保育園の希望理由は?正しい書き方とパターン別の具体例

20181024-nursery-school8

「待機児童」という言葉は、もう世の中に定着してしまいましたね。

昔と比べれば、共働きが珍しくなくなってきた今日、保育園問題は早急に解決してもらいたい深刻な問題となっています。

 

保育園激戦区では、妊婦のうちから「保活」を考えないと間に合わないという話しも聞きますね。

「なんとしても、保育園に入れたい。入れてもらえなかったらすごく困る!」

そんな切羽詰まった気分で、資料を取り寄せ、申請書類の書き方で頭を抱えている人も多いのではありませんか?

 

この書類で、すべてが決まる。

だからこそ、希望理由ってどう書いたらいいんだろう…。

そんな人のために、正しい書き方とパターン別の具体例を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

保育園の希望理由って書かないダメなの?

1x1.trans - 保育園の希望理由は?正しい書き方とパターン別の具体例

保育園の入所審査には、「保育所入所基準指数表」をベースとした点数制となっています。

「保育所入所基準指数表」に基づいて機械的に振り分けていくと、同じポイントの人がたくさん出てきます。

その時に必要になってくるのが、希望理由なのです。

 

申請書類の中に、「保育園に入園を希望する理由」や「備考」欄がありませんか?

そこに、なぜその入園させる必要があるのかをしっかりと書くことが大切です。

審査するのは人なので、シンプルに「就労のため」と書くよりは、「どれだけ自分にとって保育園に入れることが必要なことなのか」をアピールすることで、入園の優先度が変わってくるかもしれません。

直接担当者と話せるわけではないので、この申請書類が唯一の訴えることができる場なのです。

 

 

保育園の希望理由が「就労のため」なら具体的にどんなことを書く?

1x1.trans - 保育園の希望理由は?正しい書き方とパターン別の具体例

では、具体的にどんなことを書くといいのでしょうか?

就労のための入所希望なら

  • なぜ共働きでなくてはならないのかという一家の経済状況
  • 早急に仕事復帰しないといけない職場の状況
  • 子どもをみることができないという育児の負担状況

などをしっかりとアピールしましょう。

 

一家の経済状況としては、ローンの有無や実家への援助といったことですね。

「住宅ローンがあり、夫の収入だけでは生活が苦しいので、職場復帰しないといけない」など具体的に書きましょう。

職場の状況とは、「仕事復帰を急かされていてこのままだと退職になってしまう」「通勤時間の関係で、この保育園でないと送り迎えができない」など、自分の状況だけでなく、ご主人のものも含めてわかりやすく伝えましょう。

 

フルタイムで働くとなると、延長保育が必要か必要ではないかも審査の基準になってきます。

延長保育が必要な人は、その点も保育園選びの上で立派な希望理由になりますので、その点も書きましょう。

育児の負担状況とは、ご主人の帰宅時間が遅いなどで、自分一人で育児をしないといけないワンオペ育児になっている場合にアピールするポイントです。

 

 

添付する書類や紙面上ではわかりかねる各家庭の状況を、担当者に伝えることを念頭に置いて、細かく具体的に書くとよいでしょう。

それではいくつか書き方を紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

保育園の希望理由の具体的な書き方

1x1.trans - 保育園の希望理由は?正しい書き方とパターン別の具体例

添付する書類ではわからない家庭の状況を、具体的にしっかりと書くことを心がけましょう。

 

保育園の希望理由 【育休明け・フルタイム仕事復帰予定 】

〇月〇日に育休を終え、仕事復帰予定です。職場は人員に余裕があるわけではなく、仕事復帰を遅らせるわけにはいきません。主人の仕事は、終わる時間が不規則なため、育児に参加するのが難しい状態です。私がフルタイムで働くと、仕事が終わるのが18時となるため、延長保育を希望しており、送迎の関係で、職場に近い〇〇保育園への入所を希望しています。

 

 

