3歳の偏食はどう対応すれば良いの?今すぐできる対策は?

20181228_child_eat

離乳食の時はたくさん食べてくれたのに、3歳になった今は偏食でほとんど食べない。

 

離乳食の時からずっと偏食で、3歳になった今も食べない。

調理方法を変えても、見た目を変えても、何しても食べない。

栄養面を考えて作るものほど食べない。

 

3歳で偏食のないお子さんを見たときは、衝撃と羨ましい気持ちで一杯になりますよね。

偏食の子を持つ親は、3食作るのも考えるのも大変です。

今回は、3歳の偏食はどう対応したら良いのか、今すぐできる対策も含めて、調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

3歳の偏食には無理やり食べさせないことが大切!

1x1.trans - 3歳の偏食はどう対応すれば良いの?今すぐできる対策は?

3歳の偏食はわがままだ!という意見が世間ではありますよね。

 

何でも食べさせないと、何でも食べる子にならない。

子供の成長には栄養が必要なんだから、無理やりにでも食べさせたほうが将来的に本人のためだ。

3歳で偏食だから小さいんだ。

 

もう、本当に言いたい放題言われますよね。

でも、本当に無理やり食べさせることが必要なのでしょうか。

3歳の偏食には、わがままではなく、きちんとした理由があるのだとしたら、無理矢理は逆効果なのではないでしょうか。

 

公益社団法人 千葉県栄養士会でこの答えを書いてくれているので、引用致します。

2~3歳の反抗期になると、食べ物についての好き嫌いをはっきり言うようになり、嫌いなものを拒否する態度を示します。

これは自己主張や自我の表れで、心の発達の一つの段階です。

 

この時期に、子どもの言いなりにすると偏食が固着するといわれていますが、嫌いな食べ物を強制することは逆効果です。

嫌いだからとその食品を遠ざけてしまわず、いろいろな調理法で作った料理を食卓にのせ食べる機会を多くするように心掛けましょう。

 

引用元:http://www.eiyou-chiba.or.jp/commons/shokuji-kou/generational/hensyoku/

 

食事というのは本来、強要されてするものではありません。

 

お腹が空いたから食べる。

食べたいから食べる。

 

それが人間の本能なのです。

 

まして、無理やり食べさせられる楽しくない食事は、さらに食べ物を美味しくない状態にします。

苦手な食材でも食卓には並べる。

食べなかったらそれはそれで仕方ない。

 

それくらいの緩さで良いのです。

 

もちろん、食事が足りなくてお腹を空かせているからといって、お菓子をあげることはよくありません。

子供が食事よりも甘いお菓子を好きなのは、当たり前です。

食事を食べなくても、お菓子が出てくるから大丈夫!なんて子供に思わせてはなりません。

 

 

お菓子はあくまでも嗜好品。

食事の代わりにあげるのはやめましょう。

何かを食べたがったら、パンケーキやおにぎり、煮豆や牛乳など、食事になるおやつをあげましょう!

 

 

3歳の偏食には、原因に対する対策を!

1x1.trans - 3歳の偏食はどう対応すれば良いの?今すぐできる対策は?

突然ですが、子供の食べないものに共通点はありませんか?

  • ネバネバしたものが嫌い。
  • どろりとしたものが嫌い。
  • 匂いを嗅いで、嫌なものは食べない。
  • 凝ったものほど食べない。
  • 緑色のものは食べない。

 

これらに当てはまる場合、そこさえ乗り越えたら、3歳の偏食の子供でも食べる可能性があります。

  • 山芋のどろっとした食感が嫌いな子には、山芋入りのお好み焼きを食べさせてみる。
  • 凝ったものほど食べない子には、ゆでた野菜や焼いただけのお肉など、単品で作ったものを何品か出す。
  • 緑色がダメなら、緑色で子供が好きそうなメロンなどを出して緑に対する警戒心を減らす。

 

少しの工夫で、偏食の3歳児が一品でも食べるものが増えるのなら、親はとても嬉しいですよね。

この方法で食べるものが増えたら、どんどん工夫をしていって、食べられるものを増やしていってあげましょう!

 

また、野菜などは生産者によって味が変わります。

糖度が高いほど子供は食べやすいので、少し高いけれど美味しい野菜をたまには出してみる、というのも良いですよね。

他にもアレルギーが原因で、食べるのを嫌がる子供もいます。

 

これを食べると口の中が違和感ある、などを感じたことのある子供は、その食べ物を嫌がります。

アレルギーは好き嫌いとは全く違うので、無理やり食べさせるのは危険です。

どうしても気になる食材があるようでしたら、検査するのも1つの手ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

偏食の3歳児には、別の食材で対応することもあり!

