母子手帳は持ち歩くべきか。仕事や妊娠中、産後はどうする?

mch-handbook

妊娠おめでとうございます。
母子手帳をもらうとママになれるんだ!という喜びでわくわくしますよね。

でも実際母子手帳ってどう使うものなのか、疑問ですよね。

  • そもそも母子手帳って何のためにあるの?
  • 母子手帳ってどんな時に持ち歩くべきなの?
  • 母子手帳ケースってどんなのがいいの?
  • いつまで使うものなの?

よく分からないことだらけですよね。
実体験も踏まえご紹介していきたいと思います。

いろいろな考えがあると思いますが、ひとつの参考として読んで頂けたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 

母子手帳は常に持ち歩くべきか?

母子手帳の交付を受けてから妊娠中は必ず母子手帳を常に持ち歩きましょう。

いつどこで何が起こるか分かりません。

 

急に意識を失ったら?あなたとあなた方の大切な赤ちゃんを守るために母子手帳であなたが妊娠していることを、赤ちゃんが何週なのか知らせることが大切です。

 

母子手帳には既往歴の記載欄や、緊急連絡先の記載もあります。

あなたに意識があったとしても急に産気づいたら?話せる余裕もないかも知れません。

 

そんなときに、かかりつけ医はどこなのか、今までの妊娠経過はどうだったのか、母子手帳を持ち歩いていれば知ってもらうことができます。

 

母子手帳は何歳まで持っておくのが良い?

では、出産後はどうでしょう?

自治体によって母子手帳の大きさは異なりますが、いくら大切なものだと言ってもかさばりますよね。

 

  • 6歳までの健康状態ってことは小学校入学まで常に母子手帳は持ち歩かなきゃだめなの?
  • いつまで注意して持ち歩く必要があるの?

1歳までは母子手帳を持ち歩く方がよいでしょう。

 

1歳までは予防接種も頻繁ですので、母子手帳は持ち歩いていると安心かと思います。
私の場合、それ以降は保険証、マル福、お薬手帳だけです。

 

母子手帳は、母子健康手帳別冊や診察券、印鑑と一緒に母子手帳ケースにひとまとめにしておき、健診や予防接種のときだけ持ち歩いています。

 

遠出をする時以外の近場のおでかけであれば持ち歩かなくなる方が多いようです。

成長発達に問題がなければそれで十分ではないかと思います。

 

1x1.trans - 母子手帳は持ち歩くべきか。仕事や妊娠中、産後はどうする?

 

妊娠中、母子手帳を持ち歩くべきか?

先ほどもお話しましたが、妊娠中は必ず母子手帳を常に持ち歩きましょう。

近所のコンビニへも、仕事の時も、結婚式でも、旅行でも、旦那さんと一緒に出かけた先のトイレでもどこに行くにも持ち歩くべきです。

 

携帯電話と同じように、母子手帳も常に携帯しておいてください。

いつものバッグに直接入れるでも、コンパクトなカバーにするでも、むしろストラップつきの母子手帳ケースにしてそこにお財布を入れるでもいいと思います。

 

臨月近くなるとすぐ妊婦だと分かってもらえるかも知れませんが、異常が起こるのは、外見的に妊婦だと分かる時ばかりではありません。

正産期で産気づいたならもうあとは生むだけかも知れませんが、そうでない時は特に迅速に対応できないと母子ともに最悪の事態になりかねません。

 

マタニティ―マークを見える状態でつけることは賛否両論あるかも知れませんが、せめてカバンを開けたときにすぐ見える位置にはつけてください。

 

あなたが倒れて、話せる状態にない時、カバンを開けて身元を調べるはずです。

その時にマタニティ―マークが見えるといち早くあなたが妊婦であることを分かってもらえます。

 

そして救急隊員や搬送先の病院で母子手帳を見てもらうことができるでしょう。

ですので、妊娠中は母子手帳を常に持ち歩く必要があります。

 

1x1.trans - 母子手帳は持ち歩くべきか。仕事や妊娠中、産後はどうする?

 

仕事中、母子手帳を持ち歩くべきか?

仕事に行くときも持ち歩くべきですね。

 

職場の上司や、場合によって同僚もあなたが妊娠していることは知っているかも知れませんが、妊娠経過など詳しいことは分かりません。

あなたが仕事中倒れた時、母子健康手帳はやはり迅速かつ適切な対応に役立ちます

 

スポンサーリンク

 

産後、母子手帳を持ち歩くべきか?

1歳になるまでは予防接種も頻繁です。できるだけ持ち歩く方が良いです。

予防接種の副反応などいつどこで何が関連して何が起こるか分かりません。

 

予防接種をいつどこで何をやったか完璧に記憶することは難しいですし、何かあったとき、携帯などで振り返る時間的猶予があるかどうかも分かりません。

少なくとも1歳までは、記憶ではなく記録である母子健康手帳を持ち歩きましょう。

 

それ以降は予防接種も落ち着きますし、常に持ち歩く必要はないのではないかと個人的には思います。

私は共働きなのですが、保育園から呼び出しがあると迎えに行き、そのまま家に戻らず、かかりつけ小児科に受診しに行くことが多いです。

 

なので、いつ呼び出されてもすぐに病院に行けるように、本当に最低限の受診できるグッズとして、仕事用バッグに保険証、マル福、お薬手帳だけを常に持ち歩いています。(予約もインターネットでできるので、診察券は持ち歩いていません。)

予防接種も落ち着いた1歳をすぎるとそれで十分ではないかなと思っています。

 

1x1.trans - 母子手帳は持ち歩くべきか。仕事や妊娠中、産後はどうする?

 

さいごに

母子手帳の交付を受けたら妊娠中、母子手帳は常に持ち歩くようにしましょう。

産後は育児に追われますから、妊娠中に母子手帳を一読できるといいですね。

 

育児本もいいですが、母子手帳には大切な情報がまとまっているのでおすすめですよ!

余談ですが、母子手帳に子どもへのメッセージや、子どもが好きだったもの、かかった病気のことなども書いてあげられると振り返って読んだときに、

 

いい思い出になりますし、子どもが子育てをするときに役立つのではないかと思います。

育児日記をつける余裕まではなくても、母子手帳だけは大切にしていきたいですね。

 

その当時当たり前だったことも、少し時が経つと分からなくなってしまうものです。

あなたの育児に少しでもお役に立てたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!