保育園。断乳した場合のメリットとデメリットを徹底解説!

20181119-kindergarten2

赤ちゃんの断乳って考えたことありますか?

保育園への入園は、断乳に踏み切る絶好のチャンス!

  • うちの子は断乳しても大丈夫かしら?
  • 周りはみんな断乳しているのかしら?

こんな心配だけでなく、ママの体も心配しないといけないかもしれませんよ?

今回は、保育園への入園を前にして、断乳した場合のメリットとデメリットを調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

保育園への入園を前に考えたい!断乳と卒乳の違いは?

1x1.trans - 保育園。断乳した場合のメリットとデメリットを徹底解説!

断乳と卒乳の違いってわかりますか?

断乳とは、「ママの都合などで、授乳をやめる」ことです。

文字通り、「乳を断つ」ですね。

 

この日から母乳をもうあげないと決めて動くので、保育園の入園を機にとなると、この断乳となります。

では、卒乳は?

卒乳とは、「赤ちゃんが自分からおっぱいを飲まなくなる」ことです。

「乳から卒業していく」感じですかね。

 

赤ちゃん自身がもう飲まなくなるので、これが理想ですが、卒乳はいつになるのか、これこそ赤ちゃんによってちがってきますよね。

 

 

保育園の入園を機に断乳は早い? 遅い?

1x1.trans - 保育園。断乳した場合のメリットとデメリットを徹底解説!

一昔前は1歳の誕生日を機に、断乳を進める専門家が多かったそうです。

離乳食を3食食べられるようになると、栄養面で母乳は必要ないからなのでしょう。

一昔前までは、母子手帳に「断乳の有無」を問う設問があったほどです。

 

卒乳という言葉ができて、母子手帳からは断乳についての記載はなくなりましたが、それでも、厚生労働省のガイドラインでは、1歳~1歳6ヶ月ぐらいが離乳の時期とされています。

ですから、1歳を過ぎると徐々に断乳を考えるママが増えてきますね。

 

 

周りに「え? まだおっぱい飲んでるの?」なんて言われた人もいるかもしれません。

そのため、周りに焦らされて、保育園への入園を機に断乳に踏み切る人も多いようです。

でも、本当に1歳~1歳6ヶ月を過ぎての離乳は遅いのでしょうか?

 

実は、世界の離乳平均時期は4.2歳

WHOも2歳以降も母乳をあげ続けることを推奨しているのです。

うちの3歳の娘も、1日1~2回はまだまだ飲んでいます。

日本のすすめる離乳は早いですよね。

 

スポンサーリンク

 

保育園に入る前に断乳をするメリット

1x1.trans - 保育園。断乳した場合のメリットとデメリットを徹底解説!

保育園に入る前に断乳をするメリット見ていきましょう。

≪メリット≫

  • それまでは母乳でおなかいっぱいになっていた子が、離乳食をしっかり食べるようになる。
  • 夜しっかり寝るようになる。
  • 夜しっかり寝てくれるようになるため、ママも起きなくてすむようになり、ゆっくり寝られる。
  • ママが食べるものにあまり気を使わなくてもよくなる。

離乳食を食べている月齢だと、母乳を飲む量が多すぎると離乳食を食べなくてママを困らせるということがあるでしょう。

 

母乳をやめると、その分おなかがすいているのを補おうと離乳食を食べるようになります。

でも、「離乳食をたくさん食べさせるための断乳」はだめですよ。

それをしてしまうと、母乳から栄養をとっていた赤ちゃんにとって栄養不足を招きかねません。

 

また、夜は母乳が飲みたくてたびたび起きていた赤ちゃんは、眠りが浅い状態でした。

でも、母乳が飲めないとなると熟睡モードになります。

その結果、朝までぐっすり眠る日が当たり前になってきます。

そうすると、ママの負担はぐっと減りますね。

 

 

赤ちゃんの授乳で細切れだった睡眠が、まとめて寝られるようになると、疲れが取れやすくなります。

特に、赤ちゃんを保育園に預けて仕事復帰をするママからすると、仕事で疲れているのに授乳となると、負担が大きくなりますから、離乳をしてくれるととても助かります。

 

そして、妊娠時期からの習慣で、無意識に考えるようになっている「母乳に影響があるかもしれないから、これは口にできないな…」というのがなくなります。

  • 甘いもの
  • コーヒー・紅茶などのカフェイン入りの飲み物
  • お酒

こういうものが気にせずに口にできるようになります。

 

保育園に入る前に断乳をするデメリット

1x1.trans - 保育園。断乳した場合のメリットとデメリットを徹底解説!

