3歳にイライラしない方法と心を穏やかにする3つの考え方

20181216_woman

3歳というと、イヤイヤ期がパワーアップする頃ですよね。

今までの対応では対応しきれなくなって、親のイライラも最高潮!

言われた通りのことをしても、ちょっと間違えただけで大騒ぎ!

 

せめて買い物の最中だけは静かにして〜と思っていても、地雷はそこかしこにあって、ただの買い物なのに、無事に終わってもグッタリ。

そんな日々を過ごしていませんか?

今回は、3歳にイライラしない方法と心を穏やかにする3つの考え方を調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

3歳にイライラしない方法はこれを試してみて!

自分の常識を捨てる。

1x1.trans - 3歳にイライラしない方法と心を穏やかにする3つの考え方

大人になると、自分の中に常識がありますよね。

 

部屋は綺麗であるべき。

人の言うことはきちんと聞く。

時間を守る。

食事はこぼさないで綺麗に食べる。

 

大人としては普通にできることですよね。

 

 

でも、3歳には難しいことなんです。

どうして3歳にもなったのにできないの!と思うかもしれませんが、まだ3歳です。

子供の言うことも、理解力もどんどん成長していくと、親の要求も高度になっていってしまいます。

親の要求を下げて、生まれて3年だし仕方がないか、と思うと気が楽になりますよ。

 

 

時間に余裕を持って挑む。

1x1.trans - 3歳にイライラしない方法と心を穏やかにする3つの考え方

時間がないときに、イヤイヤされると、イライラ度も増しますよね。

イライラしないためにも、時間がない!という状況を親が作らないようにしましょう。

 

 

子供のイヤイヤポイントを把握して、事前に回避する。

その子によって、イヤイヤポイントは違います。

ここでいつもイヤイヤするな、と思ったら、そこにたどり着かないようにしましょう。

 

 

部屋を変える。

触って欲しくないもの、やってほしくないことほど、子供は触るし、やりますよね。

子供が触ることや、やることのできない部屋に、部屋を改造しましょう。

 

 

やりたいようにやらせてみる。

危ないことや人に迷惑をかけることでなければ、本人の気の済むようにやらせてみましょう。

雨の日にずぶ濡れになりたいなら、ならせて、すぐにシャワー。

ご飯をぐちゃぐちゃにするなら、もうご馳走さまね〜で、お腹が空くまでそのままにする。

 

お風呂上がり着替えないなら、風邪をひかない程度にそのままで。

全て、時間が少し経ってから一言声がけをすると、すんなり家に帰ったり、ご飯を食べたり、着替えをしたりしてくれますよ。

 

 

スルー力を身につける。

子供はすぐに嫌い!と言います。

その言葉をそのまま受け止めると、イライラしたり、感情が高ぶりやすくなります。

3歳が本気で親を嫌うわけがないのですから、スルーして、そっかーお母さんは〇〇のこと大好きだけどねー。

 

と言ってみましょう。

ちょっと気分が変わりますよ。

 

 

言い方を変えてみる。

早く〇〇しなさい!といった命令口調は、子供のイヤイヤを引き出してしまいます。

子供を動かそうとするなら、面白そう、と思わせることが1番効率的です。

着替えはどっちが早いでしょうか!よ〜いドン!などゲームにしたり。

 

〇〇すると、何と!あれが出てきます!さあ、やってみよう!と、ご褒美を出してみたり。

優しく、あれをやってくれたら嬉しいな〜凄いな〜と言ってみたり。

〇〇はあれ出来るんだよね!見てみたいな〜とのせてみたり。

子供が動き出すように、言い方を変えてみましょう!

 

 

交換条件を出してみる。

子供が何かを欲しがる時に、どうしても与えられない!ということ、ありますよね。

そんな時は、これはあげられないけれど、こっちはどう?

 

とか、

 

5個じゃなくて2個ならいいよ。

など、許容できる範囲を提示してみましょう。

提示した方が楽しそう、とか、良いかも!と子供なりに思ったら、オッケーサインを出してもらえますよ。

 

 

怒鳴らない。

3歳にイライラしたから怒鳴る。

これ、実はイライラを倍増させる、罠です。

怒鳴ると一時的にスッキリするかもしれませんが、怒鳴る、が定番になってしまうのです。

 

定番になると何がダメかというと、沸点が低くなり、イライラ回数が増えるんです。

しかも怒鳴られたことで、子供が泣いたら、その泣き声にまたイライラしたり。

負のスパイラルですね。

 

 

怒鳴りたくなったら、んっ!とか、むっ!とか、一文字で力を入れると、子供も怒ってることはわかっても、泣き出したりしませんし、ちょっとスッキリしますよ。

 

 

自分の時間をつくる。

1x1.trans - 3歳にイライラしない方法と心を穏やかにする3つの考え方

これ、大重要です。

やはり、人は自分の時間がないと、ストレス発散出来ず、イライラしてしまいます。

心に余裕があれば、イヤイヤされても、〇〇はこれが嫌だったんだね、と優しく寄り添う言葉をかけることができます。

 

ワガママ言われても、このかわい子ちゃん!と抱きしめることができます。

でも、余裕がないと、イヤイヤもワガママも、全部自分を困らせるためのものにしか見えなくなります。

成長の過程が、成長に見えなくなるのです。

 

 

子供は日々成長しています。

同じ間違いをしても、同じことを何回も繰り返しても、イヤイヤが酷くなっても、終わりが見えてこないように感じても、成長しています。

 

その成長をイライラで見過ごしてしまわないように、ストレス発散時間をつくり、自分を大切にしましょう!

