3歳の人見知り克服。親ができることと「しないこと」とは?

20190618_child_hug3

いつも子育てお疲れ様です。

  • どうすれば3歳のこどもの人見知りがなくなるの?
  • 子どもが人見知りを克服するために親ができることは?
  • 保育園の子や先生としか積極的に話さなくて不安
  • 外に出て同じくらいの子を見ると固まる、泣く

 

この記事では、そんなママ向けに、「3歳の人見知りを克服する考え方」を紹介します。

この記事で分かること
  • 親が心構えを身につけて、見守ることが大事
  • 親がお手本になると良い
  • アドバイスはしない
  • 他の子どもと比べない
  • 行動を否定しない

ぜひ、最後までお付き合いください。

 

スポンサーリンク

 

3歳の人見知りはどうすれば克服できるか?

 

一般的に、人見知りは生後6か月〜1歳ぐらいのあいだに始まると言われています。

ただ、これには当然個人差があって1歳や2歳から人見知りの子もいれば3歳になってから人見知りになる子もいます。

 

また、子どもによっては場所見知りをする場合もあります。

場所見知り

その場所自体に緊張してしまったりしてしまうこと。

 

 

3歳で人見知りを克服したい今、親にできることはなんでしょうか。

以下のポイントに分けて解説していきます。

  • 見守るための心構えが重要
  • 親がお手本になる

 

親の心構えができていれば人見知りは問題ですらない

20190618 child hug3 - 3歳の人見知り克服。親ができることと「しないこと」とは?

まずは「人見知りを克服したい」という思いを自分の中から消しましょう。

そもそも人見知りで困るのは誰でしょうか?

これは誰の問題でしょうか?母親?父親?

違います、子ども自身の問題です。

 

そして、子ども自身が克服したい問題と捉えていない以上、「3歳で人見知りすること」は問題ですらありません。

それが「その子の将来のため」や「自分が苦労したからそうさせないために」という愛からくる行動だとしても、問題と捉えているのはあくまで「ママパパ」だけだと理解しましょう。

 

 

もしかしたら、他の子と遊べないのではなく、ずっと一人で遊ぶのが好きな時期なのかもしれません。

親に言われていることに反抗したいだけかもしれません。

まだ、他の子や他の大人と関わることに必要性を感じていないのかもしれません。

 

子どもには子どもの考え方、楽しみ方があります。

みんなが楽しいこと=自分の子も楽しいと感じる。とは限りません。

 

一度全部受け入れてあげてください。(もちろん、危ないことには注意する必要がありますが。)

 

 

ですので、まずは「人見知りを克服したい」という思いを自分の中で薄くすることから始めてみましょう。

 

人見知り克服には親がお手本になることが重要

20190618 child hug1 - 3歳の人見知り克服。親ができることと「しないこと」とは?

人見知りしている3歳児に「ほら、挨拶は?」や「お友達と一緒に遊んできなさい!」などと言うのではなく、親がお手本になる行動をすることが重要です。

 

なぜなら、子どもの中の当たり前を創っていくのは多くの時間を共に過ごしている親だからです。

あなたは子どもの生涯に最も影響を与える重要人物なのです。

 

子どもは賢いので、親の行動を見て、真似をして、学び、吸収します。

子どもが見ているのは「親が言っていること」ではなく「親の行動」なんですね。

 

なので、あなたが本当にすべきことは「ほら、挨拶は?」と子どもに挨拶を促すことではなく、「こんにちは!」と気持ちよく当たり前のように挨拶する姿を多く見せることが3歳児が人見知りを克服する一助になります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

人見知りで泣く・固まる3歳への「しない」3つのこととは?

3歳が人見知りで泣く・固まる場合は親がこれらを「しない」ことで改善がみられるかもしれません。

  • アドバイスをしない
  • 他の子と比べない
  • 行動を否定しない

 

アドバイスをしないこと

20190618 child10 - 3歳の人見知り克服。親ができることと「しないこと」とは?