保育園の希望理由【就業中・フルタイム 1】

現在、一時保育と両家の両親の協力を得て就業しています。しかし、両親が高齢で病気がちとなってきて長時間子どもの面倒をみることが難しくなりました。また、毎日一日中一時保育に預けるには経済的負担も大きく、主に送り迎えをする私が免許を持っていないため、家から徒歩圏内の〇〇保育園への入所を希望します。

 

 

保育園の希望理由【就業中・フルタイム 2】

住宅ローンの返済でフルタイムの共働きでないと経済的に厳しく、夫婦の両親は遠方に住んでいるため、協力は頼めません。主人の仕事は夜勤もあるため、日中の子どもの世話は難しい状態です。終業時間が18時を過ぎるため、家の近くの保育園では迎えが間に合わないので、職場から近い〇〇保育園への入所を希望します。

 

このように、「他の家庭よりも深刻な状況で保育所に入れないと困るんだ」ということが伝わる文章だと、入園へのアピールになるかもしれません。

保育上・教育上の観点から、特定の保育園への入園を希望する場合もあるかと思います。

 

保育園の希望理由【私立の保育園に入れたい】

〇〇保育園の園庭開放やイベントに参加させていただき、園の環境や保育に対しての園の方針などにとても共感でき、ぜひ入園させていただきたいと希望します。〇〇保育園の園児はとても行儀がよく、いつ行っても気持ちよい時間を過ごさせてもらっています。これは、子どもたちへの保育がしっかりしているからだと考え、自分の子どもを預けるのに信頼のおける園だと思ってお願いしたく思います。

 

このように、子どもをしっかりと保育してくれる園で任せたいという点を強調した書き方がよいでしょう。

ちなみに、今年の4月に3歳の娘を保育園に入れるために私が書いた希望理由は、こんな感じです。

 

去年の6月に子どもを産んで現在育休中ですが、4月15日付で仕事復帰を考えています。実家は近いのですが、0歳の息子と3歳の娘、2人を同時に面倒みることは、家で仕事をしている高齢の両親には難しいと考えております。職場の人員にもそんなに余裕があるわけではないので、できるだけ早めの復帰を求められています。主人の仕事も何時に終わるかわからず、平日の育児の参加は難しい状況です。私の仕事は始業は昼からではありますが、終業は22時を回るので、両親の手を借りなくては子どもを育てることはできません。日中の両親の負担を少しでも減らすためにも、保育園への入園を希望します。

 

 

嘆願書って何?

1x1.trans - 保育園の希望理由は?正しい書き方とパターン別の具体例

「保育園に絶対はいらないと我が家はやっていけないんだ!」そんな強い入園希望があるなら、嘆願書を書くのも一つの方法です。

嘆願書とは、正式な書類ではないのですが、希望理由を書く場所に書ききれないことをより詳しく伝える手段だと思ってください。

法的な効力は何もありませんが、切実な状況を伝えるには有効的だと思います。

 

便箋などに状況を詳しく書き、その状況を裏付ける資料を添付するとよいでしょう。

たとえば、家族に介護が必要な人がいるのなら、

  • 介護手帳のコピー
  • 介護等級がわかる資料
  • 病院の診断書

給料が下がって経済的に厳しいのなら、

  • 会社の業績がわかるもの
  • 給料明細のコピーなどから給料の推移がわかるもの

このようなものを一緒に提出します。

 

これらを添付したからといって、入園が確約されるわけではありません。

しかし、同じポイントで並んだ場合には、参考にしてはもらえるでしょう。

 

 

まとめ

保活激戦区では、保育園への希望理由が大事になることがわかったかと思います。

希望理由は「具体的に担当者に伝える」ことを意識して、しっかりと書きましょう。

「何が何でも保育園に入れてほしい」という時には、嘆願書をつけることも考えてみてください。

できるだけ、希望に沿った保育園に大事な子どもを預けることができるといいですね。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!