保育園の靴下の名前!アイロンテープはどこにすればよい?

2019026-socks

保育園に入園するとき、たくさんの洋服や道具に名前を書かなくてはいけません。

これが結構大変ですよね。

  • 何度も書きたくないので、できるだけ長持ちしてほしい。
  • できるだけ手間がかからないものであってほしい。

最近は、いろいろな名前をつけるグッズも出ていて、忙しいママの心強い味方となってくれています。

 

では、保育園に履いていく靴下へ名前を書くとすると

  • どこに書くの?
  • どうやって?

私が実際に試した結果も含めて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

保育園に履いていく靴下に名前を書くとするとどこに?

1x1.trans - 保育園の靴下の名前!アイロンテープはどこにすればよい?

保育園に履いていく靴下への名前はどこに書いたらいいのか悩みますよね。

保育園によっては、どこに書きなさいという指定があるところもあるそうですから、まずは確認してみましょう。

  • 履き口のゴムの部分の内側
  • 足裏のつま先・踵のあたり
  • 足裏の土踏まずのあたり

 

多くの人は、このあたりに名前を書いているかと思います。

どうしても、普通に履いている状態で、名前がしっかり見えてしまうような場所へ名前を書くのは、今のご時世不安になってしまいます。

全く知らない人に「〇〇ちゃん」って名前を呼ばれるとドキッとしてしまいますよね。

 

靴下は小さいから外の見える位置に名前を書いても大丈夫! と思っても、用心に越したことはありません。

となると、先に出した3ヶ所となりますかね。

 

履き口のゴムの部分の内側

 

目立たなくて、靴下のデザインの邪魔になりません。

履き心地にもそんなに影響はないでしょう。

しかし、パッと見た時に名前がどこに書いてあるのかわかりにくく、名前を確認するときに保育士さんの手を煩わせることになります。

 

靴下は不衛生だし、仕事とはいえあまりじっくりとは触りたくないでしょう。

個人的には、名前を書くなら、ひっくり返さなくてもパッとわかる位置がいいかと思います。

 

 

足裏のつま先・踵のあたり

 

足裏なら、靴を履いてしまえば見えない場所なので、外に名前が見えることはないです。

それでいて、脱いだ状態の時にはすぐ名前が見える状態なので、名前を確認するときにもすぐわかります。

年齢によっては、靴下に滑り止めがついているものを履いている子もいるかと思います。

 

そういう子の靴下には、アイロンでくっつけるアイロンテープが使えません。

つま先あたりには滑り止めがないと思うので、つま先あたりに名前をつけるのがおすすめです。

うちも最初は踵あたりにアイロンテープで名前をつけていました。

 

 

最高の場所だと思いました…汚れるまでは。

靴下の裏ってきれいに洗ってもどんどん黒くなってきます。

洗濯機に入れる前に予備洗いをしても汚れが落ちにくい場所ですよね。

 

うちの3歳娘は保育園に入り、それまではあまり靴下を履く生活をしていなかったのですが、そうもいかなくなり、靴下を履き始めました。

サンダルみたいな靴ではなく、スニーカーみたいなしっかりした靴も毎日履く生活です。

あっという間に靴下の裏が真っ黒になってきます。

 

3ヶ月も経つと、靴下の踵あたりに貼ってあったアイロンテープは真っ黒で、一目では名前が読めないぐらいになっています。

女の子なのに恥ずかしい…。

 

また、女の子なのでかわいいデザインのアイロンテープを使ったんですよね…。

よく考えたら、アイロンテープは薄いとはいえ、よく踏む場所にそういうものを貼ると、履き心地が悪いかもしれませんね。

 

 

足裏の土踏まずのあたり

 

今はここがベストだと思っています。

踏まずあたりなら直接踏むこともないので、履き心地に影響も少ないでしょう。

履いてしまえば、靴下のデザインの邪魔にもなりませんし、外からは名前が見えません。

 

でも、靴を脱いだら、ちゃんと名前が目立ちます。

市販の名前を書くところがついている靴下も、この場所に名前を書くところがあるものが多いですよね。

きっとこの場所以外なら、うちみたいに汚れて名前が見えなくなるからですよ!

 

 

保育園の靴下に名前を書くなら名前ペン!

1x1.trans - 保育園の靴下の名前!アイロンテープはどこにすればよい?

