子育てで息抜きできない方に贈る今すぐできる7つのアイデア

idea

いきなりですが、子育て中の息抜きは絶対に必要です。

特に母親は子供が小さい時は四六時中一緒にいることが多いですよね?

  • 旦那が協力しない
  • 旦那だけ飲みに行く
  • 子育てしてると息抜きするタイミングがない…
  • 家出したくなる

なんてこと考えてしまいますよね。

そこで、どうすれば子育てを息抜きできない人が息抜きできるようになるか?を考えてみました。

気軽にできそうなものから少し頑張れば絶大な効果をもたらすものまでありますので、是非取り組んで見てくださいね。

 

スポンサーリンク

 

子育てで息抜きできないあなたに贈る無料でサッと手軽に息抜きする工夫

育児漫画を読む

育児漫画と検索してみるとわかりますが、サクッと読める4コマ漫画形式で、育児を面白おかしく描いてる育児漫画がたくさん出てきます。

みんな同じなんだな~と子育てを頑張っていて息抜きができていないあなたをくすっと笑わせてくれるはずです。

0歳児子育ての息抜きに!面白web漫画!

ドラマをみる

子育てをしているとなかなか外に出て息抜きできないですよね…。

特にまだ離乳ができていない時期は。

離乳しても、種々の理由で夫の協力が得られなかったり、近くに親がいないなど、保育園、または幼稚園に入るまで周りの人的サポートが得られない方も少なくないと思います。

 

授乳して、寝て、でも腕の中でしか寝てくれなくて、置いたら背中スイッチ入ってすぐ泣いて、また授乳して…

私は昼間布団に置くことを諦めました!笑

 

抱っこしたまま寝かせて、撮り溜めしたドラマを見ていましたよ。

子育て中でも家の中でできる息抜きですね!

 

授乳中はやっと静かになる瞬間なので、ついつい片手でスマホを確認したり、ついてるTVに目が行ってしまったりしがちですが、授乳中はスマホやTVは一旦消して、赤ちゃんをみてあげてくださいね。

 

赤ちゃんはつぶらな瞳でお母さんを一生懸命見ています。

若くして亡くなってしまった義母が「授乳してた瞬間が人生で1番幸せだったかも」と言っていました。

息抜きする時間もつくれなく必死に子育てをしている時は気づけないものですが、この忙しい期間も人生の長い目で見れば一瞬ですからね。

 

授乳中だけでも赤ちゃんを愛でてあげてください。

言うて私は座ったまま口を開けて死んだように眠ってしまったりしていましたがw

お金を使っても良い人はネットフリックスやユーネクストを利用してみるのもおすすめです!

ネットフリックスで好きな動画を見て息抜き!

アニメ重視ならユーネクストでの息抜きがおすすめ!

 

reading 530x353 - 子育てで息抜きできない方に贈る今すぐできる7つのアイデア

 

子育てで息抜きできないあなたに向ける時間を短縮して息抜きする工夫

家事と育児を減らす、やめると息抜きできる

家事も育児も完璧にこなす必要はないんです。

赤ちゃんも生きていればいいんです。

家事も今まで通りではなく、本当に最低限だけにしてしまいましょう。

 

毎日洗濯していたんだったら1/2日にしてしまう。

掃除も赤ちゃんがいるところだけザッとやる。

もしくは仕事前の夫にザッとでいいからやってもらう。

 

トイレや洗面台は夫が休みの日に、15分抱っこを代わってもらって、ザッとやるで十分です。

それに文句を言うような旦那さんであれば、さぞかし稼いできているんでしょうから、家事代行でも頼んでしまえ!

家事代行も1時間1,500円で頼めるみたいですよ?

 

ご飯だって私はもっぱらヨシケイという食材宅配サービスの冷凍弁当でした。

子どもが2歳半になった今でもヨシケイのキットde楽という15分でできるものです。

元々料理が苦手で、仕事帰りにスーパー寄ってメニューを考えたり、1週間分買い溜めしてメニューを考えるということが苦手で食材を腐らせてしまうことも多々…

 

仕事から帰ったら家の外の鍵付きボックスに届いているので、買い物に行く時間も節約され、心身のストレスも含めると私は全然高くないと思います。

 

その時間を子育ての息抜きに充てられるかも知れませんね!

 

子育てで息抜きするために旦那を使う

最初から家事や育児をしっかりやってくれる旦那さんはいないのではないでしょうか。

多忙な旦那さんもいれば、そもそもやる気がない旦那さんもいると思いますが、やらせないとできるようになりません。

任せるのは自分がやるよりもめんどくさいですが、それでも少しずつ任せるようにしましょう。

 

育児は手伝うものではなく、彼も親なんですから。

夫だけ一人での通勤時間や外部とのコミュニケーション、昼休みが与えられてて、どんなに遅いと言えども仕事に終わりが来る。

 

なのに私達は24時間ずっと子育てに追われて息抜きが許されないなんておかしな話ですから。

睡眠時間だって1時間はまとまってとれる旦那さんが多いのではないでしょうか?