さて、色々ありましたが、これらの全てを行う必要はありません。

イライラしたくないけどどうしたら良いのか分からない、という時に、どれかを行ってみて、自分に合っていたのなら続けてみましょう。

 

 

 

3歳にイライラした心を穏やかにする3つの考え方はいい加減!

1x1.trans - 3歳にイライラしない方法と心を穏やかにする3つの考え方

いい加減の子育ては良い加減と聞いたことはありませんか。

これ、本当なんです。

 

頑張り屋さんこそ、イライラはたまりやすいんですよ。

だから力を抜いて、下記の3つの考え方を参考にしてみてください。

  • イライラしても仕方ない、だって3歳だもの。
  • うちはうち、よそはよそ。
  • 3歳が何かしたら、それはイベント。

 

緩い、と思われたでしょうか。

そう、緩くて良いのです。

産まれて3年だよ、何にもできなかった赤ちゃんが、こんなことできるなんて凄いじゃない。

 

失敗しても当然だし、屁理屈言っても仕方ないよ、だって産まれて3年だもの。

え?他人がうるさい?

他の子は上手にできるのに、騒がないのに、お利口なのに、これができるのに、あれができるのに、と言ってくる?

 

 

うちはうち、よそはよそ。

比べなくても、いいの。何言われてもいいの。

だってうちの子は元気に成長している。

できなかったことが、沢山できるようになっている。

 

 

他人に迷惑をかけていないし、他人と同じじゃなくてもいいじゃない。

3歳の子供が思いもよらない、何かをするときがある?

今しか見れない、プレミアムイベントだよ。

 

大きくなった時に、子供に伝えたらどんな顔をするのかな。

結婚式の時にネタで使ってくれないかな。

今は少し大変だけど、ネタ帳はどんどん面白ネタでうまっていくね。

明日は何をするのかな。

 

こんな感じで緩くていいんです。

 

他人に迷惑をかけないのにイライラするくらいなら、無の境地になっていいんです。

子供は成長しているんですから。

 

スポンサーリンク

 

3歳にイライラした時、心を穏やかにする方法!

本当は大好きなのに、どうしてもイライラする!ということは誰にでもありますよね。

特に、何でこんなことで、と思う時に爆発した子供を見ると、心を穏やかになんて無理!とイライラしてしまいます。

 

そんなときはこの方法を試してみてください。

 

〇〇のこと、大好きだよ〜と、言いながら抱きしめる。

1x1.trans - 3歳にイライラしない方法と心を穏やかにする3つの考え方

これ、本当に落ち着きやすくなり、心を穏やかにします。

あまりにイライラしていると、抱きしめたくもないし、優しい言葉なんてかけたくないと思ってしまうかもしれませんが、やってみてください。

もちろんあんまりきつく抱きしめてしまうと、危険ですから、力は加減をしてくださいね。

 

温かい体温に落ち着きます。

大好きだな、とあらためて思います。

大きくなったな、と赤ちゃんとは違う我が子を実感できます。

 

 

まだ、こんなに小さいんだ、と産まれて3年だということを思い出せます。

そして、子供も、抱きしめてもらうことで愛されていることを再確認して、安心します。

二人で落ち着いたら、どうしてこうなったのか、話し合うことも可能です。

 

お互い大切に想っているのですから、落ち着くということが必要なだけなのです。

抱きしめると、落ち着く時間が作られて、穏やかになれますよ。

 

 

理由を伝えて、その場を離れる。

1x1.trans - 3歳にイライラしない方法と心を穏やかにする3つの考え方

3歳にイライラしたら、もう落ち着くまで待つしかない、という時もありますよね。

その時は、「お母さん、とっても怒ってるから、あっちの部屋に行ってるからね。○○も落ち着いたら、こっちにきてね」と言って、別の部屋に避難しましょう。

子供と物理的に離れることで、心が落ち着きやすくなります。

 

だけどもしかしたら、子供は泣いてついてくるかもしれません。

ついてくることにイラっとするでしょうが、それだけ親を愛しているということですから、冷たく拒絶することだけはやめましょう。

 

 

ギュッと抱きしめて、落ち着くのを待ちましょう。

また、ついてこない子供も、時間が経過すると落ち着いて、親に甘えたくなります。

子供は親のことが大好きですから、不安そうに来ます。

 

その時は、もう怒っていないよ。○○のこと大好きだよ。と抱きしめてあげましょう。

 

まとめ

3歳にイライラしない方法と心を穏やかにする3つの考え方でした。

 

ここがポイント
  • 自分の常識を捨てる。
  • 時間に余裕を持って挑む。
  • 子供のイヤイヤポイントを把握して、事前に回避する。
  • 部屋を変える。
  • やりたいようにやらせてみる。
  • スルー力を身につける。
  • 言い方を変えてみる。
  • 交換条件を出してみる。
  • 怒鳴らない。
  • 自分の時間をつくる。

 

最後の自分の時間をつくる、はとても大切なことですが、これらはイライラしない方法の一部でしかありません。

自分に合う、イライラしない方法を探してみましょう!

 

また、心を穏やかにする3つの考え方はこちらでした。

  • イライラしても仕方ない、だって3歳だもの。
  • うちはうち、よそはよそ。
  • 3歳が何かしたら、それはイベント。

 

3歳の子供時代は今しかありません。

成長を温かく見守りましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!