生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

20181024-nursery-school8

「保活」「待機児童」「保育園難民」…。

働くママにとって、子供の保育園は最も気になる話題の一つですよね。

確実に保育園に入れるためにも、そして仕事のブランクを短くするためにも、生後6ヶ月で子供を保育園に預けたい…。

 

でも、こんなに早くから預けてもいいのか、母乳育児は続けられるのか、と、保育園入園を不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は生後6ヶ月で保育園に預ける場合の母乳育児との両立の仕方や、実際に預けられる時間などについて見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

生後6ヶ月で保育園に入れるのはかわいそう?!

1x1.trans - 生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

生後6ヶ月と言えば、やっと離乳食が始まり、寝返りが上手になったり、おすわりができるようになったりと、成長著しい時期。

「こんなにかわいい時期に子供を保育園に入れるなんてかわいそう!」

周囲からそんな風に言われて、保育園に預けることに後ろめたさを感じていませんか?

 

まず、本当に生後6ヶ月で保育園に入れるのはかわいそうなのか、考えてみたいと思います。

 

生後6ヶ月で子供を保育園に預けるママを悩ます「3歳児神話」はもう古い!

1x1.trans - 生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

子供が小さいうちから保育園に預けるというと、必ずと言っていいほど言われるのが、「子供は3歳になるまで、母親は育児に専念すべき」という説。

特におじいちゃんおばあちゃん世代が呪文のように唱える、このいわゆる「3歳児神話」にはたして信憑性はあるのでしょうか?

 

実際の調査によると、3歳未満の子供の母親が働いていても、子供の問題行動や母親の愛情不足、母子関係への影響は見られなかった、とのこと。

1998年の厚労白書でも、「『3歳児神話』には、少なくとも合理的な根拠は認められない」と、これを否定しています。

 

 

子供に注がれる愛情は、何も母親からのものに限ったものではありません。

父親やおじいちゃんおばあちゃん、地域の人々や保育園の先生たちなど、様々な人と関わり、その人たちから愛情を注がれることで、子供は情緒豊かに成長していくのです。

 

3歳児神話とは、何の根拠もない過去の遺物。

生後6ヶ月から子供を保育園に預けて働くママは、そんな説に惑わされず、子供にたっぷりの愛情を注ぎながら、自信をもって保育園に通わせてあげてください。

 

生後6ヶ月で保育園に入れるとメリットもたくさん!

1x1.trans - 生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

生後6ヶ月で保育園に入れることには、1歳や2歳から入れる場合に比べてメリットもたくさんあります。

 

ここがポイント
  • 保育園での生活に慣れるのが早い
  • 1歳児クラス、2歳児クラスよりも比較的入園しやすい
  • 早いうちから免疫力をつけることができる
  • 生活のリズムを整えやすい
  • ママの仕事のブランクを短くできる
  • 困ったときや子育てに悩んだ時も、保育士に気軽に相談することができる

などなど。

 

保育園に早くから預けることは、何も母親のためだけではなく、子供の成長にも良い影響を及ぼすことが多いのです。

 

対象はデメリットもあります。

  • 送り迎えや登園準備などでバタバタの生活になる
  • 子供の「初めて」を見逃してしまうことも…

など、デメリットも考えられるには考えられますが、それは年齢が上がってから入園しても同じこと。

 

かわいい盛りのわが子を保育園に預けることに抵抗がある方もいるかと思いますが、「保育園に行くことで、母親からだけでなく、もっと多くの人から愛情を注いでもらえる」と考えれば、少し気が楽になるのではないでしょうか?

 

保育園の保育時間…生後6ヶ月だとどれくらい?

1x1.trans - 生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

生後6ヶ月での保育園入園を検討するにあたって、気になるのが「生後6ヶ月の子供は一体何時間くらい預かってもらえるのか」ということ。

保育時間は認可保育園か認証保育園か、そしてそれぞれの園によっても若干の違いはありますが、認可保育園では、1歳未満は8時間以内の預かりが一般的なようです。

 

1歳を過ぎると11時間までの保育が可能になので、それに比べると0歳児は少し時間が短くなりますが、認証保育園では0歳児でも13~14時間まで預かってもらえるところが多くあります。

 

 

保育園の開所時間についても園ごとに違いはありますが、認可の場合は7:15~20:15というところが多く、認証の場合は21時ごろまで預かってくれる園もありますよ。

ただし、育成上の配慮の観点などから、0歳児の保育時間帯を限定している自治体・園もあるので注意が必要。

 

一例をあげると、北区の認可保育園は基本の保育時間が7:15~18:15ですが、生後8ヶ月未満の子供の利用時間は原則8:30~16:30の時間内、となっています。

 

 

保育園選びの際は、送り迎えが可能な保育時間か、もしくは保育時間に合わせて勤務時間を調整できるか、という点を考慮したいですね。

 

スポンサーリンク

 

生後6ヶ月の子供は保育園でどう過ごす?