1x1.trans - 3歳の偏食はどう対応すれば良いの?今すぐできる対策は?

偏食の3歳児がある食材を嫌がったとします。

その食材を、調理法を変えて出し続けるのも良いでしょう。

しかし、その食材に代わる同じような栄養素をもつ食材で、別の料理を作るのもありなのです。

 

どうしてその食材を食べさせたいのか、だけを考えてみてください。

それは、その食材の持つ栄養素を子供にとってもらいたいから、という答えにたどり着きませんか。

それならば、その食材に固執する必要もありませんよね。

 

 

ようは栄養をとれたら良いのです。

何度も試して、何かかわりばえないな、なんて思ってきたらこの方法を試してみてください。

また拒否されたとしても、レパートリーが増えてラッキー!なんて、思えますよ。

 

新しい食材を試すこともできて、料理の腕も上がるなんて一石二鳥!

家族が喜ぶこと間違いなしですね。

 

 

楽しい食卓で3歳の偏食を減らす!

1x1.trans - 3歳の偏食はどう対応すれば良いの?今すぐできる対策は?

今すぐにできる対策の中で一番のオススメはこちらです。

3歳の偏食は、楽しい食卓にすると変わることがあるのを知っていますか?

  • 食事の時間に食べられないものを出されて、食べないと怒られる。
  • 食べられるものが1つもない。
  • いつも怖い顔で見られている。

 

そんなことが毎食だったら、大人でも食事をするのが嫌になりませんか?

栄養面ばかりを気にして、食事の時間を辛いものにするのは、もうやめにしましょう!

栄養面を考えた食事はどんどん出してもいいんです。

 

でも、3歳の偏食である子供が食べるのを前提に出さなくてもいいのです!

子供と一緒に食卓につき、食べられるものをたくさん食べたら褒め、これも美味しいんだよ~挑戦してみる?など、緩く誘い、ダメでも気にしない。

 

 

食べたら大げさまでに褒めまくる。

一見何も響いていないように見えて、子供って響いていることが多いです。

その緩さが子供へのプレッシャーを緩和させて、食べるものが増えたりします。

 

褒められることで嬉しくなり、新しい食材に興味を持ったり、好きになることも!

また、ご飯を少量に盛り、食べきることができたら子供自身の自信にも繋がります。

みんなでワイワイ楽しく話しながら食べて、食事の時間が大好きになったらこちらのもの!

 

 

暖かい日には外でピクニックしたり、ベランダでご飯を食べたり。

食べる状況を変えてみるのも、何か変わるかもしれませんよ。

食事の時間はお互いの辛い時間にするのではなく、楽しい時間に変えてみましょう!

 

 

環境の変化で食べるものが増える偏食の3歳児もいる!

1x1.trans - 3歳の偏食はどう対応すれば良いの?今すぐできる対策は?

幼稚園や保育園に行き始めると、偏食の子供が食べようという意欲を持つことがあります。

子供同士の影響はやはり大きいもので、挑戦しようとする気持ちが変わってきます。

 

お友達がこれを食べているのなら、食べてみようかな。

本当は苦手なんだけど、がんばってみようかな。

これを一口食べたら先生に褒めてもらえるかな。

 

 

3歳なりに色々考えて、食べようという気になります。

また、体も頭もフル回転状態になりますので、お腹もすきます。

今までは少食で心配だった子が、帰ってきて、お腹すいた~なんて言うかもしれませんよ!

時期があって、もしも入園を迷っているのなら、入園させることをオススメします。

 

まとめ

3歳の偏食についてでした。

昔の常識は今の常識に当てはまらないことも多いですよね。

偏食に対する考えもそうで、昔は好き嫌いなく食べさせることが最重要と考えられてきました。

 

給食でちゃんと食べない子は昼休みがないとか、残したものを食べるまでは夕飯は抜きとか、そういうこともありました。

嫌がるものでも無理矢理に食べさせることが、その子のためにもなるし、良いことであるとされてきたのです。

だから、今でもそのように言う人もいるでしょう。

 

今の子育て世代のお父さんお母さんも、そのように育てられた方も多いでしょう。

子供のためを思っているのはとてもよくわかります。

しかし、そのことで食事自体を嫌いになっては本末転倒ですよね。

 

  • ここがポイント
  • 食べてほしいものは出しても、無理やり食べさせない。
  • 原因に合わせた対応をする。
  • 3歳の偏食は仕方ないものとして、緩く対応する。