親は多くの経験と今までの選択からついアドバイスをしてしまいがちですが、アドバイスは求められた時など必要な場合だけにしましょう。

なぜかというと、アドバイスをするという行為は子どもの選択権を奪ってしまう行為=将来の子どもの決断力を奪ってしまうひどい行為、になり得るからです。

 

以下、決断力ある子育てのためには日々の小さな決断が重要であることが書かれています。

気になる方は参考までにどうぞ。

決断力ある子育てのために。3歳の人見知りも立派な決断です。

 

 

基本的にアドバイスが不要であることがわかりましたでしょうか。

housewife2 usually2 - 3歳の人見知り克服。親ができることと「しないこと」とは?
必要なのはアドバイスじゃなくて決断を促す質問や見守る姿勢なんだね!

 

他の子どもと比べないこと

20190213 hug9 530x379 - 3歳の人見知り克服。親ができることと「しないこと」とは?

親になるとつい、無意識で近くのお友達と比べてしまうことがあります。

ですが、他の子どもと比べることは絶対にNGです。

 

他の子どもと比べる時、良い所より悪い所がよく目に映ります。それを親が勝手に改善しようとしたり、間接的にでも「うちの子は人見知りをして内弁慶で困る子(劣っている子)」ということを子ども自身に意識させるとその子の自己肯定感は圧倒的に下がります。

 

自己肯定感

「自分は大切な存在だ」と自分をそのまま受け入れることができる感覚のこと。反対語として”自己否定感”がある。

 

自己肯定感が下がるとどうなるのか。

自己肯定感が低い人の特徴
  • 不安や恐れからの行動が多い
  • 自身がない、受け身
  • 他人の評価を気にする
  • 自分や物事を否定的に見る

このような状態は絶対に回避したいところです。

では、どうすれば良いのでしょうか。

 

1番は比べずに人見知りの子どもをそのまま親が受け入れること、です。

子どもの長所を伸ばすサポートができれば尚良いです。

 

ただ、癖というのは日々の習慣なのでそう簡単には抜けません。

そんな時は子どもの少し前(1年前や半年前)と比べてその子が成長した部分を発見して教えてあげましょう。

そうすることで、自己肯定感の高い子へ成長し、人見知りの克服に繋がるかもしれません。

 

行動を否定しないこと

20190206 park6 530x379 - 3歳の人見知り克服。親ができることと「しないこと」とは?

子どもがする一つ一つの行動には子供なりの意味があります。

ですので、行動を否定することはやめるようにしましょう。

 

例えば、人見知りをして他の子どもや大人から逃げた時。

ちゃんと挨拶しなさい、なんでできないの?と否定的な言葉を浴びせないようにしましょう。

これは自己肯定感を下げることにつながるだけでなく、親が問題視していること(ここでは人見知り)も悪化する恐れがあるからです。

 

はじめは否定する回数を減らすことからで大丈夫です。

出来る限り、子どもが選んだ選択肢を受け入れて見守りましょう。

そうすることで、人見知りの3歳児も愛情を感じ取り、色んなチャレンジができるようになります。

 

 

 

それでも3歳の人見知りにイライラしたときは?

色々試しては見たけどうまくいかない…やっぱり3歳児にイライラする…。

そんな時のためにも一旦気持ちをリセットする行動を知っておきましょう。

詳細はこちらの記事で

1x1.trans - 3歳の人見知り克服。親ができることと「しないこと」とは?

育児にイライラ!怒鳴る前に気持ちをリセットする3つの行動とは?

2019年6月25日

 

3歳の人見知り克服。親ができることと「しないこと」とは? | まとめ

この記事では「3歳の人見知り克服。親ができることと「しないこと」とは?」について書きました。

この記事のまとめ
  • 親が心構えを身につけて、見守ることが大事
  • 親がお手本になると良い
  • アドバイスはしない
  • 他の子どもと比べない
  • 行動を否定しない

ぜひ、見守ることに徹してみてください。

よく見て観察することで、親としても新たな発見があるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

今しかない子育てを楽しみましょう。
それでは、また。