布おむつの保育園は大変?メリットとデメリットをまとめてみた

20181003-pull-himself3

お子さんを保育園に預けようと思っている方、保育園を比較する中で

  • 「布おむつを使用する保育園」「紙おむつを使用する保育園」があって、どっちにしようか迷っている
  • 布おむつと紙おむつ、どっちがラクなのかよくわからない!

そう思っている方も多いのではないでしょうか。

 

また、布おむつは

  • トイレトレーニングにつながりやすそう!
  • でも、おむつ替えや洗濯などの後処理がいろいろとめんどくさそう…

とぼんやりとしたイメージを持っている方は多いとは思います。

 

そこで、今回は保育園で布おむつを使う場合、どのようなメリット・デメリットがあるのかまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

保育園での布おむつ!気になるのは洗濯の手間!

1x1.trans - 布おむつの保育園は大変?メリットとデメリットをまとめてみた

なんと言っても、布おむつで気になるのがおむつの後処理

紙おむつとは違い、使い捨てではないので、布おむつは毎回洗濯する必要があります。

 

紙おむつを使用する保育園の場合、保育園で紙おむつを処理してくれるところもありますが、持ち帰る必要があるところもあります。

その場合でも、手間は紙おむつを持ち帰ってごみ箱に捨てるだけですが、布おむつの場合はそうはいきません…。

毎日のこととなると、手間がどれだけかかるのか不安になってしまいますよね…。

 

また、布おむつを使う保育園の場合、

・保育園で使う布おむつはどうやって準備したらいいの?
・保育園では後処理をどこまでやってくれるの?

と疑問に思う方も多いはずです。

 

保育園によってやり方は違いますが、大きく分けて2パターンあります。

・お金を支払えば、布おむつの準備から、洗濯またはクリーニングまで全てやってくれる
・布おむつは自分で準備し、使用済おむつは毎回持って帰って洗濯する

 

 

1つ目の「お金を支払えば、布おむつの準備から、洗濯またはクリーニングまで全てやってくれる」場合は、経済面としてはデメリットになると思いますが、全て保育園で面倒を見てくれるので、ママの手間が一切かからず、とても楽です!

ただし、保育園で一括しておむつを準備・洗濯するので、おむつは共用のものになります。

他の子と共用のおむつを使うことに抵抗がある方、気になる方には不向きかもしれません。

 

2つ目の「布おむつは自分で準備し、使用済おむつは持って帰って洗濯する」場合でも、うんちをした場合は保育園で予洗いをさっとしてくれるところが多いようです。

予洗いしてくれるだけでも、家で手洗いする手間が省けるので助かりますよね。

 

でも、布おむつを持って帰って洗濯する場合、保育園から帰ってからすぐに洗濯できればいいのですが、

「帰宅後は夕食の準備など家事が忙しくて洗濯する時間がない!」

という方も少なくないのではないのでしょうか。

そのまま布おむつを放置していると臭いの原因にもなるので、すぐに洗濯できない場合は、とりあえず洗剤と水を張ったバケツに布おむつを入れておくといいですよ!

 

 

保育園での布おむつのメリット!紙おむつより経済的!

1x1.trans - 布おむつの保育園は大変?メリットとデメリットをまとめてみた

やはり、何と言っても布おむつのメリットは経済的なことでしょう。

布おむつ持参の保育園であれば、洗濯して繰り返し使うので出費は初期費用くらいです。

ちなみに布おむつの場合は準備するものとして

・布おむつ
・おむつカバー

の2つがあります。

 

布おむつというのは直接赤ちゃんの肌に触れる吸収体の部分です。

おむつカバーは、布おむつだけでは漏れてしまうので、マジックテープがついた防水カバーのことです。

 

 

洗い替えのことを考えると、布おむつは40~50枚程度は準備したいところです。布おむつは1枚あたり150円ほどで売られていますよ!

おむつカバーも予備として5枚程度必要になるかと思います。こちらは1枚あたり1000円程度で売られています。

 

布おむつの場合は、身体が大きくなってサイズを大きいものに替えることはありますが、紙おむつであれば、おむつが外れるまでずっと使い捨てで準備する必要があるので、かなりの出費になります。

おむつ外れが遅いとその分、紙おむつ代はバカにならない額になることも…。

それに比べると布おむつは費用面では安く済むので、最大のメリットは経済面であることがわかりますね。

 

スポンサーリンク

 

保育園で使うおむつの名前書きも布おむつなら最小限!

1x1.trans - 布おむつの保育園は大変?メリットとデメリットをまとめてみた

保育園といえば、持ち物全てに名前を書くところも多いです。おむつも例外ではありません。

おむつを持参する保育園では、布おむつ・紙おむつに名前の記入をお願いされます。

 

そもそも名前を記入する意味は、

・おむつ替えのときに誰のおむつか一目でわかるようにするため(サイズなどもその子によって違うので)

・使用済おむつを持ち帰る際に、別の子のおむつが入らないようにするため

 

紙おむつであれば使い捨てなので、毎回名前を記入する必要がありますが、布おむつであれば、枚数が限られているので、最初に名前を記入しておけば、その後の手間が省けるところがメリットです。

 

名前の記入方法は、マジックで書く方法もありますが、今は名前スタンプや、名前シール、アイロンで接着するタイプの名前タグなどいろいろあります。

紙おむつの場合は、名前スタンプが便利ですが、それでも使い捨てなので、おむつ外れまで何枚スタンプするのかと思うとゾッとしてしまいますよね…!

 

布おむつを使えば、おむつ外れが早くなる!

1x1.trans - 布おむつの保育園は大変?メリットとデメリットをまとめてみた

布おむつは、濡れた感覚が感じやすいので、紙おむつを使うよりもおむつ外れが早くなる傾向があります。

おむつが濡れた感覚がわかると「なんか気持ち悪いな…」という不快感を感じます。

これがおむつ外れが早くなる理由です!

今の紙おむつは吸収性が素晴らしすぎるので、1回や2回のおしっこでは、この「気持ち悪いな…」が感じにくいんですよね…。

 

 

早くにおむつ外れができると、布おむつを使う期間が短くなり、その分、洗濯などの手間もかからなくなるので、ずいぶんと楽になりますね。

肌の弱いお子さんは、とくに早めにおむつ外れさせてあげたいものです。

 

おしりが真っ赤になっているのを見るとかわいそうですよね。夏場はとくに蒸れやすいので、おむつかぶれも起こしやすいです。

布おむつは肌当たりがいいので、肌が弱いお子さんでも快適に使えるところもメリットですが、やはり濡れたおむつをつけていることは肌には負担になってしまうので、早めにおむつが外れてくれると、おむつかぶれもしなくなるのでいいですね!

 

また、保育園では周りの子どもがトイレをしている姿を見る機会が多くなるので、周りに刺激されてトイレに興味を持つようになる子も多いです。

こんな環境を利用して、せっかくなら保育園で布おむつを使って、さらにおむつ外れ・トイレトレーニングを早めに終わらせてみませんか?

 

 

まとめ

今回は保育園での布おむつのメリットとデメリットをご紹介しました。

保育園ではなく、家で布おむつを使う場合は、

  • おむつ替え
  • 手洗い
  • 洗濯
  • 干す
  • たたむ

すべての工程をママがやる必要がありますが、保育園で預けている間に布おむつを使えば、手間の一部を保育園でやってくれるので、ママの手間が省けて比較的ラクにできますよ。

布おむつのメリットとデメリットを理解したうえで、あなたとお子さんに合った方法を選んでくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!