【トイレトレーニング】男の子に立ちションさせるコツ3つを伝授

20181216_toilet

トイレトレーニングは子育ての中でも難問ですよね。

手はかかるし、先に進んだ!と思ったら後退したりと、思うように進まないものです。

周りがどんどんトイレトレーニング終わらせている中、我が子だけが全然進んでいない!となると、焦りも倍増!

 

もう少しで幼稚園入園などの行事がある場合は、期間も限られているので、もうてんやわんやですよね。

今回はそんなトイレトレーニングの1つである、男の子に立ちションをさせるコツを調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

トイレトレーニングで男の子に立ちションをさせる前に、始めるタイミングも知っておく!

1x1.trans - 【トイレトレーニング】男の子に立ちションさせるコツ3つを伝授

トイレトレーニングは、始めるタイミングが合うと、うまくいくことがあります。

まず、季節は暑くなってきたときからがオススメです。

 

洗濯が乾きやすく、タンクトップや下着1枚でも、家でいる分には風邪をひきにくいので、洋服に困ることがありません。

自分でトイレに歩いていけるようになることや、トイレに行きたいと意思表示できることも重要です。

 

 

 

トイレに歩いていけるということは、成長によって膀胱におしっこをためることができるようになり、たまっている、という感覚をわかってきている証拠だからです。

また、トイレに行きたい、と意思表示できるのは、おしっこやウンチがどういうものかをわかっているということです。

おしっこの間隔が2時間あいているのなら充分ですので、試しに普通のパンツを履かせてみてはいかがでしょうか。

 

 

失敗したときの後片付けが嫌だという方は、トレーニング用の紙おむつや、パンツもありますので、検討してみてください。

トイレトレーニングを始める年齢ですが、2歳以降に始める方が多いです。

 

早い子は1歳から始めて、完了する子もいますが、焦る必要はありません。

その子にはその子のできるタイミングというものがあります。

 

 

 

早めに始めても、早くに完了する子もいれば、1年以上かかる子もいますし、全然進まない子もいます。

1年以上かかる子や、全然進まない子は、まだ始める時期ではないのでしょう。

今まで子育てをしてきてわかっているとは思いますが、子供には個性というものがあり、周りができるからといって、自分の子ができるとは限りません。

 

周りに何を言われても、この子のペースがあるからと、親だけは子供の味方でいましょう!

 

 

 

トイレトレーニングで男の子に立ちションをさせるコツ3つはこれ!

立ちションより先に、座ってする方法を教える。

1x1.trans - 【トイレトレーニング】男の子に立ちションさせるコツ3つを伝授

立ちションを教えたいのに、どういうこと?と思う方もいるでしょう。

立ちションをする前に、座ってする方法を教えたほうが良いのには、理由があります。

それは、ウンチをする時には、必ず座らなくてはならないから!ということです。

 

最初に立ってすることを覚えさせると、座ってすることに違和感を感じる子がいます。

元々、子供はトイレでウンチをすることが苦手な子も多いので、座ってすることに違和感を感じてしまうと、思うようにトイレトレーニングが進まなくなることもあります。

そうなると先に進むのが難しくなるので、違和感を感じさせないために、座ってする方法を先に教えることをオススメします。

 

立ちションをしやすい環境を整える。

1x1.trans - 【トイレトレーニング】男の子に立ちションさせるコツ3つを伝授
  • 踏み台を設置する。
  • 手で持って、する方法を教える。
  • 失敗しても怒らない。
  • 脱ぎやすいズボンを履かせる。

 

特に重要なのは、失敗しても怒らないということです。

トイレに行くたびに怒られていたら、トイレなんて嫌いになってしまいますよね。

トイレトレーニング中ですから、それだけは避けたいところです。

 

 

初めてのことや、やり始めは誰でも失敗をするもの。

それを責めても何も変わりません。

のんびり構えて、できたときは大いに喜びましょう!

 

見本を見せてあげる。

1x1.trans - 【トイレトレーニング】男の子に立ちションさせるコツ3つを伝授

これは、お父さんやおじいちゃんにしかできないことですが、効果は抜群!な方法です。

しかも、やり方を教えながら、見せるだけという簡単な方法です。

それでも、子供が真似をしたい!と思ったら、あっという間に覚えますよ!

