保育園の靴の名前は?シール・スタンプ・手書きのどれが良い?

2019026-shoes6

保育園に入る時には、大量の洋服や道具、そのすべてに名前を書かなければいけません。

  • 時間がかかる
  • 自分の字に自信がない

とても苦痛な作業です。

 

特に靴は、どこに書いたらいいのか。

どうやって書いたらきれいに書けるのか。

そこで、保育園にはいていく靴に名前を書くとすると、どこにどうやって書いているのかを調べてみました。

 

シールやスタンプという方法もありますよ。

 

スポンサーリンク

 

保育園の靴への名前は外側に書く

1x1.trans - 保育園の靴の名前は?シール・スタンプ・手書きのどれが良い?

まず、名前を書くとすると、マジックで靴に直接が一番に思いつくでしょう。

目立つ場所に名前を書くとしたら踵のあたりがベストでしょうか。

 

では、メリットとデメリットをみていきます。

 

≪メリット≫

  • 下駄箱に入れた時に踵あたりに名前があるとすぐわかる。
  • 靴の外側に書くことで、保育士に見えやすい。

 

保育園の子どもたちはまだ自分の名前が読めない子も多くいます。

そして、IFME(イフミー)のように人気のある靴の場合、同じデザインやサイズの子もたくさんいて、ついついわからなくなってしまうことがあるでしょう。

そういう時に、外側に名前があると、保育士さんの手を煩わせることなく持ち主がわかるのはメリットです。

 

≪デメリット≫

  • 誰にでも名前が見えてしまう。
  • お下がりとして回しにくい。

 

最近は、小学校でも名札を帰りには外して帰るように指導が入るところもあるような世の中です。

不特定多数の人に名前をさらすことで、かわいい我が子が犯罪に巻き込まれてしまう可能性も否定できません。

名前が大きく見えるように誰にでも見えるようにしておくことに抵抗がある人もいらっしゃるでしょう。

 

そういう人には、外側への名前はNGです。

また、子どもの成長のスピードは想像以上です。

我が家も3歳の娘のために、今年の梅雨前に買ったサンダルは、夏本番を迎える前にサイズアウトしてしまいました。

 

まだきれいで履ける状態の靴なら、下の兄弟や友達に回したい。

最近は、フリマに回したいという人もいらっしゃいますね。

そんなときには、外に名前が書かれているとちょっと使い勝手が悪いですね。

名前を黒塗りでつぶすのはカッコ悪いです。

 

 

スポンサーリンク

 

保育園の靴への名前は内側に書く

1x1.trans - 保育園の靴の名前は?シール・スタンプ・手書きのどれが良い?

実際に私の娘の保育園だと、ぱっと見た感じだと靴に名前が見当たらなかったので、内側に書いている人が多いのかなと思いました。

靴の内側の一番目立つ場所となると、踵あたりの中敷きですね。

 

≪メリット≫

  • 外から名前が直接見えるわけではないので防犯上安心。
  • 靴のデザインの邪魔にならないので、保育園以外でも履かせるのに抵抗がない。

 

靴の外側に名前を書く時に問題となった防犯上の問題は解決できそうです。

また、かわいいデザインの靴にマジックで名前を書くということに抵抗があった人にとっても、内側なら目立たないので抵抗が少ないでしょう。

 

≪デメリット≫

  • 名前がぱっと目立たない。
  • お下がりとして使わせにくい。
  • 名前が書きにくい。

 

確かに名前は書いてあるのですが、保育士さんにすぐ見えるわけではないので、ちょっと手を煩わせてしまいます。

名前がすぐに見えるようでないと名前を書く意味がないかなと思います。

また、お下がり問題は全く解決できていません。

まさしく、塗りつぶして履くしかない状態ですね。

 

そして、何より問題なのは、取り出せない中敷きは名前が書きにくい!

普段から字に自信がない人が書くと、ますます字が汚くなります。

自分のものならともかく、自分の子どものものとなると、ちょっと人目が気になります…。

できることなら、丁寧に書けないようなところには書きたくありません。

 

 

保育園の靴に名前を書くのにシールはどう?

1x1.trans - 保育園の靴の名前は?シール・スタンプ・手書きのどれが良い?