子どもが生まれてからそんなにまとまって寝られた時間ありますか?

 

どうやったら旦那に家事・育児を分担できるか…

よかったらこちらを読んでみてくださいね。

1x1.trans - 子育てで息抜きできない方に贈る今すぐできる7つのアイデア

妊娠中の家事は旦那に。2歳児パパが考える夫の動かし方

2018年2月15日

 

スポンサーリンク

 

子育てで息抜きできないあなたに向けるお金を使って息抜きする工夫

簡単に息抜きできるアイテムを使う

五感って大切です。

でも子育てに追われていると毎食ご飯でゆっくり息抜きってわけにもなかなか行かないし、目も耳も赤ちゃんが起きてると赤ちゃんばっかりですよね…。

残るは鼻のみ!笑

 

加湿器にアロマを入れるタイプもありますし、私は子どもがまとまって寝るようになってからも不眠が続き結婚記念日に夫にsnmingリネンミストをもらいました。

匂いでそんな変わるの?と思っていましたが、いい香りってとってもリラックスできます。

子育ての息抜きにどうぞ、爽やかなオレンジ系の香りで癒されるリネンミスト!

 

アイテムではないですが、お金を使って息抜きをするという点では託児所を利用するのも手です。

1時間数百円かかりますが、それを高いととるか、息抜きのため、心の安定の為なら安いととるか。

子育てに追われてこんなに息抜きができなくて息詰まっている奥さんの頼みを快く思わない旦那さんであれば、家事も育児も同時に旦那さんに任せてみましょう!

 

私達だって誰かに教わったわけではありません。

24時間お母さんが一緒である必要はありません。

2時間託児所に預けてみてください。

 

美容室に行く。

見たかった映画を映画館でみる。

あつあつのラーメンを食べに行く。

ウィンドウショッピングをしてアイスを食べる。

2時間子育てを忘れて自分の時間を楽しむ!

母親である前に、1人の人間ですから。

それくらいの権利あるはずです。

 

dog baby 530x364 - 子育てで息抜きできない方に贈る今すぐできる7つのアイデア

 

無料の託児サービスを活用して息抜き!

託児所にお金をかけなくても、中にはマッサージやヨガなどの利用中、無料の託児サービスがついているものもあります。

子育てで凝り固まった体をマッサージしてもらえると癒されますし、ヨガなどで体を動かすこともリフレッシュになります。

 

他にも、総合住宅展示場が近くにあればいろんな家を見ている間、託児サービスをしてくれたりしますので、ぜひ息抜きのために活用してみてください。

 

趣味を始める

先程のヨガもそうですが、好きなことを始めるのも子育て中の息抜きになりますし、外部とのコミュニティができます。

ずっと家にいて子どもと2人きりだと息が詰まりますし、かわいいはずの子ども相手に心身ともにボロボロになってくと自分がおかしいんじゃないかとさえ思えてきます。

 

でもみんな同じなんです。

外に出ようとすること自体も大変ですが、是非、外に出て息抜きしてみてください。

近所の公園でもいいですし、子育て支援センターでもいいですし。

 

子育て支援センターなどではいろいろなイベントもやっています。

中には託児しながら学んだりできるものも。

そこから趣味が見つかるかも知れませんね。

 

私は実家が遠く、夫も帰りが終電だったりで、ずっと家に2人だと気が狂いそうだったので、外出が許可されてからは子育て支援センターのイベントをチェックしてあちこち梯子していました。

 

自分も外に出られるだけの身なりになって、授乳してお腹いっぱいになった少し機嫌がいいタイミングで出るものの、チャイルドシートではギャン泣き…と出るまでは大変ですが、行けばスタッフの方や先輩ママさん、ママ友の話も聞けるし、子どもも疲れてくれます(笑)

 

トイレの間はスタッフの方がみていてくれますし、授乳室やオムツ替えなどの施設ももちろんそろっています。

住民税払ってるんですし、是非是非活用してみてください。

 

baby bed 530x353 - 子育てで息抜きできない方に贈る今すぐできる7つのアイデア

 

子育てで息抜きできない方に贈る今すぐできる7つのアイデアまとめ

子育てで息抜きできない方のために7つのアイデアをお届けしました。

  • 育児漫画を読む
  • ドラマをみる
  • 家事と育児を減らす、やめる
  • 旦那を使う
  • アイテムを使う
  • 無料の託児サービスを活用する
  • 趣味を始める

ぜひ実践してみてくださいね。
それでは、また。

 

スポンサーリンク

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
お時間があれば他の記事も読んでみてくださいね!