 

 

今まで一生懸命になって教えていたのはなんだったんだ、とお母さんががっくりきてしまうほど、すぐにできること間違いなし!

お父さんやおじいちゃんが恥ずかしがり屋で、どうしても見せたくないと言ったら仕方ありませんが、効果は絶大なので是非実行してみてくださいね。

  • 座ってする方を先に教える。
  • 立ちションしやすい環境を整える。
  • 大人が見本を見せてあげる。

 

 

 

トイレトレーニングで男の子の立ちションの練習は必要?

1x1.trans - 【トイレトレーニング】男の子に立ちションさせるコツ3つを伝授

実は近年、大人の男性でも座って用をたす人が増えているのをご存じでしょうか。

理由は、立ってするよりもトイレが汚れないから、だそうです。

 

綺麗好きな男性が増えたのですね。

綺麗好きな女性にとっては嬉しいことです。

とはいえ、やはり立ちションは覚えたほうが良いようです。

 

 

なぜなら、幼稚園でも立ちションのところは多いでしょうし、大人になってからも、座るより早く終わるので、急いでいる時の時間短縮にもなるからです。

大人になって自然に覚える方もいるのでしょうが、2種類の方法を覚えていたほうが、その時に応じて対応できるので、良いですよ。

ところで、教えようとしているトイレトレーニングの男の子の立ちションですが、実はあっさりと会得する方法があります。

 

それは…

幼稚園に入園すること!

 

子供同士の影響力は本当に凄いものです。

お友達ができていることを見て、真似することで、あっという間にできるようになるのです。

もちろん、幼稚園によっては、トイレを覚えてから入園させなくてはいけないところもあります。

 

 

その幼稚園によって教育方針は様々なので、この幼稚園に入園予定だ、という幼稚園があったのなら、事前に確認をしてみましょう。

なんの縛りもない幼稚園に入園する予定であれば、トイレトレーニングで男の子の立ちションの練習はしなくても良いですね。

  • 座ってする方法と立ってする方法、どちらも覚えたほうが良い。
  • 幼稚園に入園するとすぐに覚えて帰ってくる。
  • 幼稚園にトイレトレーニングが完了していなくても良いか事前に聞いておく。

 

 

スポンサーリンク

 

トイレトレーニングにはご褒美をつけるとうまくいくことがある!

1x1.trans - 【トイレトレーニング】男の子に立ちションさせるコツ3つを伝授

人間、何か目標をもっていると、そこにたどり着こうというやる気をもちますよね。

小さい子供も同じで、何か目標があるとやる気になります。

毎回、おやつやおもちゃを出す必要はありません。

シール台紙と、シールさえあればいいのです。

 

やり方は簡単。

1回トイレでできるごとに、シールを貼らせてあげるのです。

5回できたら特別シール、10回できたらお菓子、など、何度かできたら子供の喜ぶものをあげるのも、やる気につながるのでオススメですよ!

 

まとめ

 

トイレトレーニングで男の子の立ちションのコツ、でした。

トイレトレーニングを始めるタイミングは、

  • 暖かい時期
  • トイレまで自分で行けるようになり、意思表示ができてから。
  • おしっこの感覚が2時間以上あいてから。
  • 片付けが嫌ならトレーニングパンツやトレーニング用紙おむつを使う。
  • 2歳以降になってから。
  • あまりにも進まないときは中断して様子を見る

 

いずれにせよ、子供の様子を見て、始めてみてくださいね。

 

また、トイレトレーニングで男の子の立ちションをさせるコツ3つは、

ここがポイント
  • 先に座ってする方を教える。
  • トイレの環境を整えてあげる。
  • 大人にやり方を見せてもらう。

 

周りに何かを言われたり、自分の子供より小さい子が終わっているのを見ると、焦りたくなりますよね。

どうしてできないんだと、怒ってしまいそうになりますよね。

 

でも、焦らなくていいんです。

絶対できるようになるのです。

子供ができるようになるまで、見守ってあげましょう!

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!