靴に名前を書く方法として、お名前シールがあります。

うちの娘の上履きはこれですね。

シールに名前を書き、アイロンでくっつけるという方法です。

 

靴用のものもありますが、普通のアイロンでくっつけるタイプのお名前シールでもはがれません。

お名前シールによっては、ハートの形や雲の形などのかわいいものもあり、上履きなどのワンポイントにぴったりです。

また、アイロン接着タイプのお名前シールは、靴にだけでなく洋服にも使えますので、使いまわしがききます。

 

 

うちの娘は、ピンクの上履きに、ピンクのハートのお名前シールを外側に貼っています。

上履きなので、防犯上の心配はないと考えて、保育士さんに見えやすいことが優先です。

 

そして、うちの娘も「ハートがついているのが私の」と目印になっているみたいです。

トイレに行ったりするときには、数人まとめて靴を脱いでいて、よく同じような靴があるので、これはかわいいし、いい目印になっていると私は思います。

外靴としては、中敷きに張るタイプもあり、右・左で合わせると一つの絵になるようなシールもあり、まだ右・左がわからない子にはいい目印になります。

 

 

問題は、ゴシゴシ洗う機会が多いので、剥がれやすいことです。

うちの子の上靴もしっかりアイロン付けしたのですが、端のほうから少しずつ剥がれてきました。

 

 

≪メリット≫

  • ワンポイントとなってかわいい。
  • 同じような靴の中で、目印となる。

 

≪デメリット≫

  • 剥がれやすい。

 

 

保育園の靴に名前を書くのはスタンプが楽!

1x1.trans - 保育園の靴の名前は?シール・スタンプ・手書きのどれが良い?

保育園に入る前に個人的に揃えておくといいと思ったものは、「お名前スタンプ」。

いろいろなメーカーが出していますが、一つは持っておくといいと思います。

お名前スタンプの何がおすすめって、ママだけでなく、パパに手伝ってもらえること。

 

うちは、パパがお名前シールにお名前スタンプをどんどん押していって、私が洋服や布団などにどんどん貼っていくという分担作業で保育園の準備をしていきました。

靴にもこのスタンプ作戦は使えます。

さきほど出てきたアイロン接着タイプのお名前シールにスタンプしていって、靴に直接貼るというのでもいいかと思います。

 

 

おすすめは、靴のかかとにあるプルストラップに名前をスタンプしたリボンなどを輪っかにしてくっつけるというもの。

これだと名前が外から見えてほしくないときには、リボンをくるっと回して名前の部分をプルストラップの中に隠せます。

だから、保育園以外でも履くことができ、防犯上の問題も解決。

 

また、お下がりとして回したいときには、リボンをはさみでチョキンと切ってしまえばいいので簡単です。

こういう小さいところに名前を書く時には、スタンプが断然おすすめです。

にじまないし、きれいに名前が書けますからね。

縦書きも横書きもでき、大きい字も小さい字も対応できるスタンプもあります。

 

 

≪メリット≫

  • パパにも手伝ってもらえて、ママだけに負担がかからない。
  • 小さいところにも名前が書ける。
  • にじまないし、きれいに書ける。

 

≪デメリット≫

  • まずは、スタンプを準備しないといけない。
  • いろいろな状況に対応できるスタンプは高い。

 

 

保育園の靴に名前を書くのはやっぱり手書きでしょ!

1x1.trans - 保育園の靴の名前は?シール・スタンプ・手書きのどれが良い?

靴に名前を書くのに一番お手軽な方法は、マジックでの手書きでしょう。

買ってすぐにチャチャっと名前を書いてしまえるので、便利ですよね。

経済的にも、一番お金がかかりません。

 

靴に名前を書く時には、できるだけにじまないマジックを選びましょう。

布用や洗濯に強いマジックが出ていますので、その様なものが靴にも向いているでしょう。

濃い色の靴の中敷きに名前を書くなら、白のマジックもあります。

白のマジックは、濃い色の靴下に名前を書く時にも使えると思います。

 

≪メリット≫

  • 手軽で経済的。

 

≪デメリット≫

  • にじむ。
  • 字が汚い人にとっては苦痛。
  • 色が濃い靴に書く時には、白いマジックを準備しないといけない。

 

 

まとめ

靴に名前を書く方法はいろいろあります。

手書きも味があっていいでしょう。

多少、字が変になってもそれはお愛嬌。

ちょっとしたワンポイントとして使いたいなら、お名前シールはかわいいです。

 

女の子は喜びそう!

スタンプを使うと、小さいところにも使えるので、靴だけでなくいろいろな場面でも活躍してくれそう。

子どもにとっては、靴は思った以上に消耗品です。

一年間に何足も買い替えることもあるかと思います。

自分にぴったりの方法で、準備をしていきましょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!