1x1.trans - 生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

では、実際に生後6ヶ月で保育園に通うことになると、毎日どんなスケジュールで過ごすようになるのでしょうか?

もちろん、保育時間と同様、園によって一日のスケジュールは様々ですが、基本的な0歳児クラスの生活スケジュールは下記の通りです。

時間 内容
8:00 登園、自由遊び
9:00 お片付け、トイレ・おむつ替え、午前のおやつ・授乳
10:00 主活動(外遊び、散歩、室内遊びなど)
11:00 お片付け、トイレ・おむつ替え
11:30 給食・授乳
12:00 お昼寝
15:00 起床、トイレ・おむつ替え、午後のおやつ・授乳
16:00 自由遊び、降園

 

0歳児は月齢によっても成長度合いが大きく異なるため、実際にはもう少し子供一人一人に合わせたスケジュールになるかと思いますが、約3時間おきの授乳に午後のお昼寝、というのが一般的なようですね。

月齢が低い子供は、午前中にさらに1回お昼寝が加わる場合も。

 

 

また、保育園で離乳食を与えるのは3回食に進んでからで、1、2回食の間は朝と晩に家であげてくださいと言われることが多いようです。

 

授乳時間や遊びの時間、お昼寝時間などがある程度決まっているため、規則正しい生活リズムができており、子供たちもメリハリをつけて生活できそうですね。

保育園での1日のスケジュールを把握したうえで、家庭での授乳や離乳食、布団に入る時間などを調整するようにしましょう。

 

保育園に通う生後6ヶ月の子供に母乳育児は無理?

1x1.trans - 生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

子供を保育園に預けて働くようになっても、母乳で育ててあげたいと考えるママは多いはず。

でも、日中子供のそばにいられない状況で、果たして母乳育児を続けることは可能なのでしょうか?

ここでは、保育園生活と母乳育児を両立する方法やコツについてご紹介したいと思います。

 

母乳受入れ不可の保育園も…保育園選びは慎重に!

1x1.trans - 生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

母乳育児を続ける場合、入園後は母乳を冷凍して保育園に預け、授乳タイムに適宜与えてもらう、というのが一般的な方法になると思います。

でも、ここで注意が必要なのが、すべての保育園が冷凍母乳を受け入れてくれるわけではない、ということ。

 

食育推進基本法の中の「保育所食育に関する指針」では、「冷凍母乳の受け入れ体制も整え、母乳育児の継続を支援できるように配慮する。」とあります。

しかし、これはあくまで指針であり、母乳の衛生管理上、冷凍母乳の受け入れを行っていない保育園も存在するのが現状なのです。

 

母乳を受け入れてくれるかどうかは、その園の方針によって異なりますから、母乳育児を続けたい場合は、入園前に必ず母乳の受け入れを行っているか確認するようにしましょう。

 

保育園に冷凍した母乳を持ち込む場合のポイントは?

1x1.trans - 生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

先ほども述べたように、保育園入園後も母乳育児を続ける場合、一番オーソドックスなのは搾乳した母乳を冷凍して保育園に預ける方法です。

母乳を冷凍して、栄養的に問題はないのかと心配になるかもしれませんが、母乳を冷凍したとしても栄養分はそのほとんどが保たれます。

 

脂肪や細胞は若干失われてしまいますが、母乳には失われた細胞以上に感染予防に役立つ多くの物質が含まれていますので、冷凍母乳であっても十分子供を感染症などから守ることができるのです。

 

 

また、母乳を冷凍してから時間が経ってしまうと雑菌が繁殖するのでは、と気にする方もいるかもしれませんね。

この疑問に関しては、清潔な手や消毒済みの搾乳器を使う、といった衛生面の条件が満たされていれば心配いりません。

 

むしろ、母乳には細菌を食べる細胞も含まれているため、搾乳した直後よりも、ある程度搾乳して時間が経ってからの方が細菌数は減る、という研究結果もあるのだとか。

 

 