保育園に入る前に断乳をするデメリットも見ていきましょう。

≪デメリット≫

  • 大好きな母乳が飲めなくなり、手が付けられないぐらい泣き叫ぶ。
  • 夜泣きがすごい。
  • ママのおっぱいが張って激痛。

 

離乳食が進んでいる赤ちゃんからすると、おっぱいは完全に「精神安定剤」状態です。

保育園に預けるとなると、日中ママがいない不安いっぱいの環境の中で過ごすことになります。

帰ってきても、精神安定剤がない状態だと、まだまだ不安を和らげてくれるものがなく、泣きたくなるかもしれませんね。

 

夜寝る前に母乳を飲んで寝ていた赤ちゃんからすると、寝つきに母乳がないのは、寝るきっかけがないことになります。

  • 眠いのに寝られない。
  • 寝つきが悪いので、すぐに目を覚ましてしまう。

この悪循環になります。

 

これは、断乳してすぐの数日間が一番ひどいようですが、その間、夜付き合わないといけないママの負担はとても大きいということですね。

これに、音を上げてつい授乳してしまったという声もききます。

 

 

そして、これはぜひ考えておいてもらいたいのが、胸の張りです。

「赤ちゃんが飲まなくなった=もう母乳は出ない」ではなりません。

そこには、しばらくのタイムラグが発生します。

 

保育園に預けてすぐに仕事復帰をするとなると、仕事中にその胸の張りと付き合わないといけなくなります

軽く搾乳をしないと激痛です。

かといって、搾乳しすぎるとずっと母乳は出続けます。

 

 

無理やり痛いのを我慢して過ごしていると、乳腺炎になる危険が高まります。

断乳を考える人は、少しずつ飲ます量を調整していくといいかと思います。

 

 

保育園に入園するための断乳は時期をみてすすめよう。

1x1.trans - 保育園。断乳した場合のメリットとデメリットを徹底解説!

保育園に通うのは、子どもにとってとても不安なものです。

すぐに完全断乳とせずに、少しずつ授乳と授乳の時間をあけたり、夜だけ授乳にしたり、様子をみていくのがよさそうです。

実は、保育園に通わせていても、保育園から帰ってきたら母乳を飲んでいるという子も少なくないようですよ。

  • 授乳中はママとぴったりとくっつける大事なスキンシップの時間
  • 授乳が寂しさを紛らわせてくれるもの

 

日中離れて過ごす赤ちゃんにとっては、ママのおっぱいはかけがえのないものなのでしょう。

 

 

また、ある程度大きくなった子には母乳はただの水のようなものだといわれる母乳ですが、たしかに、生後間もなくと比べると、ミネラルやアミノ酸量などは半分以下になっていますが、カルシウムやマグネシウムなどは1歳を過ぎても同じぐらい含まれています。

 

そして、特筆すべきことは、細菌や異物と戦う免疫成分は、生後1年を過ぎているほうがたくさん含まれているため、長く母乳を飲んでいる子は、感染症にかかりにくいということです。

これから、保育園に通うようになると、必ず病気をもらって帰ってきます。

免疫力が強いと休まず通ってくれ、仕事に打ち込めますよね。

 

 

ママの体にもいいこととしては、

  • 授乳で結構カロリーを消費している
  • 乳がんの発生率が下がる

母乳ダイエットと言われていますが、頻回授乳で消費するカロリーは、500~600カロリーにもなります。

 

また、長く授乳をしている人は、乳がんの発生率が下がるという海外の研究結果が出ています。

保育園の入園を機に…とせずに、保育士さんとも相談しながら断乳をする時期をさぐっていくことがおすすめです。

大事なのは、赤ちゃんの様子を見ながらです。

断乳をするのは、大人の都合ですけど、母乳は赤ちゃんのものですからね。

 

まとめ

断乳のメリット・デメリットをよく理解したうえで、ママたちに合った形で離乳を進めていくことが理想です。

周りの意見や様子に流されることなく、赤ちゃんの様子をみながら進めましょう。

保育士さんと相談してみるといいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!