママはびっくりしてしまいますよね。

子どもの成長過程で睡眠リズムをコントロールする脳の機能が未熟なために起こると言われていますが、原因はよくわかっていないようです。

自然におさまるのを見守るしかないですが、あまりにも症状がひどい、気になるという方は一度病院に相談してみるのもいいかもしれませんね。

 

3歳が夜中に起きてしまう原因は分かっていただけたでしょうか?

それでは、これから3つの対処法をご紹介していきたいと思います!

 

3歳のお昼寝は適度にすることで夜中の睡眠はぐっすり!

1x1.trans - 3歳が夜中に起きるのはなぜ?原因から考える3つの対策とは

まずは「お昼寝」についてです。

上記でも少し触れましたが、3歳でもお昼寝する子は多いかと思います。

適度なお昼寝は、学習能力が上がったり、生活リズムが整うといったような効果があるので、とても重要なものなんです!

 

大人でも、少しだけお昼寝すると頭がスッキリして、しごとがはかどる!といった経験をされたことはないでしょうか?

子どもにとってもお昼寝はとても大事なものなんですね。

 

 

そんなお昼寝ですが、長くとりすぎたり、お昼寝の時間がずれこんでしまったりすると逆効果になります。

お昼寝する場合は16時までには起こしてあげるようにしましょう。

 

また、お昼寝の長さには個人差があるので、あまり気を遣う必要はないと思いますが、3時間以上寝るなどあまりにも長い場合は途中で起こしてあげましょう。

3歳児の1日に必要な睡眠時間は12~14時間が理想です。

夜の睡眠が10時間という子はお昼寝を2~3時間程度するのが一番いいんですね。

 

 

お昼寝の時間だけちゃんとしようと思っても、最初はなかなかうまくいかないと思います。

まずは規則正しい生活を!

 

夜遅くまで3歳児を起こしている方はいらっしゃらないでしょうか?

3歳であれば、夜20時台には布団に入るのが理想です。

早寝早起きを基本として、それに合わせて食事の時間も毎日できるだけ同じ時間にしてあげると生活リズムが整いやすくなり、お昼寝と夜の睡眠のバランスも徐々にとれてきますよ!

 

 

スポンサーリンク

 

3歳児は昼間に思いっきり身体を動かして夜はぐっすり!

1x1.trans - 3歳が夜中に起きるのはなぜ?原因から考える3つの対策とは

お子さんをしっかり身体を使って遊ばせてあげていますか?

 

はい!

 

と即答できる人はなかなか少ないのではないでしょうか。

 

たまに思いっきり遊ばせることはあっても、ママも家事などやることは山ほどあるので、公園に連れて行ってばかりもできないですよね…。

できれば、公園や近くの児童館などで思いっきり遊ばせてあげたいものですが、雨の日など外に行けない時もあるかと思います。

 

 

そこで、家の中でおすすめの遊びが「布団で滑り台」です。

名前のままですが、布団を折りたたんで滑り台の形にしてあげると、子どもは喜んで遊びますよ!

もちろん、布団なので転んだりしてもケガをする心配もありません。

 

 

また、「紙びりびり遊び」も意外とハマってくれます!

新聞やチラシなど、いらない紙をただ破るだけなのですが、子どもにとってはとっても楽しい遊びにもなりますし、ストレス発散にもなるようです!

大人が思っているよりも身体を使って遊んでくれるので、外出できないときの遊びとしておすすめですよ!

 

昼間に身体を使った遊びをすると、夜ぐっすり寝てくれるだけでなく、お腹もすくのでご飯をたくさん食べてくれるというメリットもあります!

 

3歳児は安心させてあげることで夜中起きなくなる!

1x1.trans - 3歳が夜中に起きるのはなぜ?原因から考える3つの対策とは

3歳といえば、まだイヤイヤ期が終わっていない子も多いのではないでしょうか?

少し喋れるようになってくる年齢なので、生意気に口ごたえしてくるので、ママもイライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。

ついイライラして叱ってしまったり、強い口調になってしまったり…

自分に余裕がなくなると余計にイライラしてしまいますよね…。

 

そんなママのイライラや変化を3歳児は敏感に感じ取り、不安な気持ちになってしまいます。

その「不安」がストレスとなり、夜中に起きてしまう原因につながることもあるんです。

 

 

ママがいつもイライラしたり、疲れていると子どもも楽しくありません。

たまには、パパやおじいちゃん、おばあちゃんに預けて、ママも思いっきりストレス発散するようにしましょう!

 

友達とカフェにお茶をしに行くだけでも、気分が軽くなり、自分でもびっくりするくらい家族にやさしくなれることってないでしょうか?

自分で子どもの面倒は全部見なきゃ!

と頑張っているママもたくさんいらっしゃるかと思いますが、たまにはママ自身のケアをすることも忘れないようにしましょう!

 

子育ては一人でするものではありません。

頑張りすぎないでくださいね!

 

ママが穏やかになると、3歳児の心の状態も安定します。

安心すると深い睡眠にもつながるので、夜起きることも減ってきますよ!

 

まとめ

3歳といっても、まだまだ赤ちゃんの一面もある年ごろ…。

言葉もうまく伝わらない、なんとも難しい年齢でもありますよね。

大人が少し気を付けてあげるだけで、3歳児の睡眠の質はグッと変わるはずです。

 

必ず夜泣きはなくなる日がきます。

お子さんの成長を温かく見守ってあげてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!