≪メリット≫

  • 思いたったらすぐできて、時間がかからない。
  • 余計なお金がかからない。

 

≪デメリット≫

  • 靴下は伸縮性があり、よれて書きにくい。
  • よほど字がきれいな人でないと見た目が悪くなる。
  • 子どもの小さい靴下に名前を書くとなると、名前ペンによってはにじんで台無し。
  • 靴にインクが色移りしてしまう。

 

子どもの靴下なんて消耗品なので、あまり気にしないのなら名前ペンでもいいかと思います。

濃い色の靴下にも名前が書けるようにと、白いインクの名前ペンもありますから、靴下に合わせて使い分けるといいでしょう。

 

 

保育園の靴下に名前を書くなら絶対アイロンテープでしょ!

 

私が、保育園準備アイテムとして欠かせないと思っているものの一つがアイロンテープです。

さまざまな種類があり、貼る対象に合わせて上手に使い分ければ、こんなに楽なものはありません。

靴下のように伸縮性があり、洗濯を頻繁にするものでしたら、ラバータイプのものかフロッキータイプのものがおすすめです。

「アイロン不要」というものもありますが、やはり、アイロンをしてしっかりとくっつけたほうが「剥がれてしまったのでまたつけなきゃ」といった面倒が減ります。

 

 

ラバータイプ

布地にも貼れるアイロンテープで、テープ自体が伸び縮みに強く、伸縮性のある洋服に使うのに適したアイテムです。

100均などにも安いアイロンテープがありますが、耐久性はあまりありません。

すぐに剥がれてしまいます。

 

きれいに剥がれてくれるならまだいいのですが、ボロボロに汚く剥がれてしまうこともあり、安いものはあまりおすすめできません。

ちなみに、うちはラバータイプのアイロンテープにスタンプで名前を入れて貼っています。

 

 

最初にスタンプでどんどん名前を押しておくと、使いたいときに台紙から剥がして貼るだけです。

また、お名前スタンプを使うと、パパにも準備を手伝ってもらえます。

パパはスタンプ係、ママはアイロン係と分担するとあっという間にできちゃいます。

足裏に貼っていますが、何度も洗濯しても剥がれていません。

 

 

フロッキータイプ

フロッキーは、下地がなくアイロンで文字だけが転写できるといったものです。

ぷくっとした立体文字が転写でき、かわいい見た目ときれいな仕上がりに人気のアイテムです。

伸び縮みに強く、洗濯はもちろん、乾燥機・漂白・ドライクリーニングもOKというすぐれものです。

 

これも、安すぎる商品に手を出すと、全くくっつかなかったという声がきかれます。

正しく接着すると、数年ははがれないという靴下に名前を書く上でフロッキー最強説もあるほどのアイテムなので、評判のいい商品を選びましょう。

 

 

保育園の靴下に名前をつけるアイロンテープを上手につけるコツは?

1x1.trans - 保育園の靴下の名前!アイロンテープはどこにすればよい?

せっかくの便利アイテムでも、すぐ剥がれてしまうようでは意味がありません。

剥がれないように上手につけるコツは、ラバータイプの場合、

  • 小さめのテープを選ぶこと。
  • 四隅を丸くすること。

小さいほうが剥がれにくいみたいです。

 

アイロンテープは四隅の角ばったところからちょっとずつ剥がれてきます。

ですから、四隅をはさみで丸く切って角をなくしてやると剥がれにくくなります。

アイロンでくっつけるときには、特に四隅を念入りにくっつけておきましょう。

 

フロッキーの場合、

  • 小さい文字(ゃ・ゅ・ょなど)や濁点(゛)部分は剥がれやすいのできちんとくっつけること。
  • 当て布はしないこと。

フロッキーは、文字だけを転写させるので、接着面が小さくなります。

 

その分、特に小さい文字や濁点の部分などは剥がれやすくなるという短所があります。

しっかりと圧着するのがポイントです。

また、当て布をすると十分な熱が伝わらず、剥がれやすくなる傾向にあります。

当て布は外してアイロンをしましょう。

 

 

まとめ

保育園に履いていく靴下への名前の記入は大変だと思います。

便利なアイロンテープを使って、忘れずに名前を入れていきましょう。

足裏へ名前を入れるのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!