直接授乳するのと同じように子供にあげられる冷凍母乳ですが、注意点もいくつかあります。

具体的には以下の通りです。

  • 搾乳前は手洗い、搾乳器の洗浄・消毒、乳頭の清浄を徹底する。
  • 母親が体調を崩しているときや乳房や乳首に異常があるときは搾乳を控える。
  • 母乳バッグの内側を手で触らない。
  • 凍結後1週間以内の母乳を、凍ったまま保育園に持参する。

 

冷凍母乳を凍ったまま保育園まで持ち運ぶには、保冷バッグや保冷剤を活用するといいですよ。

もし溶けてしまった場合、そのまま与えるときは持ち運び開始から4時間以内、冷蔵庫に入れた場合は持ち運び開始から24時間以内には使い切るようにしましょう。

 

持ち運び中に溶けて、室温くらいまで母乳の温度が上がってしまった場合は、衛生面の心配がありますので、子供に飲ませるのはやめた方がいいでしょう。また、再冷凍は行わないようにします。

すき間時間や夜間の搾乳は大変かもしれませんが、衛生面に気を付ければ、保育園に通わせながらでも母乳育児を続けられますよ!

 

保育園で生後6ヶ月の子供に冷凍母乳をあげられない場合は?

1x1.trans - 生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

では、子供が哺乳瓶を嫌って冷凍母乳が与えられない場合や、冷凍母乳受入れ不可の保育園にやむを得ず入園した場合、母乳育児の継続はあきらめるしかないのでしょうか?

 

哺乳瓶を嫌がって冷凍母乳を子供が飲んでくれない場合、保育士さんとも相談の上、決められた授乳スケジュールではなく、空腹のタイミングを狙って臨機応変に授乳してもらうといいでしょう。

 

 

また、いろいろな種類の哺乳瓶を試してみたり、保育士さんにお願いしてスプーンやスポイトなど哺乳瓶以外のもので飲ませてもらったりするなどの工夫をしてもらってもいいですね。

 

ただ、こうした工夫をしてみても冷凍母乳を飲んでくれない場合や、冷凍母乳受入れ不可の保育園に通う場合、最終手段として昼休みなどに直接保育園まで授乳しに行く、という方法もあります。

 

直接保育園に出向いて子供に授乳を行う場合、職場と保育園双方との連携が重要となります。

勤務中に職場を抜けて授乳に行くときは、もちろん上司や同僚の理解を得る必要がありますし、保育園側にも母親が授乳しに来ることを了承してもらわないといけません。

 

 

さらに、いつも同じ時間に仕事を抜け出せるとは限らず、業務が立て込んでしまったり、急な来客があったりすると授乳に行きそびれてしまう、ということも。

このように、保育園に出向いての授乳はママへの負担がかなり大きくなりますが、どうしても完母を続けたい場合は検討してみてもいいかもしれません。

 

 生後6ヶ月での保育園通いでは母乳にこだわらず粉ミルクも活用を

1x1.trans - 生後6ヶ月の保育園!夜母乳で両立は可能?預けられる時間は?

ここまでは、完母、もしくはなるべく母乳で育てたいという方に向けた、両立のコツやポイントをお伝えしてきました。

でも、生後6ヶ月で保育園に預けるなら、保育時間中はミルクにするという選択をしてもいいかと思います。

栄養的には母乳も粉ミルクもほとんど変わりませんし、なによりママの負担を減らすことができます。

 

もちろん、勤務中に胸が張ってしまう場合や、乳腺炎の予防のために、搾乳は必要だと思います。

しかし、「無理せず、母乳をあげられないときには粉ミルクを与えてもらう」と考えるだけで、気持ちが楽になり、子育てと仕事との両立にも肩の力を抜いて取り組めるのではないでしょうか?

 

 

保育園入園に合わせて混合育児に切り替える場合、哺乳瓶でミルクを飲む練習をさせておきたいですね。

そして、登園前や降園後、お休みの日などは、愛情をたっぷり注いで母乳を吸わせてあげるといいでしょう。

粉ミルクもうまく活用しながら、負担の少ない育児ができるといいですね。

 

まとめ

 

生後6ヶ月での保育園入園。

仕事復帰後の生活はどうなるのか、子供がうまく保育園になじめるのか、ママの不安は尽きないと思います。

たしかに、今まで子供とべったりだった生活からは一転、余裕のないことも出てくるでしょう。

 

思うようにいかず落ち込むこともあるかもしれません。

しかし、保育園に通うことは子供にとってもメリットがたくさん。

 

保育時間中の授乳の不安などもあるかと思いますが、ここでご紹介した方法を参考にしながら、無理せず納得のいく子育てをしてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!